ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

語らい・・・

▼熊本ホテルキャッスルロビー

DF1_4913


 今週は、月曜日から木曜日、連日、熊本ホテルキャッスルでの会議、会食が続いたのだった。

 随分久し振りに会う人、最近よく顔を見掛ける人・・・それぞれに、「語らい」がある。真剣に語る人の目を見ていると、黒眼(くろまなこ)がキラキラと光り輝いている。しっかりと「生きている!」という生命反応が伝わってくる瞬間でもあるが、日々、真っ正面から向き合って話をする人達は、一点の曇りも無く、嘘偽りで生きている人間や井戸端会議のおばちゃま連中とは雲泥の差。短い時間ではあるが、大変充実した時間を楽しませてくれる。

 人との「語らい」で欠かせないのは、珈琲などの飲み物や食事と、心地良い共有時空。そこで、会食を挟んで案件に取り組むと、自然と肩の力が抜けて、予想外に素敵なアイデアや戦略が生まれてくる。

 胸襟を開いての「語らい」。何も包み隠すこと無く、善きにつけ悪しきにつけ吐露することにより、日頃の鬱憤が嘘のように掃き出されて行く事もある。これが私の好む「face to faceの語らい」である。時には、メッセージの交換や電話での話し合いもあるが、ここ一番は、肉声を聞き、表情を見つめながら語らうことが大切だ。

 最近、SNSなどでメッセージ交換が当たり前の時代となっているものの、そこには大きな落とし穴である「誤解が誤解を招く」的な現象があちこちで起こっている。数百キロ、数千キロも離れた人達であれば、デジタルツールを使わざるを得ないが、出来る事なら、この「face to faceの語らい」をお薦めする次第。



▼爆弾サラダとオーダーしたものの、不発に終わったサラダ。
NONALNUM-REYxXzQ5MjgoMSk-E


▼フレンチレストランにて食したチャーシュー麺
DF1_4993




【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/26 12:07 pm

熊本ホテルキャッスルにて

DF1_4894


 熊本ホテルキャッスルは、私にとって、ビジネスの基地みたいな、大変素晴らしい環境を提供するホテルの一つ。行けば、若手シェフやウェイトレス、黒服の皆さんの元気な挨拶があり、仕事にも気合が入る。

 厨房を覗いて、手隙のようだと、無理難題なオーダーをしては、互いに遊ぶこともある。そんな敷居が低い小洒落なホテルが大好きで、オフィシャルもプライベートも利用させて頂きている次第。

 今、同ホテルの一室にて記事を書きながら、先ほど、「芋虫ジュース」とタイトルをつけたいほどの、特別に不味い野菜ジュースをオリジナルで作ってもらったばかりだが・・・睡眠不足の折、一発で覚醒したのだった。

 遅ればせながら、写真のご紹介を・・・。1枚目写真は、メインディッシュは、「アマダイの鱗揚げ・帆立貝のベーコン巻き、オマール」。大変リーズナブルなのに、見るからに高値に感じる料理。・・・しかし、冗談抜きにして、近場のレストランで食すよりも、ずっと安いのである。

 その他、サラダやパン、デザートなど、申し分のないものであり、わずかな時間に、料理長や若手シェフたちの連携プレイを楽しみながら食せるのも、ダイニングキッチンの醍醐味かと・・・。


▼パン・ド・カンパーニュ
DF1_4876


▼鱧、サーモン、コンソメのジュレ・・・サラダ
DF1_4865


▼抹茶アイスクリーム
DF1_4912



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/25 11:04 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp