ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

お肌ぷるぷるのランチ!

DFD_9930


 熊本ホテルキャッスルの和食ランチで、低カロリー、コラーゲンたっぷりのランチがある。それが二千円でお釣りがくるのだから、驚きである。

 ヘルシー料理なので、写真のようにコンニャク刺身、鍋にはつみれや鶏肉、豆腐、野菜、春雨など、寒いこの時期には、身も心も温まるランチとして、時折、オーダーしている。食後にかわいいデザートが出されて、ほうじ茶で〆ると、胃袋スッキリのランチの終了だ。

 食事中に感心することは、固形燃料の火がいつまでも消えないこと。妙な宿なんぞ、固形燃料がやけに小さく、すぐに消えてしまい、折角の鍋が冷えてガッカリする事もよくある話で、最後の1滴のスープを飲み干しても、まだ炎が揺らいでいる。

 また、コンニャク刺身に添えられているワサビが、異常なほど痛烈に効く。鼻から脳天を突き刺すような刺激がたまらない。寝不足でボーッとしている時など、一瞬にして目が覚め、涙目となってしまう。しかし、爽快である。

 2013年に「和食 日本人の伝統的な食文化」が、無形文化遺産に登録された。器に目を遣り、料理の彩りや盛り付けの美しさを愛でながら、旬の食材を思う存分楽しめる料理は、世界中で、和食の右に出るものはないと筆者は思う。

 その要因の一つとして、ライフルの弾丸をも切断するといわれる日本刀の切れ味は、和包丁に通じるものがある。その切れ味こそが、食材の旬の味を引き立てているに違いないと・・・。

 それは、和洋中の包丁を比較すれば一目瞭然。上から連打で叩き斬る中国包丁。包丁の先を支点として裁断する西洋包丁。そして、ふぐ刺しで身が透けるほど薄く切れる和包丁。日本人の魂と天性の器用さが、料理にも道具にも宿っていると思えば、確かに頷ける。

 
DFD_9945



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/29 02:46 am

ミサゴにフォーカス!

▼獲物を上空より探すミサゴ

500_7903


 先般、菊池川(熊本県山鹿市)で鯉釣りしていた男性と知り合ったところから、やや上流でミサゴが魚獲りをしていた。つがいの二羽が飛び回り、一羽が鴨の大群が浮かんでいる近くで、ドイツのユンカース急降下爆撃機のように、水面へ垂直に飛び込み、魚を獲るわけだ。

 今回、たまたま目の前で飛び込んでくれたのだが、カメラの設定もしっかりと確認せぬまま、超望遠レンズをミサゴに向けたのだった。気づけば、ISO100だったので、手ブレやシャッター振動で画像が乱れていた。

 通常はISO800からスタートし、高速シャッターの連写でミサゴを追うのだが、後ろから挨拶に来たウォーキング中の男性に気を取られ、カメラやレンズの設定が中途半端になってしまった。基本の基本を無視し、言い訳にもならないことに、自らに腹が立った。

 しかし、天候が良いので、僅か数枚は見るに耐えるものだったので、記事に添付することにした。残念なことに、今回の獲物は小さすぎる。前々回はミサゴの体ほどの大物のニゴイを獲ったので、今回は可愛い映像で終わってしまった。

 次回、必ずやミサゴが水面に突っ込むところを切り獲ると心に決めて、帰途についたのである。

 
500_7929


500_7958


500_8041


500_8114


▼菊池川の土手から冠雪した阿蘇山を撮影(約50キロほどの距離)
500_8168


500_8173


IMG_6969



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/27 03:18 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp