ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

実証・ロゼッタストーンSEO戦略

800_5415



 1995年8月22日に、当社が管理運営するロゼッタストーン公式サイトが誕生した。当時、熊本県では第1号サイトとして脚光を浴び、県内ITを牽引し、現在に至っている。

 今回、同ポータルサイトによるSEO戦略を検証することにした。以下のように、検索エンジン最高峰のGoogleにて、ロゼッタストーン正規会員である「やまもとや」、「えのきぞの」、「榎園豊成」や、コンサル契約をしている「鹿央物産館」、先見塾生の「牛崎英司」、熊本市第1号上水道の「八景水谷公園 白鷺」、更には、ロゼッタストーン非会員の「熊本ホテルキャッスル 料理」で検索を試みた。

 「やまもとや」は、昨年の11月9日に公式サイトを製作し、その後、ロゼッタストーン上で記事を掲載し、僅か3ヶ月にて、Googleにて公式サイトが最上位に抽出され、「画像」をクリックすると、じわじわと上位にランクアップされている。(Yahoo JapanもGoogleのエンジンを使用している)

◎「四季の味 やまもとや」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoya&view=listLink

 「えのきぞの」もまた、昨年の9月19日に公式サイトを製作し、同様に、ロゼッタストーン上で記事を掲載し、5ヶ月弱にて、Googleにて公式サイトが最上位に抽出され、「画像」をクリックすると、最上位から数枚の写真を見ることができる。

◎「えのきぞの」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizono&view=listLink

 ここで「えのきぞの」の料理長である「榎園豊成」さんで検索することに。Googleでは最上位から公式サイトのURL、その下にはロゼッタストーンのニュースがずらりと抽出される。「画像」をクリックすると、以下の写真の通り、1、2、4フィニッシュとなっている。

 その他、上の要領で、「鹿央物産館」、「牛崎英司」、「八景水谷公園 白鷺」、「熊本ホテルキャッスル 料理」と、次々に検索を試みてみた。結果は、以下の写真群の通り、特に、「八景水谷公園 白鷺」ではロゼッタストーンのニュースが圧倒しており、「熊本ホテルキャッスル 料理」では、「画像」をクリックすると、最上位にロゼッタストーン上に掲載されている写真が抽出されてくるのである。

◎「鹿央物産館」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=kao&view=listLink

 1995年のロゼッタストーン公式サイトの合言葉は「日々変化、日々進化。」となる。よって、SEO戦略については、競合他社とは比較にならぬほど、クオリティの高い映像と共に、検索エンジンに抽出されるということが実証されたことになる。

 当社は「営業をしない会社」として28年歩んできたけれども、ネット事業に着手して23年。メタタグ云々などの机上の空論的な小手先のものとは異なり、徹底したクライアントとのFACE TO FACE取材を通して、比類なき独自のSEO対策を展開している点が自負するところとなる。勿論、取材依頼のないクライアントについては、露出度が若干落ちるのは残念なことではあるが・・・。

▼Googleにおいて「やまもとや」で検索
yamamotoya-1


yamamotoya-2


yamamotoya-3



▼Googleにおいて「えのきぞの」で検索
enokizono-1


enokizono-2


enokizono-3



▼Googleにおいて「榎園豊成」で検索
enokizono-4


enokizono-5


enokizono-6



▼Googleにおいて「鹿央物産館」で検索
kao-1


kao-2


kao-3



▼Googleにおいて「牛崎英司」で検索
ushizaki-1


ushizaki-2


ushizaki-3



▼Googleにおいて「八景水谷公園 白鷺」で検索
hakenomiya-1


hakenomiya-2


hakenomiya-3



▼Googleにおいて「熊本ホテルキャッスル 料理」で検索
castl-1


castl-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/12 04:56 am

「えのきぞの」の繊細な料理に舌鼓!!!

DFD_1204


 本日、友人よりメールが入り、「えのきぞの」へ足を運ぶことになった。昨年の12月以来の二人グルメ研究会。同店へ午後1時半頃に電話をして、多忙中にも関わらず、ディナーの当日予約(お任せ)を受け入れてくれた。

 洗練された京の味。息つく暇もなく、「旨い、旨い!」の連発となった、同店の料理群。食材にも器にも拘りが伝わってくる逸品ばかりである。決して依怙贔屓ではないが、同店のレベルは全国区で通用するほど、半端ではない。

 物静かでおっとりした性格の料理長。しかし、一度集中すると、その寡黙な中にも、料理に対する情熱が爆発し、予想を遥かに超えるレベルにて料理をサーブしてくるのである。

 正直なところ、今まで何ども食してきた訳だが、今回の料理は、口に入れる瞬間の温度をしっかりとシミュレートしてあり、意表を突く料理に、何ども目を瞑りながら、一つ一つの旬の食材を楽しませて頂いた。

 特に、最後の「鯛めし」は、〆として本当に「旨かった!」。


DFD_1196


DFD_1221


DFD_1224


DFD_1227


DFD_1232


DFD_1240


DFD_1245


DFD_1247



◎えのきぞの公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link

文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/11 02:38 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp