ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » パンデミック

学習能力の重要性・・・

▼8月17日の雨の熊本城(※記事と写真は関係ありません)

gakushu-001



 学習能力(※1)という言葉をよく耳にするが、果たして、それをしっかりと理解して、日々実践している人がどれほどいるのだろうか!?

 学習能力に欠けると、ほとんどの人たちは、仕事上でのミスに繋がったり、しばしば交通事故(自損事故を含む)を起こしている。例えば、新しく購入した車を数日でボコボコにしたりする人も少なくない。しかし、毎回、毎回、性懲りも無く同じようなミスを繰り返す要因は何なのか!?

 それは、当人の頭の善し悪しによるものではなく、無意識の中、学習能力に欠ける行動をとっているけれども、物の本には「面倒臭がりの人に多い傾向」と言う。しかし、それ以外に「当事者意識」の欠落により、「自分だけは大丈夫!」と自己過信(慢心)に陥るのが大きな要因ではないか。

 災害時の危機的状況下において、万が一、学習能力に欠ける行動をとれば、当然の如く、死に至る可能性も高くなる。事実、過去の豪雨被害を振り返っても、必ず、家屋敷周りや屋根瓦、田畑、水路、川岸、裏山の様子を見に行く人がいる。そして、流され、落ちて事故に巻き込まれている。

 報道番組を見ていて、危険な状況下で何故に様子を見に行ったのかと嘆き、自然の脅威を恨み、亡くなった方に対してすこぶる悲しみを覚えるのである。夏休みに川の中洲に取り残され流される人、立入禁止の防波堤で釣りをして高波に呑み込まれ海に放り出される人が、後を絶たない。

 その時点で、少しでも学習能力の重要性に気づき、自問自答を何度も繰り返し、命に関わることであれば、先ずは無理して動かぬことが賢明である。闇夜に無理して動けば、水路に落ちたり、瓦礫とともに濁流に呑み込まれたりすることは、過去の事例を思い起こせば、誰しも危険極まりないと判断できる。

 特に、日頃から頑固な高齢者ともなると、家族の注意などお構いなしに、逆ギレして身勝手な行動に出てしまう。「いやいや、お前たちは分からんだろうが、今、田んぼを見とかないと、後々大変なことになる!」と言って玄関から出て行き、帰らぬ人になったというケースは枚挙に遑がない。

 コロナ禍についても、同じことである。後先考えずに外出し、飲み屋でワイワイ騒いで、数日後に何人かが体調を壊し、PCR検査を受ければ陽性反応。更に、数日後には同席していた近しい友人やその店にいた他の客へも感染して、クラスターを引き起こす。これも、学習能力に欠ける愚行と言える。

 世の中に起こっている事象は他人事ではなく、「明日は我が身」というように、いつ自分自身に降り掛かってくるのか分からないことを、十分に理解しておく必要がある。強がって、格好つけて、自分は無敵スーパーマンだと言い切る人間は、大抵長生きしないことを、神や仏は静観し、閻魔やデビルは微笑むに違いない。

---------

(※1)学習能力とは、教訓の能力を言う。 過去の経験(例えば、仕事のミスや嫌な体験)に基づき、学習した教訓をもって臨める能力のこと。

▼今回の取材ランチ(冷製パスタ)
 素晴らしい盛り付けに溜息!
gakushu-002



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/8/18 12:00 am

新型コロナウイルス感染に歯止めを!!!

chi


 現在、日々急増しつつある新型コロナウイルス感染者。従来のように、単なる呼び掛けでは、致死をもたらすウイルスの危険性を国民に伝えることは不可能だ。増えたり減ったり平行線だったり、感染者数の表やグラフを見せたとしても、「危機管理能力」に欠ける人たちは馬耳東風となるだけの話。

 会社や施設で感染者が出た場合を考えてみよう。危機管理システムがしっかりしている会社や施設では、Mindnodeのようなアプリを使用し、感染発生確認時点で、緻密な相関図を作成し、原因追及を行い、あらゆる角度から感染経路や他の感染可能性について徹底的にシミュレートしている。

 陽性となった人を調査する上で、「犯人捜し」を得意とし、隠蔽ありきの調査方法では、感染者が正直に感染経路について自己申告することはあり得ない。よって、皆の命を救う為に、感染者を責めるのではなく、「命の危険性」を皆で共有し、総力を挙げて感染経路解明に向けて動かねばならない。

 これを経営陣のみの共有情報として閉ざしていると、社員へ「不安」、「不信」を提供するだけで、何の解決にも至らず、万が一、クラスターでも生じようものなら、その会社や施設のみならず、node(結び目)の枝がメデューサの頭(蛇)のように複雑に伸び、他の施設にとっても脅威となり、信頼を失墜してしまう。

 最近危惧しているのは、ワクチンを接種すると感染しないと思い込んでいる人が結構多い事である。ワクチンを接種したとしても、感染しないという保障は皆無。民間療法感覚にて、油断してあちこちを徘徊していると、nodeが更に伸びて行き、鼠算に拍車が掛かり、感染者激増に歯止めが効かなくなる。

 子供たちでも理解できる「数の論理」。しかし、それが理解もシミュレートもできない、稚拙で無知な大人が多いから、感染者数激減の期待はできない。会社でクラスターが生じれば、自動的に、帰宅後の家族への感染が懸念される。もし、子どもが感染すれば、更に日々通う学校での感染の危険性が生じることになる。

 感染した社員が、感染を知らずして出向先で仕事をすれば、これもまた、出向先のスタッフやアルバイトにどんどん感染して行くことになるのだが、そのシミュレーションもできない会社役員や施設担当者が多いことに驚くばかりである。冒頭に言う、高度な「危機管理能力」の必要性を自覚してもらいたいものだ。

 レストランでも同じことが言える。行政からの指導があるにも関わらず、マスクレスのルール違反に対して注意を促すことができな施設が圧倒的に多い。「言ったら、二度と来ないと怒る客がいるので!」と言い訳をするが、そんな客は二度と来なくても、その施設にとってはネガティブ要因にはなり得ない。

 そんな客を放置しているから、クラスターが生じることになり、注意喚起をできなければ、ルールを厳守するお客に対して、すこぶる非礼な接遇となる。結果的に、ルールを守る上客が激減し、同時に客の質が低くなり、店内の雰囲気も売り上げも最低レベルへと落ち込んでしまう。

 筆者は、上述のような「危機管理能力」に欠ける行為を「蛮行」と呼ぶ。「ワクチン接種している若者を送り込むから大丈夫!」と思い込む知恵の無さには閉口するばかり。では、「重篤に陥らない若者だから、ウイルスに感染しないのか!?」と物申したい。更に、PCR検査で陰性であっても、その時点で「陰性」である訳で、数日後に「陽性」となる場合も多々あることを、頭に入れておいて欲しいものである。

 万が一、新型コロナウイルス感染者が社内で出た場合、公的施設として閉鎖せず、強行オープンするのであれば、そこに携わるスタッフ全員のPCR検査を徹底すべきである。それは、皆の命を守ることになるのだから・・・。


▼免疫力を付ける為に、バランスの良い食事を!!!
lunch-2021-001


lunch-2021-002


lunch-2021-003


lunch-2021-004



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/8/9 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp