ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

Nikon党のFacebookグループ・・・

500_8197


 Facebook上のあるグループ(Nikon大好き)に登録して、どのような人たちが写真をこよなく愛しているのかを拝見させていただいた。1日に2枚までの投稿が許され、しっかりとカメラの機種とレンズ(レンズはNikon純正ではくてもOK)を明記するようになっている。

 手始めに、この2日間でこれら4枚の写真をアップさせていただいた。先ほどアップした、「ヒョウモンチョウとマリーゴールド」と「熊本地震と野良猫」については、瞬く間にリアクションがあり、特に外国人女性のリアクションは凄かった。メッセージの山である。野鳥を撮影されるのが大好きなのようで、小動物の動きに興味があるのだろうと。

 そのグループは圧倒的に日本人が多いけれども、皆、Nikon党。DXからFXの色んなカメラを駆使して、日々の記録に専念されているようだ。鉄道マニアの方もいらっしゃる。花々を幻想的に撮影する方もあれば、スローシャッターで絹糸のような流れを表現されている方も。何時間もかけて、夜中に星空を撮影されている方も・・・。

 ふと思ったことだが、皆、肩に力が入っていない。自然体にて、目の前の情景を切り撮っているので、拝見していても、実に心地よく目から脳に入って来る。たまには加工だらけのもあるけれども、それはその方の趣味趣向のものだから、別に何も問題は無い。ただ、筆者の趣味からすれば、そのままの姿を撮された方の作品に目が行くような気がした次第。

 しかし、想定外にカメラを趣味とされている方々が多いことに、逆に、腰が抜けてしまった次第。


DFD_8732


404 File Not Found

404 File Not Found


◎オブスクラ写真倶楽部(Facebookグループ)
 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

◎西田親生 Behanceサイト
 https://www.behance.net/chikaonishidaLink

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/7 12:51 am

寂心さんの樟(樹齢800年)

DFD_8854


 先般、90mmマクロレンズのみだったので、「寂心さんの樟」(熊本市北部町)を撮るに撮られず、すぐ翌日に超広角レンズを持ち込み、リベンジを果たすことにした。

 持参したのは15mm f2.8。35mmでも20mmでも撮れるとは思ったが、15mmを選んで撮影開始。しかし、陽射しが強く、ゆっくりと三脚を立てて、長時間撮影する訳には行かない。

 ほんの十数分、樹齢800年の大木「寂心さんの樟」の周りを歩きながら、撮影に臨んだ。

 日立グループの定番コマーシャルにある「この木なんの木・・・・」に出てくるような形をしており、それが樟なのだから、驚いてしまう。枝張りが50m、高さが30m、幹周りが17mと、超弩級の樟である。

▼日立の樹プロフィール
 http://www.hitachinoki.net/profile/prof.htmlLink

 ここで、素朴な質問だが、何故「寂心さんの樟」という名称なのだろうと?・・・調べてみると、戦国時、菊池氏の重臣であった、「隈本城(くまもとじょう)」の城主・鹿子木親員(のちの寂心)の墓を、この樟が根元に抱きかかえていると伝えられていることから、「寂心さんの樟」と呼ぶらしい。


DFD_8830


DFD_8780


800_8213


▼取材風景
D60_0825


D60_0797



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/6 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp