ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

落陽とサンダーヘッド(入道雲)

▼本日の落陽と雲、そして飛行機
D75_6368


 本日は知人宅を訪ね、川風を受けながら、四方山話を楽しんだ。数十年ぶりに美味しい饅頭を3つも頂き、幼い頃を思い出したのだった。そうしている内にあっという間に時間が過ぎてしまい、午後5時となった。

 オフィス近くに到着したのは午後6時過ぎ。結局、途中で数羽の白鷺を確認したものの、撮影するまでには至らず、そのままオフィスへ戻ることにした。玄関を入るや否や、窓からちょっと美しい夕焼けになりそうだったので、荷物を玄関に置き、カメラだけを持って高台へと。

 しかし、撮影するほど美しい西の空ではなかったので、1枚だけ撮って戻ろうとしたところ、東の空を見上げると、大きな入道雲が頭上に伸びていた。こんなに近くに入道雲を見るのは珍しく、レンズも24-105mmと、撮影にはバッチリだったので、山向こうの東の空全体が見える位置へと移動した。

 入道雲は英語では「Thunderhead」と言う。雷の頭ってことは、下手すると、落雷の恐れありなのかと思いつつ、車のドアを開けたまま、数分間雲の様子を伺いながら撮影することにした。かなりの速度で入道雲は上へ上へと伸びて行き、見上げれば、今にもこちらへ倒れてくるのではないかと思うほどの迫力。

 西の空の落陽の光が反射して、真っ青な空にモコモコと突き出す入道雲。思ったような絵面にはならないが、ちょいと珍しい色の入道雲を切り撮り、帰途につくことにした。


D75_6454


D75_6463


D75_6473


D75_6493


D75_6511



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/18 12:00 am

ステーキハウス淀川の得々情報!

▼ステーキハウス淀川店主
D60_2996


 ステーキハウス淀川のガールズシリーズ。その一つに、リーズナブルで極上ハンバーグが食べられる、ハンバーグセットがある。写真の通り、ランチとしては頬っぺたが落ちるほどのゴージャスさである。

 同店のハンバーグは、筆者の知る限り、県内でも3本指に入るほどのものだ。取材方々、熊本市内やその他地域に立ち寄り、ハンバーグを食すことがある。しかし、その比ではない。サーブされる時のハンバーグの温度、食感、肉汁などが緻密に計算されたように心地よい。

 今回、久しぶりの訪問であったが、ランチタイムは二巡、三巡の勢い。午後1時過ぎにも予約のお客が次から次へと入ってくる。中には、常連さんと思われるご高齢のお客もいらっしゃったが、残念ながら、その段階でハンバーグは売り切れとなった。

 ステーキに関しては、極上肉を仕入れ、丁寧に鉄板で焼いてサーブされるので、不味いはずがない。ガスの鉄板焼きは、鉄板表面温度にグラデーションができるので、IH仕様の鉄板と比べ、肉や焼き野菜の味が全然違ってくる訳だ。

 高層階にあるホテルレストランの鉄板焼きは、ガスが使用できない為に、IHばかり。折角ならば、ステーキを食すには、このようにガスで焼く鉄板焼き、又はチャコールで焼くお店をお薦めしたい。勿論、鉄板の厚さは分厚いに越したことはない。

 猛暑が続く熊本市内。体調を壊しやすい季節柄、スタミナ食として鉄板焼きのステーキやハンバーグ、焼き野菜などお試しいただければと思う。従来のステーキ肉やハンバーグがとんでもなく不味く感じてしまうようになるのは、怖いことではあるが・・・。


▼極上ハンバーグ
D75_6235


▼冷製ポタージュスープ
D75_6194


▼サラダ(同店オリジナル黒ゴマドレッシング)
D75_6209


▼ご飯、味噌汁、香の物
D75_6262


▼デザート
D75_6272


▼コーヒー
D75_6280


▼お冷
D75_6166



◎ステーキハウス淀川公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/yodogawa/Link
 熊本市中央区上通町11-18-2F 
 TEL:096-359-2914

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/17 03:57 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp