ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

落陽とサンダーヘッド(入道雲)

▼本日の落陽と雲、そして飛行機
D75_6368


 本日は知人宅を訪ね、川風を受けながら、四方山話を楽しんだ。数十年ぶりに美味しい饅頭を3つも頂き、幼い頃を思い出したのだった。そうしている内にあっという間に時間が過ぎてしまい、午後5時となった。

 オフィス近くに到着したのは午後6時過ぎ。結局、途中で数羽の白鷺を確認したものの、撮影するまでには至らず、そのままオフィスへ戻ることにした。玄関を入るや否や、窓からちょっと美しい夕焼けになりそうだったので、荷物を玄関に置き、カメラだけを持って高台へと。

 しかし、撮影するほど美しい西の空ではなかったので、1枚だけ撮って戻ろうとしたところ、東の空を見上げると、大きな入道雲が頭上に伸びていた。こんなに近くに入道雲を見るのは珍しく、レンズも24-105mmと、撮影にはバッチリだったので、山向こうの東の空全体が見える位置へと移動した。

 入道雲は英語では「Thunderhead」と言う。雷の頭ってことは、下手すると、落雷の恐れありなのかと思いつつ、車のドアを開けたまま、数分間雲の様子を伺いながら撮影することにした。かなりの速度で入道雲は上へ上へと伸びて行き、見上げれば、今にもこちらへ倒れてくるのではないかと思うほどの迫力。

 西の空の落陽の光が反射して、真っ青な空にモコモコと突き出す入道雲。思ったような絵面にはならないが、ちょいと珍しい色の入道雲を切り撮り、帰途につくことにした。


D75_6454


D75_6463


D75_6473


D75_6493


D75_6511



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/18 12:00 am

雨上がりの瑞々しさに・・・

▼熊本ワイン玄関
D75_6149


 昨日、フードパル熊本の記事をアップしたばかり。ランチ中は大粒の雨で、cats and dogsの状態だ。湿度が高く、屋外と室内との温度差により、レストランのガラス窓は相当な結露状態となっている。よって、取材するところが限定され、ボルテージは下ってしまった。

 ホテルレストランのガラス越しに外を見ると、空が明るく雨も上がり、午後からの取材ができそうだ。さっと、レジを済ませ、車に乗り込んだ。しかし、車が動き出すと、フロントガラスにポツリポツリと再び雨粒が落ちてきた。

 旧国道3号線を北上していると、車の渋滞に遭遇。咄嗟にステアリングを左に切り、またもやフードパル熊本へと足を運ぶことにした。到着する頃には雨も上がっていたので、瑞々しい植物たちの姿を期待した。

 時期的に、薔薇の花々はポツリポツリ。しかし、雨が上がってすぐの植物・・・プルンプルンと震える水滴をたくさん抱えた花や葉は、すこぶる美しい。いつものウォーキングコースを進み、花、葉、水滴の共演を楽しむことにした。

 お盆でもあり、フードパル熊本は閑散としていたが、しっかりと水を含んだ植物たちは、元気一杯の御様子。雑草も御多分に洩れず伸び伸びの状態だが、藪と化した雑草だらけの自宅裏庭の姿が脳裏を過ぎっていった。


D75_6108


D75_6124


D75_6105


D75_6071


D75_6067



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/16 02:32 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp