ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

メジロにフォーカス!

500_4290


 メジロは、とにかく忙しい。レンズをゆっくり向けていると、あっという間に、次の枝へ移動してしまう。

 今回は、熊本市内にある谷尾崎梅林園へ足を運び、一分咲きだったので、園内を一周して、すぐに熊本県護国神社へと移動した。そこには、アマチュアカメラマンや犬の散歩など数人の姿があった。

 神社内を見回すと、駐車場近くに梅の木があり、タイミング良く、7〜8匹のメジロがお祭り騒ぎをしていた。そっと近寄りレンズを向けると、隣の梅の木へ移動する。右へ行ったり左へ行ったりの鬼ごっこである。

 よって、ここは超望遠レンズの出番である。若干距離を置いて、遠目からレンズを向けてみたが、それでもメジロたちは落ち着きなく、梅の花の蜜を吸っては、また、次の枝、次に木に飛び移るのである。

 ほとんどのメジロは、梅の木の幹近くの枝に隠れるので、手前の小枝が邪魔になり、なかなか撮影することができない。しばらくすると、やっと我々に近いところの枝に降り立ち、梅の花の蜜を吸い始めた。

 カメラがミラーレスではないので、1秒あたり10コマ程度しか連写できないが、ファインダに眼球が貼り付くほど、メジロを追ってしまった。メジロの表情を数枚撮れたようだが、やはり、先般撮影したジョウビタキの方が、モデルとしては優等生であるようだ。


500_4316


500_4368


500_4378


500_4394


500_4404



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/2/28 12:53 am

見たこともない鳥ばかり・・・

▼カワウ
1


 先般、来熊された京都と大阪のお客に、野鳥の写真を見せながら話をしたのだった。

 お二人とも大都市部に育ち、社会人となった人ばかりで、そのお二人が、筆者が撮影した野鳥の写真を見ながら「大阪では見掛けないですね。見たこともない鳥ばかりです!」と言っていたことが、すこぶる印象的でもあり、ショックだった。

 熊本市は、数年前にようやく政令都市の仲間入りをしたばかりだが、県内人口の4割(72万人)ほどがが集中する県庁所在地。九州でも、福岡市、北九州市に次ぐ、三番目に大きな都市(明治時代は九州最大の都市だった)となっている。

 市内は、高層ビルも建ち始め、だんだんと木々の色合いが、コンクリートなどソリッドで冷たい色合いに変化しつつある。しかし、筆者が取材のために足繁く通う八景水谷公園や江津湖などは、熊本市のど真ん中またはその周辺に位置するところで、写真のような野鳥たちが普通に生息している。

 大都市部から来た方々には、野鳥の種類など知らぬ存ぜぬの世界なのだろうと。よって、都市化した熊本市ではあるが、他の大都市部では見掛けることができないような、貴重かつ稀有な「自然の缶詰」であることを再認識したのである。

 熊本市内では、生活に必要な水のほとんどは、阿蘇山からの伏流水(地下水)で賄われている。

 先日大阪から来た方が・・・

「熊本ホテルキャッスルに泊まり、部屋の水道水がすごく旨く、コンビニで売っているペットボトルの水など比ではなかったですよ。だから、1本のペットボトルの水を飲み干し、ホテルの水道水で満タンにして冷蔵庫で冷やし、翌日飲んでみたんです。本当に美味しかった!」と・・・。

※熊本市は世界の人口50万人を超える都市の中では、唯一、地下水で賄われるほど水が豊富で美しい。


▼マガモ
2


▼コサギ
3


▼カワセミ
4


▼ジョウビタキ
5


▼オオバン
6


▼カイツブリ
7


▼ミサゴ
8


▼カルガモ
11


▼ヒドリガモ
12


▼ハシビロカモ
14



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/2/25 03:16 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp