ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

小雨の旧細川刑部邸

▼元気一杯のカメラマン

D60_8523


 小雨となった熊本市内。思い切って、雨天撮影用機材(NIKON D600+SIGMA 50mm廉価版 f1.4)を持ち込み、ポツンポツンと雨が降る頃を見計らって、旧細川刑部邸の入り口付近を撮影することにした。

 以前、ロゼッタストーンメンバーとの撮影会会場にもなった旧細川刑部邸。庭の手入れが行き届き、思った以上に、国内外からの観光客が足を運び入れる。今回は、京都から4人ほどの若い女性の姿も見受けられたが、中には、高齢者のカメラマンがプロ顔負けのコスチュームでシャッターを押していた。

 同邸は観光施設としては地味な方である。しかし、何といっても庭園とその建物が素晴らしい。特に、紅葉の季節となれば、石畳の真っ直ぐに伸びる小道が、和の空間をぐっと引き立ててくれる。特に、雨の日のリフレクションがたまらない。

 温暖化により曖昧な四季の移り変わりとなってしまった熊本市。平野部では色鮮やかな紅葉を見ることが少なくなってきている。同邸正門近くの大きな銀杏もてっぺんから葉が落ちてしまい、そこは2羽のカラスの火の見櫓と化していた。

 個人的に大好きな旧細川刑部邸。小雨にも関わらず、熟年夫婦やカップル、そして若い女性が次から次へと、夕刻というのに足を運んでくるのだった。

 レンズにたくさん雨粒が付着してしまったけれども、夕刻、そして小雨。・・・この柔らかな光を求めて撮影するには、手持ち撮影であれば明るいレンズをお勧めしたい。思ったよりも色乗りも良く、柔らく射し込む光の演出に、シャッターを押すのを忘れるほど、同邸の庭木や長塀は素晴らしい。

 ちなみに、撮影した時間帯は、午後4時前後であった。

D60_8533


D60_8547


D60_8566


D60_8604


D60_8606


D60_8611



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/11/15 04:16 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp