ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

兎角に人の世は住みにくい・・・

josui-3


 熊本県護国神社の大きな鳥居右側に、老人が倒れている。最初は、昼から酒を飲んで、芝生の上で爆睡しているのだろうと思いつつ、横を通り過ぎようとすると、大きく口を開けて、妙な体勢にて微動だにしない。体は「く」の字で、リュックが横にあり、正直なところ、事故か事件かと胸騒ぎがした。

 口が開きっぱなしなので、既に絶命しているのかと思い、側に行き、「大丈夫ですか!?」と二度声を掛けた。その老人は、驚いたように飛び起きた。「あ、どうもすみません。」と小声で一言。生存を確認して安堵したが、このようなケースでは、声を掛けるべきか否か、一瞬、判断に戸惑った。

 実は、これまでに、高層ビルから落ちたり、鉄道に飛び込んで絶命した人たちを何度も目視したことがあるので、それ以来、ややトラウマになっている自分が居るのだろうと。しかし、寒空の下、如何に芝生にて防寒服を着ていようとも、不自然な形で倒れていれば、事件事故という文字が頭を過る。

 ただ、遅ればせながら、声を掛けたことは正解であると考える。他国では、道端に人が倒れ絶命していようとも、知らぬ顔して、無視して通り過ぎることが多いと聞いたことがあったが、ここは日本、非道なことは許されない。勿論、大人であれば、その責任を果たす必要がある。(罠も想定内に)

 取材が終わり、野鳥園から引き返す時も、まだその老人は芝生の上に座ったまま、周囲を眺めていたようだった。もしかすると帰る家がないのかも知れない。勿論、「ヘルプ」があれば早急に救済する必要があるが、それがなければ、その老人のプライベートゾーンには土足で踏み込むべきではない。

 また、話は変わるが、先般、某所にて車を停めて、山際を撮ろうかと思っていた矢先、まだ小学校低学年だろうか、二人の女の子が自転車を乗り回し、付き纏ってきた。「あのー、あのー、景色を見てるの?」と何度も馴れ馴れしく聞いてくる。良く言えば人馴れしている。悪く言えば、妙な輩に簡単に誘拐されると危惧したのだった。

 今の時代、なかなか他人との距離の取り方が難しいので、上述の女の子には挨拶、会釈程度が限界である。万が一、優しく構ってしまうと、逆に「不審者」として通報される可能性も無きにしも非ず。実は、以前、夕景を撮影しようと思い、高台に居たところ、帰宅して警察官が二人きたのだった。

 「すみません。このナンバーの車はお宅の車ですか?先ほど、不審者通報があったので、ちょっと話を聴かせて貰えませんか!?」と。とんでもない世の中だと思い、通報した大馬鹿者に閉口した。警察官への対応は、名刺とバイオグラフィを渡すことに。「ご迷惑掛けました。通報した人間には、ちゃんとした方であると伝えておきます。大変、失礼しました!」と。

 通報する者も大変な非常識者だが、何の根拠もなく、初手から犯人扱いする警察官のレベルの低さには驚いた。一人は研修中の若い警察官のようで、こんな低レベルの捜査じゃ、初動の段階で失格。通報があり、行き当たりばったりで他人の家を捜査する前に、リサーチをして行動すべきではないか。

 記事を書きつつ、文豪 夏目漱石の作品「草枕」の冒頭の文章が浮かんできた。「智に働けば角が立つ。情に棹差せば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。」と・・・・・。


▼熊本県護国神社近くにある「野鳥園」のAutumn leaves
YACHOUEN-2021-002


YACHOUEN-2021-001


YACHOUEN-2021-003


YACHOUEN-2021-004


YACHOUEN-2021-005


YACHOUEN-2021-006


YACHOUEN-2021-007



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/11/27 12:00 am

旧細川刑部邸も紅(くれない)に染まる・・・

▼無料開放している「旧細川刑部邸」

D8E_1551


 紅葉のメッカ、「旧細川刑部邸」(熊本市)。紅色に埋め尽くされた同邸の庭には、平日にも関わらず、一眼レフカメラやスマホを片手に、多くの観光客が訪れていた。先般、山鹿市の康平寺、日輪寺と紅葉を求めて取材で足を運んだが、同邸の紅葉はライトアップなどもあり、すこぶる絵になる。

 なかなか夜間に足を運び入れ、ライトアップを撮影することがないが、一度だけ撮影をしたことがあった。太陽光に透ける紅葉も素敵だが、ライトアップも乙なもの。時間があれば、超広角レンズでも持参して、美しいイルミネーションを撮ってみたいものである。

 熊本地震から5年7か月が経つが、同邸の塀なども、軒並み倒壊してしまった。以前は同邸の中央にある建物へも入ることが可能だったので、手水鉢やらを撮しまくったこともあった。しかし、同邸の庭園を無料開放で有難いが、全て復興するには相当時間が掛かりそうだ。

 今回は、筆者の駄文にて旧細川刑部邸の紅葉を解説するよりも、写真をご覧いただいて、紅に染まる同邸の庭園のプレビューを願えれば幸いとなる。尚、同邸横の有料駐車場に車を預け、氏名と連絡先電話番号を書き込み、検温と手指消毒を、勿論、ウィズマスクで静かに散策いただければと・・・。

※2021年11月19日(金)~12月5日(日)旧細川刑部邸限定無料開放&紅葉のライトアップ


D8E_1557


D8E_1559


D8E_1589


D8E_1608


D8E_1626


D8E_1661


D8E_1669


D8E_1674


D8E_1684


D8E_1717


D8E_1721


D8E_1725


D8E_1738


D8E_1759


▼旧細川屏風邸の倒壊した塀
D8E_1772



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/11/26 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp