ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カルガモにフォーカス!

Spot-billed-2


 熊本市内の遊水池として人気の、八景水谷公園。コロナ禍と言えども、四季は移り変わり、カルガモやヒドリガモなど、多くの渡鳥が飛来する季節となった。今回、対岸近くを遊び回るカルガモにフォーカスを当て、その愛くるしい表情を捉えることにした。

 ヒドリガモと比べると、カルガモの方がやや神経質なのか、なかなか近くへ寄って来るそぶりもない。対岸近くを数羽が泳いだり、水面にプカプカと浮かんで寝ているものもいる。カルガモの目がとても可愛いので、シャッターブレを起こさぬように、しっかりと手元を固定して撮影。

 実は、白鷺や青鷺の捕食の瞬間を撮影するのが目的であったが、同公園は、想定外に年配の方々が多く、歩いたり、お喋りしたり、更にはトランペットを吹く人もいて騒々しく、白鷺や青鷺の姿はなかった。写真家の話を聞くと、午前中の静かな時が捕食の撮影に良いとの事である。

 時折、ピーピピピッとカワセミのさえずりが聞こえる。ここでカワセミに浮気をすれば、気が散ってフォーカスが乱れてしまう。頭の中で耳栓をして、カルガモに集中することにした。しかし、食後なのか、昼寝をしているカルガモが多く、動きのない写真ばかりとなった。

 先日、写真仲間の一人が、八景水谷公園にてミサゴや青鷺の捕食の瞬間に遭遇し、ボルテージが上がりっ放しと言う。先ほど電話があって、その詳細を聞くと、ミサゴの捕食の撮影は2年ほど遠ざかっていたので、じわじわと当時の大きなニゴイをゲットしたミサゴを思い出した次第。

 さて、次回のテーマは「ミサゴ」。なかなか午前中に動けないので、山鹿市の菊池川近くに生息する「午後4時半のミサゴ」(勝手に命名)を狙うか、または、午後から同公園に現れるミサゴを待つか悩むが、ホバリングから川面に急降下するミサゴの勇姿が脳裏を過ぎるばかりとなる。


Spot-billed-4


Spot-billed-3


Spot-billed-5


▼昨日、海外の写真愛好家グループ(非公開Facebookグループ)で2位をゲット
Spot-billed-1


▼2年前に撮影したミサゴ
misago-2yearsago



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/1/16 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp