ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

『覚醒』した人を見ると、心が躍る!

chikao


 先日、或る社会人(三十代)に苦言を呈した。別に可愛くもなければ、気にもならない人間ならば無視して放置するが、以前からよく知る人間だったので、敢えて、柔らかく厳しく、苦言を呈することにした。

 苦言は、実例を挙げ、一つ一つ噛み砕いて、優しさと厳しさを組み立て話をすることにした。勿論、筆者は彼を叱責する立場ではないが、その人物に『気づき』を求める気持ちの方が強く、敢えて、ベクトルの歪みを検証しながら話をしたのである。

 彼の表情を見ると、いつもの様に、やや遠目の距離感を感じるオーラが滲み出ている。多分に、一方的な『難癖』の始まりではないかと警戒したのかも知れない。しかし、一つ一つを紐解き、ベクトルの歪みについて語ると、しっかりと筆者を見て、真剣に話を聞いてくれた。

 30分ほど経ったろうか、それまで緊張の糸が張り詰めていたのが、急に肩の力が抜けた様に、表情も穏やかになっている。有り難いことに、筆者のサジェッションを、真摯に受け止めてくれたようだ。

 それから数日後、筆者のコラムについて感想文が飛び込んできた。これまで、ほとんどそのようなリアクションがない人物だったが、彼なりの言葉で感想文が舞い込んだ。

 その日のコラムがやや辛辣なものだったので、彼は自分のことだろうと勘違いしたようであった。しかし、それは彼への暗示ではなく、一般的なビジネスにおける心得についてのコラムだった。

 メッセージには、「今回の記事は私のことかと思っている次第です。失礼しました。」とあった。自分のことではないことを知って、再度メッセージが飛び込んできた。「そうでしたか。それもまた失礼しました。しかしながら、自分の事と思って、身を正していきたいと思います。」と。

 とても数日前の彼とは全く異なる人間のようなリアクションである。元々、気が優しく、周囲を気にし過ぎるが余り、重大局面において、迅速かつ正確な判断、実行ができない人物だった。そこを突いたのが、今回の苦言である。

 昔は、喧しい爺さんが、近所の悪ガキたちを叱りまくって躾をしていたが、今時、血族でもなく、会社の同僚でもない人間から苦言などあり得ない時代だ。しかし、良き時代の日本人の距離感は「向こう三元両隣」。彼への期待が大きいから、つい苦言を呈したのだが・・・。

 今回、彼にとってはいらぬ世話だったのかも知れない。しかし、今回のサジェッションを理解し、改善に至れば、5年後、10年後の彼の職位は圧倒的に上位にあるはずだ。特に、接遇をメインとする職種であれば、尚更のこと。

 彼も妻帯者でもあり、10年後には会社を牽引する重責を果たさねばならぬ時期が訪れる。その時、部下の鏡たる存在になっているか否かで、人生が随分変わると、筆者なりに考えたのである。

 今回のサジェッションが奏功するためには、更なる努力と実践が必要となる。人の三倍努力すれば、先々は管理職の先頭を走り、更に、人の三倍信頼を勝ち取れば、経営側に必要不可欠な人材となる訳だ。

 有難いことに、彼は一瞬にして『覚醒』した。その証拠に、「覚醒」した彼の表情は、言葉に尽くせぬほどの素敵な笑みに満ち溢れていた。

 ○○くん、君なら遣れるよ!


kakusei20220801


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/8/1 12:00 am

目の前のビジネスチャンス。その綱引きに勝つか負けるかは、『読み』と『詰め』で決まる。脈がなければ、即刻、綱を切れ!

newstop


 知人友人の紹介で、ビジネスチャンスが生まれることは良くあることだ。しかし、そのビジネスチャンスが具現化するか否かは、初対面からの『良好なる綱引きのプロセス』に掛かってくる。

 親しい知人友人であるからこそ、『信頼』は事前に担保されている。その確かな『信頼』の上に立ち、マッチング相手と円滑に物事が進み、新たなビジネスが発生する。

 ただし、初手からマンチング相手に『認識のずれ』があると、円滑なる進捗は望めず、想定外にややこしくなってしまう。そこには紹介者の説明不足というよりも、マッチング相手の理解力、資質に左右されてしまうのだ。

 折角の紹介(縁)であるので、紹介者の存在を軽視、無視するような愚行は許されない。ところが、『認識のずれ』が些少ながらもあれば、最悪の場合、紹介者の顔に泥を塗ったり、不快感を与えたり、挙句の果てには、折角の良縁の機会を台無しにしてしまう。

 人様へ人様を紹介するのは、そう容易なことではない。紹介する人の『信頼』あってこその話だが、上述の通り、被紹介者Bに対する被紹介者Aの受け止め方にずれがあれば、とんでもない方向へと流れてしまい、紹介者にも被紹介者Bにも悪い印象を与えてしまう。

 理想的なものは、紹介者が被紹介者Bの実像が、被紹介者Aにそのまま伝わり、その価値なりを被紹介者Aが理解、把握し(その逆も同様)、被紹介者AB双方に『信頼関係』が結ばれることで、にわかに物事が前進することである。

 ところが、初手から被紹介者AやBに履き違えがあれば、聞いた、聞かない、知らない、そのつもりではなかったなど、ギクシャクした状況に陥り、折角の『信頼』の綱がぶっつりと切れてしまう。従って、人に人を紹介するのは、すこぶる難儀なことである訳だ。

 最後に、紹介者が留意すべき点は、以下の項目を下調べした上で、被紹介者同士をマッチングするのが望ましい。無闇矢鱈にマッチングしようとすれば、必ず、勘違い、履き違え、諍いなどが生じることになる。

(1)被紹介者AとBの価値観が同じベクトルを向いている
(2)被紹介者AとBの趣味趣向の共通項が大きい
(3)被紹介者AとBの性格が磁石のNとSのように引き合う可能性が高い
(4)被紹介者AとBの仕事の拘りが同じベクトルを向いている
(5)被紹介者AとBの双方のニーズが合致している
(6)被紹介者AとBが結ばれ、双方Win&Winの関係になる可能性が高い

 しかし、人というものは、物事における『始め良ければ終わり良し』とならず、始め良くても、相手が豹変する(本性を現す)ことも無きにしも非ず。紹介者が把握できなかったところが、良からぬ本性なり癖となれば、マッチングできるものもできなくなってしまう。

 そこは、ビジネスにおいて、特に厳格であるべきだ。よって、どんなに『信頼』に値する紹介者から提供されたマッチングチャンスと雖も、『読み』と『詰め』が甘ければ、豹変する相手に対応できず、ただ悪用されるばかりで終わってしまう。

 畢竟、『脈なきは、即刻、綱を切れ!』を念頭に、確とマッチングが成立(例えば契約締結)するまでは、必要以上の情報を提供、共有する必要はない。何故なら、情報提供側の被紹介者の貴重な情報というものは、対価ありきのものとして、厳重に取り扱う必要がある。


himawari20220731


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/31 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp