ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » restaurant

ホテル文化に学ぶ(5)

▼西田親生が語る「ホテル文化と食文化」
nishida


<肌で感じる文化発信基地>

 連載5回目は、「肌で感じる文化発信基地」である。

 ホテルのホテルと言われる帝国ホテルが、120年以上の長きにわたり、「文化発信基地」として君臨してきたことは周知の事実。ディナーショー、ブライダル、ショッピングモール、直営レストラン、バイキング料理、シャリアピンステーキ、ホテルメイドの洋菓子などなど、枚挙に遑がないほど、国内津々浦々まで新しい文化を常に発信してきた歴史がある。その影響のほどは絶大なもので、そこから欧米化の波が各地に浸透し、西洋式ホテルが次から次へと生れたことになる。

 高級ホテルやリゾートホテルへ足を運び入れると、玄関に入った瞬間に、黙っていても、その歴史や伝統の重みがダイレクトに肌で伝わってくる。カルチャーショックという安易な言葉では表現できぬほど、鳥肌が立つほど、瞬間的に、その魅力が突き刺さってくるのである。

 写真は、筆者が足繁く通うレストランやスタッフ、その他施設を撮影したものだ。一般家庭では見ることができない、珍しい高級家具、漆器や陶磁器、キリッとしたスタッフのタキシード姿、夢のようなチャペルやウェディングドレス、何を食べようかと迷ってしまうほどバリエーション豊かなバイキング料理群、極上黒毛和牛を焼く鉄板、鉄製フライパンで作られるふわふわのオムレツなど・・これらの写真では説明できないほど、「ホテル文化と食文化」がずっしりと詰まった「館」の存在に腰を抜かしてしまう。それが、高級ホテルが「文化発信基地」と言われる所以でもある。

 バイキング料理のシーズンとなれば、圧倒的にファミリーや会社関係の団体が多い。子供たちは、夏場はオシャレな浴衣を着て、両親、祖父母と一緒に連れられ、キラキラ光る料理群に目を丸々として、体全体で喜びを表現する。たまにはお行儀悪く、走り回る子供たちもいるが、段々とその雰囲気に触れ、知らずの内に、左手に持った器に、上手に料理を盛って運ぶようになる。無言の躾と言うべきか、子供たちの適応力は素晴らしい。

 筆者が今回「ホテル文化に学ぶ」と題したのは、書籍やネットでググって有り余る情報を入手したとしても、それは、単なる机上の空論。実際にホテルに足を運び入れることで、本物のホテル文化を学べることになる。しかし、大した経験もないまま、饒舌にもホテル文化を語るコンサルも巷にいるが・・・百聞は一見に如かず。上質のホテル文化を直接肌で感じれば、グローバルスタンダードが身に付き、価値観がじわじわと変わって行く。

 勿論、高級シティホテルやリゾートホテルもまた、「文化発信基地」としての立場は、思いの外、重責であることは言わずもがな。


▼熊本ホテルキャッスルのブライダル
bridal1


bridal2


800_4136


▼ホテルオークラ福岡の鉄板焼さざんか
shoku12


shoku13


▼熊本ホテルキャッスルのバイキング
D60_5371


D60_5545


▼クラシックタイプのオムライスを作る料理人
800_1177


800_3302


▼皿やコップを片付けるギャルソン
800_4036


▼熊本ホテルキャッスル11階からの眺望(熊本城ライトアップ遠景)
D60_6210


▼熊本ホテルキャッスル会員制クラブ「エルドラード」
800_2441



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/10/16 12:00 am

閉店前に思うこと・・・

D60_2808


 取材に出かけても、この猛暑の中では、長時間の野外撮影は辛すぎる。全国各地で熱中症や水の事故などが多発しており、残念ながら、多くの方々が命を落としている。よって、仕事で外出したとしても、空調がしっかりとしている市内ど真ん中のシティホテル、つまり、最高の避暑スペースとして滞在させていただく訳だ。

 お陰様で、駐車している車の管理も、馴染みのベルボーイさんたちが、しっかりと盗難や当て逃げから守ってくれる。更に、貴重品や命の次に大事な機材なども預かってもらえる。本当に有難いことである。これだけの施設を維持管理するのは並大抵なことではないが、レベルの高いシティホテルというのは、私にとっては頼り甲斐のある存在・・・取材基地となっている。

 また、猛暑となると、食中毒が一番怖い。新鮮な食材、出来立ての熱々の料理をサーブしてくれるので、安心して食事を楽しめる。これだけのセキュリティーの高いセイフティゾーンで仕事をさせていただくことに、心から感謝する次第である。

 前置きが長くなったが、上述のようなこと考えながらぼーっとしていたら、いつの間にか、ホテル内のレストラン閉店の時間まで30分となっていた。オーダーストップ後に、若手シェフが一人で黙々と厨房の清掃に取り掛かった。先ほどまでずっと燃えていた火が消され、厨房に降り掛かった1日分の油や汚れを、せっせと掃除している。

 暑くなったコンロの上に水を掛ければ、一瞬に湯気が立ち込める。我々は厨房から耐熱ガラス板で仕切られたホールで涼んでいるのだが、思ったよりも厨房の中は灼熱地獄なのだろうと・・・。

▼閉店前の掃除をする若手シェフ(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)
D60_2890


D60_2871


 さて、帰る準備をしようと思ったが、魚料理を食べたのは良いが、会話が楽しすぎたのか、また、お腹が空いたような感じとなり、最後の写真の蓮根サクサクの「キーマカレー」をテイクアウトすることにした。

 自他共に認める食いしん坊であるのは間違いない。しかし、美味しいものを美味しく食べれる時が一番幸せなのだろうと。・・・本日のランチが楽しみとなった。

D60_2813



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/8/6 12:07 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp