ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

コロナ対応で国民性の違いが浮き彫りに・・・

▼コロナ禍では自然が一番心癒される

nature-001


 昨日の早朝に、ヨーロッパ在住の医師とコロナ禍について話をすることができた。実は、昨日の記事へ「賛同できない!」というメッセージから始まったのだが、間に英語を挟み込んでの遣り取りなので、こちらの真意が伝わらなかったようで、最終的には「I understand what you say!」でまとまった。

 その医師のコロナ禍への考えは次の通りである。(1)コロナは怖いものではなく感染しても治る、(2)コロナを恐れて閉鎖的になれば経済が低迷する、(3)コロナよりも怖いのは怪しいワクチンである、(4)我々は夜でもノーマスクでワイワイ酒を楽しんでいる、と言うのである。

 また、(5)つい最近、自分自身がコロナ(デルタ株)感染した時は、初日だけ体温が38.2℃となり嗅覚障害があったが、今は完治している。それで、今夜もバーに繰り出して最高の気分に浸れる、と語っていた。更に、(6)政府は単にゲームをしているだけで、それに我々が載せられていると批判。

 最後に、(7)私は死を恐れはしない。何故なら、死は神様の思し召しなので、それを拒否もしなければ甘受すると、宗教観を暗示するような結びであった。最初の時点で相手の誤解が解けて良かったが、その医師の信条なりを詳しく知りたかったので語りは続き、ようやく全体像が見えてきたのである。

 しかし、その医師の考えについて素直に理解、賛同するのは、(2)、(3)、(6)であろうか。勿論、政府がゲームをしているというのは語弊はあるが、各国政府の駆け引きを伝えたいのであれば、御意となる。検知もままならぬワクチン数種接種を強行し、慌てさせるのが実に怪しく感じるところだ。

 上記は一人の医師の見解なので、医師たちの総意でないことは重々承知の上だが、医師がワクチンを危険物として信用できず、接種せずに自ら感染した経験において、コロナは人にとって大したことはないとの判断には驚かされた。一人一人の個体差もあり、免疫力も確実に異なるのだから・・・。

 この医師が一番言いたかったことは、筆者が閉鎖的になり、日頃からの取材活動を停止するのは止めて欲しいと言う思い遣りなのであった。そこで、できるだけ感染を避けたいので、だだっ広い自然の中で、田舎の風景やらを撮影することにしていると答えると、了解したとの言葉が返ってきた。

 ただ、昨年からのコロナ禍の世界的な流れを顧みると、極論ではあるが、どうも細菌兵器の感染者たちが、人体実験を強いられているように思えてならない。下手をすれば、免疫力のない高齢者の命を摘み取り、高齢社会脱却を目論んだ人口政策へ移行する、理不尽なる国もありはしないかと邪推するばかり。映画「ソイレント・グリーン」を思い出してしまう。

 各々の国民性により、コロナ禍に対する認識の違い、見解の相違が生じていることが理解できただけでも、その医師との話し合いは貴重であった。コロナは、数百万匹というバッタの大群がトウモロコシ畑を一気に食い荒らすような攻撃性を持たない。よって、「己と人の命を救う行動」の選択が第一義であるが、結論とした。


nature-002


nature-003


▼御多分に洩れず、現在の熊本市内は感染爆発となっている。
nature-004



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
写真・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/8/23 12:00 am

感染のメカニズムを知ったら、ゾッとする!

▼記事と写真は関係ありません

CASTLE2021-8


 全国的な新型コロナウイルス感染爆発に、危機感なく呑み歩いたり、ワイワイ騒ぐ人がいるのが不思議でならない。感染のメカニズムを知らぬから、また、感染しても重篤にはならないとの思い込みに首を傾げるが、それ自体が非常に危険な行為(傷害罪に値するほど)であることを認識すべきである。

 1人の感染者が次の1人に移すという単純なものとして捉え、風邪でも移したくらいの軽い気持ちに違いない。そのような稚拙な考えであれば、1人が1日に1人に感染させると足し算しかできぬ頭の悪さにより、馬鹿げた計算結果は1年間に365人しか感染しないと結論づけるのだろうと・・・。

 しかし、感染のメカニズムは大変複雑なものである。敢えて大雑把に言えば、鼠算の計算に似通ったもの。例えば、1人の感染者が3人感染させたとすれば、3人がそれぞれ次の3人ずつ感染させるのだ。更に9人が3人ずつ感染させ・・・n人が3人ずつと、気が遠くなるほど感染者数が爆発してしまう。

 よって、最初は1人だったのが、次が3人、その次が9(3X3)人、更に次が27(9X3)人、更に更にその次が81(27X3)人と、僅か4段階で、最初の1人の感染者が121人(1+3+9+27+81)となる。あくまでも、これは感染した相手を3人としての計算なので、感染者の行動履歴やクラスターなどが加われば、実数は2倍、3倍・・・n倍と膨れ上がる。

 上記のように、無知なる行動をとる愚か者がいるだけで、国全体に新型コロナウイルス感染者が瞬時に急増しているのが、現在の日本国内の状況である。報道でもあるように「災害レベル」の危機的状況であることを、今一度、皆が認識しなければならない。

 政府や地方行政が言う「お願い」や「要望」程度の話では、収まるものも収まりはしない。経済が疲弊するから云々と文句を言い、激昂する人も多いが、上記の様な感染のメカニズムであれば、時短営業を行ったとしても、収束するものも収束するはずがない。

 「酒を呑みたいなら騒ぐな!マスクにストロー突き刺して呑み、喋るな!」、「可能な限りネットで購入!買い物に出たいなら、店にさっと入り、さっと帰れ!」、「デートしたけりゃ、風吹く草原でウィズマスクで語り合え!」、「喫煙所では1人ずつを喫煙可とし、ベラベラ喋るな!」と物申したい。

 極端な話、レストランや喫茶店では、マスクを外して話し始めたら、最初は厳重注意。聞く耳を持たず話し続けたら、退店させるくらいで構わない。何故なら、話し込む人たちは、自分の声の大きさも、ウィズマスクでないことも気付かぬのだから、毅然とした対応をすべきが、その店の為でもある。

 最後に、殺人鬼は「誰でも良いから殺したかった!」と言うが、「誰でも良いから新型コロナウイルスを感染せたかった!」と思っている人がいるとなれば、それは殺人鬼と同じ思考回路であり、即逮捕となる。要は、じっと我慢してウイルスを荷物に持ち歩かねば、新たな感染を必ず防げることになる訳だ。


▼京料理「えのきぞの」の人気の弁当
enokizono-bento



<えのきぞの>
〒862-0975
熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A
TEL:096-211-5525
※定休日は月曜日

◎えのきぞの公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/8/22 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp