ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コンサルタント業務

恐怖政治を愛する経営者へのサジェスション実例

josui-3


▼以前、「恐怖政治」を止めない経営者へサジェスションを行った実例サンプル
※人名や会社名が特定されぬよう、表現や具体的内容については一部変更しています。


恐怖政治の危険性について


○○○○○○○○株式会社
代表取締役社長 ○○○○○○○ 殿

謹啓 時下、益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。

 早速ですが、近頃気掛かりなことは、「電子メール(CC、BCC)」による「情報共有」について。社内における「情報共有」の猛烈な電子メールについては、賛同できないところも多々あります。それは、受け取り方次第では、公的な場における「晒し者」、「人格否定」となり、これらのメールを片手に、労働基準監督署や裁判へと持ち込まれた場合、貴殿や貴社にとって、非常に「危険極まりないパワハラの証拠」として裁かれるのは必至。

 今後は、個人へ矛先を向けた辛辣な表現を控え、個人攻撃を行わず、可能な限り現場責任者への「評価」なり「示唆」、「指示」に切り替えられることを勧めます。よって、現場を「グループ責任」として捉えることで、現場責任者への個人攻撃にならぬようご注意下さい。

 現場責任者に対しては、個別面談の時など、和やかな中でしっかりと抑えるところは抑え、「抽象的表現」を止めて、「具体的な処方箋」を手渡す手法が、部下にも伝わり易くなります。更に、今のご時世なので、「最後のフォロー(神の救いの手)」を差し伸べると、皆、萎縮することもなく、「理解してもらっている」、「評価してもらっている」という、大きな「信頼」が芽生え、物事が円滑に進むようになります。

 また、日頃から貴殿の挙動をチェックしている中で、気掛かりなことは、Facebookにおける「感情の爆発」です。短絡的に怒りの鉄拳を示すような「格言」があったり、良き過去の時代を思い起こしては現状に愕然とするなど、「怒り心頭」の荒々しい感情だけが、あちらこちらに散在しているところです。

 最後に、一番言われたくないところかも知れませんが、貴殿の「女性に対する甘さと思い込みの激しさ」は、早期に払拭する必要があります。それは、大人気もなく、いつまでもクヨクヨしている時間が勿体なく、思い入れは分かりますが、不毛なる思考回路の無駄遣いとなります。

 諄いようですが、電子メールによる「情報共有」の中で、貴殿からの「フォロー」がなければ、決して、「サイレント・マジョリティー」の浮上はあり得ません。また、どんどんと水面下に沈んで行く中間管理職が増えてくるだけです。そろそろ「悪代官」としての「悪手」は封印された方が良いのではありませんか。

 現実を見て下さい。電子メールによる「個人攻撃」に対して、社員全員が心身ともに「疲弊」しているはずですし、これから、もっと退職者も増えてくるのではなかろうかと危惧しています。前々から申し上げている通り、「掲示板」による「情報共有」を徹底し、「感情」を捨て、ポーカーフェイスにて、人を動かされては如何だろうかと思うばかり。

謹 白


令和○年○○月○○日        
ディー・アンド・エルリサーチ株式会社
代表取締役社長 西 田 親 生


 ※以上をサジェスションし、一時期「悪癖」は改善へ。「悪癖」は病的ものであるために、長期間にわたり監視役が必要となりますが、或る日その監視役がいなくなると、突如「悪癖」が飛び出し、せっかく社員と結びつつあった「信頼関係」を一瞬にして潰すような挙動に走り出すのです。よって、「恐怖政治」をこよなく愛する人へは、人事権などの権限を全て与えない事が肝要かと・・・。


▼筆者バイオグラフィ
 ※コンサルタント業務へのお問い合わせは、Facebookのメッセンジャーにて、お気軽に!
  https://www.facebook.com/dandl.co.jp/Link

info-1


info-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                                                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/8/18 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp