ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » お茶碗

呑んで一服、器で一服。

tea



 熊本市が美味しい地下水に恵まれている事は、過去のBLOGニュースで取り扱った事があるが、冗談抜きに熊本の水は旨すぎる。

 幼い頃に、転勤族の金魚の糞として県内外について回っていた頃を思い出すと・・・父親の転勤先から家族全員が熊本に帰って、「やっぱり、熊本の水は旨かああ!」と叫びながら、水道水をコップに注ぎ、皆揃ってグビグビと一気に飲み干していた。

 世界最大級カルデラ阿蘇山からの伏流水の恩恵を受けている熊本市は、世界の人口50万人以上の都市の中で、唯一、生活用水を地下水だけで賄っているという、非常に珍しい地域でもあり、海あり山あり・・・大自然に囲まれた住みやすい処でもある。

 学生時代に珈琲に目覚め、社会人となり有田焼などの器に目覚め、更には料理に目覚めて行ったのだが・・・中でも、喫茶店やホテルラウンジなので、ちょっと考え事をしながらの珈琲や紅茶、茶はすこぶる旨い。特に、ブランドや拘りを大切にしている処のそれらは、必ずお洒落な器と共にサーブされてくる。

 拘りのある器で出されると、その中身の液体の美味しさもさることながら、呑みながら器のデザインや絵柄を見たり、口当たりなどを試しているだけでも、大変心地良くなってしまうものである。

 写真上は、筆者が取材の旅に出たり、食事をしたり、打ち合わせ会議中などにサーブされた器である。・・・どれもこれも素敵だが、一押しを選べと言われるのであれば、1列目、右から2番目の珈琲カップが実に印象深かった。・・・確か、ホテルオークラ福岡の鉄板焼さざんか個室で頂いたものだが、凄く品格があり、口当たりもよく、またサーブされた時の珈琲の温度が抜群に良かった記憶がある。

 一口呑んで一服、器で一服。・・・大都市の喧噪から逃れ、静かな中で、このようなティータイムを楽しめるのが、精神衛生上、一番なのかも知れない。・・・残念ながら、熊本県内のホテルにおいて、とびっきり美味しい珈琲や紅茶、緑茶をサーブするところは、実に少ない。・・・経営者の趣味趣向の問題でもあろうが、食文化のベクトルにやや歪みがあるのは、否めない事実なのである。


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/1/27 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp