ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

青鷺の魚獲り・・・

▼写真は900mm相当の超望遠レンズで撮影
500_1410


 青鷺は魚獲りの下手な鳥だと思っていた。特に八景水谷公園の青鷺は天下一品に下手である。ところが、和水町にある堰を縄張りとする青鷺は、とても野生的で、遡上する魚が飛び上がる瞬間を狙って、次から次へと魚を獲るのである。

 豪雨で水嵩が増し濁流となれば、その日は食いっぱぐれることもあろうが、日頃は、釣りで言えば「入れ食い」の状態。本日も、遡上する魚を数匹呑み込み、空腹で落ち着かぬ五位鷺を尻目に、さっさとその場を去っていった。

 写真の青鷺は、飛び上がった瞬間の小魚の尻尾を掴んでしまったようだ。ブルンブルンを振り回しながら、徐々に呑み込む準備をしている。じっと見ていると、本能とは不思議なものだと再認識する次第。魚の掴み方、咥え方、そして頭から上手く呑み込む方法を、誰からも教わることともないのだから・・・。

 撮影した場所(和水町)には、これからあまり行くことはないけれども、帰り際にパトカーが近づいてきて、「ここは何かのメッカですか?」と、非常に漠然とした分かり難い質問があった。二人の警察官は笑顔だったが、バズーカを抱え汗まみれの筆者を不審者とでも思ったのだろうか!?・・・確かに、筆者を遠目に見ると、ボーガンのような武器を持ち歩く輩がいて、フェンス越しに何かを狙っていると、勘違いされたのかも知れない。

 人相は悪い方だとは思わないが、妙に違和感だけが残る、警察官からの問い掛けだった。


500_1415


500_1431


500_1432


500_1433


500_1436


500_1442


500_1448


500_1452


▼取材風景
D60_7682



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/6/30 02:14 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp