The Rosetta Stone Blog

タグ » restaurant

カレー三昧!

1CA6AC36-E321-4A7F-B649-A16524363F1F


 最近カレーばかりを食している感があるが、アンチエイジングと認知症予防に効果があると言うので、その刺激を楽しまさせて頂いている。

 この一週間を振り返っても、泥武士の薬膳宝牧豚のカツカレー、熊本ホテルキャッスルの栗豚カツカレー、そして三日前は自宅にてカレーを食した。

 本日も性懲りも無く、熊本ホテルキャッスルに無理言って、カキフライカレーを食すことに。カキフライのジューシーさと、キレの良いカレーが、最上のランチのひと時を!

 ご馳走さまでした。


▼ロゼッタストーン公式サイト
http://www.dandl.co.jp/Link

       

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/13 02:08 pm

泥武士 with Matsu(22)新メニュー

D75_4543


 あっという間に9月が過ぎて、そろそろ10月が見えてきた。・・・食欲の秋である!(ちまたは暑いが)

 昨日足を運び、泥武士 with Matsu(松嶋敬治料理長)から新メニューの披露があった。それは、(1)豆腐と牛の冷しゃぶ、(2)海鮮と砂肝のエスニック薬膳鍋、(3)宝牧豚の薬膳カツカレーライスの3品。

 先ず、(1)豆腐と牛の冷しゃぶについて。見た目よりも、とにかくさっぱりしている。やや酸味と辛味のあるソースが美味しく、食欲をそそるサラダ仕立てであった。

 (2)海鮮と砂肝のエスニック薬膳鍋は、春雨、えび、しめじ、いか、砂ずり、しいたけ、パプリカ、セロリ、白菜、三つ葉などの食材がふんだんに使われており、中国料理であれば高級壷煮込みスープのようだ。春雨の食感と、鷹の爪やニンニクの薬味がいい味を出していた。

 最後に、(3)宝牧豚の薬膳カツカレーライスについては、ある程度、予想はしていたものの、豚肉の旨味が十分に引き立つカレールーであり、今週になってカツカレーを3種食したアシスタントフォトグラファーは、「これが一番、断トツに旨い!」と感心していたようだ。

 さて、10月からメニューが変わる食事処も多かろうが、是非、泥武士 with Matsuへも足をお運び頂き、健康に拘った料理群を堪能されては如何だろうか。


(1)豆腐と牛の冷しゃぶ
D75_0202


(2)海鮮と砂肝のエスニック薬膳鍋
D75_0234


(3)宝牧豚の薬膳カツカレーライス
D75_0325


▼店内は既にハロウィンモード
D75_0175



◎泥武士 with Matsu公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/dorobushi/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/9/29 01:03 pm

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp