ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ニューメディア

1988年(33年前)の原稿をご紹介・・・

dandllogo


 倉庫を整理していると、33年前(新聞社時代)に書き綴った「マイツール論」が飛び出してきた。当時、RICOH社がパソコンの主力アプリケーションとして売り出していた「MyTool」の原稿を依頼され、即席に書き綴ったものである。特筆すべきは、内容と言うより、1988年7月26日付けの印字。Macintosh(Apple社製/1984年購入)を使用し出力していることだ。

※原稿は、電波新聞社月刊誌「OAビジネスパソコン」や、RICOH全国マイツールユーザーズ雑誌等に掲載された。

 新聞社の若手の殆どがNECのPCを使っていた中で、筆者独りがApple社製のMacを購入、MacDrawやMacPaint、Sheet、Chart、Thunderscanなどのアプリを駆使していた。MS-DOS党からすれば、Mac党は変人、異端児扱いだったのだろうと苦笑してしまった。

 しかしながら、車もバイクもカメラも、人の嗜好の問題である訳で、何を保有していようが、何を使おうが、しっかりと目的さえ果たせば、何だって構いはしない。そうやって、異端児だった筆者が、Apple社のMacを使い続けて、既に37年が経った事になる。

 話は前後するが、前述の「マイツール論」をじっくり読んでみることにした。なかなかの駄文で、稚拙な表現も多々ありと、現在に至っては、人様にお見せするような原稿ではないが、33年前の筆者が何を考え、何を目指し、何を伝えたかったのかを再確認した次第。

 導入部分のところでは、特に、媒体(メディア)について話をしている。「インディアンはのろしを使って敵の動きを知らせたり、鏡を使って太陽光を反射させ合図をしたり、時代が変わり、サーチライトの点滅や電信の発信音で情報を伝えたりしていた。」と。言わんとすることは、メディアの変遷、特に、秒進分歩の進化について話をしたかったのだろうと。

 33年前に伝えたかった事は、以下の通り。

1)AI(人工知能)と雖も、人間の頭脳に優るものはない。
2)メディアが進化し、情報の形態も価値も変わってしまう。
3)ストラテジックな発想をもってパソコンをフルに活用せよ。
4)多元的にアプリを活用し、パソコンを私設秘書的に使え。

 当時は、商用インターネットという概念さえ日本にはない時代である。ここで、33年前の筆者を一つだけ褒めさせて頂くと、「人の足の代わりに通信」を語り、インターネット日本上陸前の古き時代に、既に、超鈍足モデムを使用し、通信実験を開始していた点であろうか。

 パソコン通信に目覚め、1990年に新聞社を若年早期退職し、起業。同年、マルチメディアオフィスを創設。1995年に熊本県初のポータルサイトを開設したが、今振り返れば、「通信の夢」が年々膨張して行き、ネット沼に嵌まり込んでしまったことになる。

 しかし、これからもメディアの進化は止まることを知らず、秒進分歩ならず、光進音歩の勢いにて、後輩諸君に受け継がれて行くのだろうと・・・。


▼1988年7月26日付けの原稿
ricoh



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/3 12:00 am

創立30周年を迎えて・・・

30years


 振り返れば、あっという間の30年。それも、コロナ禍の時代に突入して間もないが、本日、弊社(ディー・アンド・エルリサーチ株式会社)は、お陰様で、無事創立30周年を迎えることができた。

 起業する引き金となったのは、正直なところ、1984年に出逢ったアップル社のMacintoshを購入した時に遡る。当時は新聞社の企画事業に専念していた頃だが、ニューメディアに没頭してしまい、結局、1990年に独立するに至った。

 経営者としては失格であると思う反面、何事も精一杯チャレンジしてきたと自負するところである。善きにつけ悪しきにつけ、甘いも辛いも苦いも酸いも、沢山経験することができ、現在のコロナ禍の時代に、難癖つけてくる暇な輩もいるので、もうお腹一杯のところでもある。

 ただ、最近、起業時に出逢った、元アップル・ジャパンの方々とのコミュニケーションがとても愉快で、筆者に夢を与えてくれたことに対して、心から感謝の意を表する次第。本当にお世話になりっ放しとなり、すこぶる充実したものであった。

 1990年起業当時、オフィスの中は全てMacintoshばかり。アップル総代理店だったキヤノンの全国紙に「熊本にMac Office誕生!」という記事まで載せて頂いた。当時のキヤノン営業マンは、今や本部の上層部にいるが、筆者の夢実現に東奔西走してくれた人物だった。

 1991年からコンピュータグラフィックスに着手。NHK衛星放送、関西テレビ、東海テレビ、テレビ新広島、愛媛テレビ、九州朝日放送、その他NHK山形、宮崎など、各局の番組タイトルCGを供給することになり、戦争の毎日だったことを思い出す。

 更に、1995年8月22日に、熊本県第1号のインターネットWEBサイトを構築し、新聞、テレビなどで騒がれたこともあった。当時、東京渋谷での展開を想定していたが、同年12月7日に実母が他界して、渋谷を諦め、熊本でネット事業をすることに・・・。

 それから25年が経ち、会社としても創立30周年。草創期を思い起こせば、今では石器時代のように太古に感じるばかり。CGを創り出したシリコングラフィックスのマシンも懐かしく、インターネットサーバーも7代目にして健在。今でも、Macはデスクのあちこちに散在している。

 さて、区切りの30周年を迎えるにあたり、今から何を為すべきか!?集大成として、何を残すべきか!?最近は、思考回路がぐるぐると加速度を増している。遣り残したことが沢山あるので、遅ればせながらそれらを片付け、次世代に向けて再挑戦の構えとなっている。

 二十数年前の台風19号、4年前の熊本地震、世界的な新型コロナウイルス感染拡大、そして豪雨による災害など、大災難ばかりが次から次へと襲い掛かってくるけれども、我々は、安寧な時を求めて、生きて行かねばならない。さて、どうするか!?

 SNSの台頭により、ネットもまるで異次元の世界に変貌し、メディア自体も、旧メディアから新メディアへの完全移行の段階に差し掛かっているのは間違いない。よって、ヒューマンコミュニケーションもビジネスモデルも様変わりとなる訳だ。

 もっと皆の笑顔が絶えないような時代にはなり得ないのか、もっと皆が楽しみながら仕事をする環境は創れないのか、更には、ネット上での事件が多発する中、法整備はできているのかなど、国内に限らず、地球全体が大変革の時期に差し掛かっている。

 さあ、兜の緒をしめて、次世代へ向けて発進!


▼創立20周年記念講演会(2010/熊本ホテルキャッスルにて)
20years



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                       


  • posted by Chikao Nishida at 2020/10/1 03:57 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp