ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

不審者にされた一瞬間・・・

CAMERA


 或る日の夕刻、いつもの高台へ行き、夕景の具合を見ていた。しかし、PM2.5や黄砂やらで、全く絵にならない。そこで、車を移動し、車中で、その日に撮ってきた写真をノートパソコンに入れて、オフィスに戻ったのである。

 ところが、着替えも済まない内に、ドアフォンが二度ほど鳴った。宅配便であれば、横の窓から受け取るので、その窓のところへ足を運んだ。見下ろすと、警察官が二人が立っていた。「あのお、不審者の通報があったので来たのですが、この車はお宅のですか?」と、初手から犯人扱いする警察官。

 よく見ると、一人はまだ警察学校卒業間も無いほどの若手で、研修中のような雰囲気だ。「え?何ですか?不審者ですか?」と言うと、「ええ、この車が高台の所にあったので、住民の方から不審者の車ナンバーとして通報が有ったんですが・・・」と。

 内心、すこぶる腹立たしくもあり、穏やかではかったが、少し構ってやることにした。「少々待って下さい。」と言って、それから直ぐに、筆者の名刺と履歴を二人分揃えて、宅配便用の窓から手渡した。

 「あ、失礼しました。住民の方の名前は言えませんが、不審者だとの通報があったので来たのですが・・・。」と。「何が不審者ですか!?失敬な方がいらっしゃいますね。仕事柄、常にカメラは携行していますが、不審者となると洒落にもなりません。」と苦笑いしてしまった。

 一人の警察官が、「誤解のないように、住民の方へ、今から説明に行ってきます。」と言って、パトカーは静かに走り去って行った。

 相手のプライバシーは厳守するものの、筆者のプライバシーを曝け出して、それを、ご丁寧にも説明に行き、誤解を解くと言う。間抜けな茶番劇でもあるが、生まれて初めて不審者と言われたのだから、誤って通報した相手こそ謝罪すべきだと思ったが、過敏すぎる馬鹿騒ぎに再び苦笑い。

 とんだ火の粉を被ってしまった。このように、神経質で被害妄想のような住民が住んでいると、大変迷惑でもある。普通に、普段通り、平穏無事に生活をしている人間を「不審者」と言うのだから、少々、精神的に問題がある人間ではなかろうかと、逆に怖くなる。

 最後の留めとして警察へ電話をして、「誤解が解けたか否か!?」の確認をしたが、バツの悪そうな対応だったので、さっさと電話を切ることにした。初動捜査の不味さもあるが、状況判断も即座にできぬ警察官二人。更に、その言葉遣いの稚拙さに、唖然としたのだった。

 それからと言うもの、その高台には時々行きはするものの、美しい夕景を撮る気持ちが完全に壊れてしまった。これら二人の警察官の対応の不味さは、下手すると懲罰ものだ。・・・熊本県警も落ちたものである。


▼過去の夕景写真
view1


view2


view3



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/7 04:34 am

市房山の連山縦走の大失態・・・

▼市房山山頂(標高1721m)

content-4


 写真上は新聞社時代、若き頃の筆者(30歳)。市房山(標高1721m)の山頂に立った時の写真である。(この写真撮影後の縦走中に災難が・・・)

 当時の水上村(熊本県球磨地方)の丸太小屋を午前8時に出発し、市房山を含む7つほどの連山を縦走し、戻ってきたのは午後4時。市房山の山頂にて昼食及び休憩した以外は、ずっと動きっぱなしの難儀な登山・・・実は、筆者にとっては、1700mを超える山々の初縦走だった。

 大失態は、縦走途中に10mとほど岩をよじ登ぼる時に起きた。垂直に聳え立つ岩に、スパイダーマンのように貼りつき、やっと岩の上のエッジに手が伸びたと思った瞬間、枝らしき感触があったので、それをギュッと掴んだのである。

 手袋を外して素手で登っていたので、枝とイメージした物が、なんと狐の糞?ではないか。指の間に、ニュルッと生暖かい物が・・・。咄嗟に左手で体を支え、右手を何度も振って、その糞をパタパタと振り落としたのだった。

 しかし、部下が岩の下方をよじ登っていたことを、完全に忘れていた筆者がいた。当然の如く、真下に糞がポロポロと落ちて行く。部下は、それを避けようとして足を滑らし、3mほどの高さから地面(土)に落ちてしまった。

 運良く、大怪我ではないが、落ちた瞬間に無理な体勢にて両手で体を支え、右手薬指の指先を痛めたようだ。後日病院へ行き、レントゲンを撮ると、右手薬指の指先の骨に、縦ヒビが入っていたことが判明した。さぞ痛かったに違いない。

 岩をよじ登るのは楽しいが、掴む前に、それが何なのかをしっかりと確認すべきであった。また、下方から登ってくる人間も確認しながら、慎重に登らなければ、二人とも滑落して大事故に繋がる可能性が高くなる。・・・猛省のしっぱなしとなった。


▼写真下はイメージ
river



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/6 01:26 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp