ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » ホテルオークラ福岡

桃花林の料理に舌鼓

▼桃花林アミューズ

D60_5232


 樋場正人と言えば、数年前に、私が8ヶ月間に11回取材をした、広東料理の匠(ホテルオークラ福岡 調理料飲部長兼桃花林料理長)である。

 博多入りとなると、必ず立ち寄るところはホテルオークラ福岡である。本日は、天草畜産農業協同組合の「天草黒牛ブランディング」のスーパーバイザーとして、同ホテルの鉄板焼さざんかに足を運び、取扱認定店となった同レストランへ認定証授与に立ち会うことが目的だった。

 無事に授与式が終了したものの、同レストランの取材に与えられた時間は僅か1時間半。それから、ホテル地階にある中国料理 桃花林へ行き、ランチの取材をしなければならかったのである。

 どう考えても、私一人の胃袋で、同時間帯に鉄板焼コース料理と広東料理を捌くことは完全に無理な話。よって、相方に頼み、広東料理を食して貰う中で、取材することを思いついた。

 よって、以下の組み立てで料理をサーブしてもらい、写真撮影に専念したのだった。しかしながら、同レストランの広東料理はかなりレベルが高いので、何も食べずに帰るのは勿体ないと思い、出来うる限り、試食をすることにした。

 パンパンに張った腹を揺すったり、跳んだりして、胃袋と腸を動かしながら、何とか全料理の試食をすることができた。特に、最後の〆としてオーダーした「冷やし担々麺」はすごく美味しかった。麺は韓国冷麺のような細麺だったが、スープが素晴らしく、全部飲み干してしまいたいほど上質であった。・・・お見事!

1)桃花林アミューズ
2)かにの手の揚げ
3)椎茸の蒸しスープ
4)豚ロースの黒酢(鎮江醋)煮込み
5)茄子の醤油煮込み
6)冷やし担々麺

▼かにの手の揚げ
D60_5238


▼椎茸の蒸しスープ
D60_5243


▼豚ロースの黒酢(鎮江醋)煮込み
D60_5249


▼茄子の醤油煮込み
D60_5257


▼冷やし担々麺
D60_5258



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2015/8/30 12:00 am

博多取材を終えて・・・

▼ホテルオークラ福岡

DF1_2279


▼ホテルオークラ福岡 調理料飲部部長 http://www.chinese-hakata.com/Link
DF1_3343


▼鮨と和の食 清吉 店主 http://www.sushi-seikichi.com/Link
DF1_3339


▼鮓 枉駕(おうが) 店主 http://www.dandl.co.jp/ouga/Link
DF1_2374


 今回の博多取材を振り返って・・・

 5月12日(火)、14日(木)と、博多方面を2日にわたって取材を行った。取材先は、勿論、ロゼッタストーン異業種交流サイト会員(博多)である。

 一言、博多の取材で常に感謝し特筆すべきことは、ホテルオークラ福岡、鮨と和の食 清吉、鮓 枉駕(おうが)の3社とも、取材を受ける側の体勢が万全であり、取材そのものを快く受け、感謝して頂いている点だ。

 更に、取材に対して大変協力的であり、時間を惜しまず、しっかりと対応してくれる。パブ取材(優良会員だけの特典である無償取材)だからといって、それを蔑ろにしたり、高飛車に構えたりするところなど、皆無である。

 剣道ではないが、いつも爽やかに笑顔で「礼にはじまり礼におわる」。取材する側としても、気の毒なほどの気配りをして頂き、お陰で睡眠不足の疲れを全く忘れてしまうほどだ。・・・時間がどんどん押して、談笑しまくり状態となってしまう。

 ホテルオークラ福岡においては、直接会う人物は管理職であり、調理部と飲料部の双方を掌る人物なので、今回は会議が朝から夕方まで入っていたけれども、それにも関わらず、度々個室にいる筆者の顔を覗き込み、いろんな話をしてくれた。

 清吉も、今後のネット戦略や顧客へのサービス向上への意欲を語り、枉駕も開業半年という若さではあるが、じわじわと良い客が付くための秘策を練り、気合いの入った料理をサーブしてくれた。

 「匠」である彼らは、一切奢りもない。そして、何年経っても、口に出した約束事を全て守ってくれるのである。・・・ある時、実に下らん某協会の支部長らが横槍を入れてきた(営業妨害)時のこと、約束事を守るために、間髪を入れず身銭まで切って筆者との信頼関係を死守してくれた。

 また、インターネットの契約についても、地の利から考えれば福岡県内のIT企業との連携を深めたほうが良さそうだが、IT戦略は場所や時間に関係なくできると判断し、当社との契約を最優先してくれているのである。

 SEOとかSNS対策とかの訳の分からぬ営業で電話が掛かったり、訪問してくるところもあると言っていたが、信頼関係が揺らぐことなく、常に自然体で物静かな中に、しっかりとしたビジョンを掲げ、先を見据えて、我々の共同作業を二人三脚で突っ走ってくれるのだ。

 心から信頼出来る人物だからこそ、日頃からの対応や接し方が素晴らしいのだろうと、今回の取材から帰る途中の新幹線の中で、深く何度も何度も頷いたのだった。本当にありがたい。

 清吉に至っては、帰り際にお客に大人気の名物「太巻き」を二箱も準備してくれて、お土産に持たせてくれた。取材をする側として、本当に、申し訳ないほどの嬉しさで帰途につけるのである。

 話は変わるが、取材に行けば色んなところがある。踏ん反り返って、横着な物言いをする人物も居る。軽率な言葉を機関銃のように発する人物も居る。思慮が浅く、上滑りな事ばかりを口にしては、本論とは全く関係のない方向へ飛び出す人物も居る。

 それは、取材というものへの解釈が歪んでいるだけの話だが、相手がどのような用件で足を運んできているのか、どのような立場でその取材現場に居るのかなど、全く頭が回らぬ人なのだろうと、閉口し苦笑いしてしまうことが多い。

 少々本論から脱線気味となってしまったが、畢竟、事業に成功し、または、本業を日々真剣勝負で生きている人たちは、人との接点において、大変レベルの高い対応ができるという事を物申したかったのである。よって、自分が人気者、偉い、金持ちと驕り高ぶっている人は、申し訳ないけれども取材対象外となる。何故なら、取材は互いに気持ち良く進めて行くべきものだから・・・。

 口は災いの元。以前から何度もFacebook上で呟いているが、軽薄な思考回路から放たれる軽率な言葉は、一瞬にして、人格が見え隠れするので、自戒を込めて、最良の信頼関係を維持するために、一所懸命、今回のようなパブ取材に力を入れて行きたいと考える次第。

 今回の二度の博多取材は、大満足できる取材であったと自負する次第。


▼ホテルオークラ福岡 中国料理 桃花林のお任せコランチコース
DF1_2205


DF1_2212


DF1_2230


DF1_2255


DF1_2227


DF1_2273


▼ホテルオークラ福岡 中国料理 桃花林のお任せ海鮮尽くし湯麺
DF1_3385


DF1_2334




◎ロゼッタストーンポータルサイト(since 1995) http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/5/16 02:48 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp