ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » iPhone

最高のものへの拘りを・・・

▼写真はイメージ(拘りの料理:細川/熊本ホテルキャッスル)

DFD_8589


 久しぶりに、古びたiPhoneを眺めていた。iPhoneを最初に手にしたのはSoftBankが発売した時だったが、それから、docomoも5年遅れで発売に踏み切った。今まで何種類のiPhoneを購入したか忘れてしまったが、少なくとも2社のiPhoneを5台か6台使ってきた。勿論、iPhoneはスティーブ・ジョブズの拘り抜いた「芸術品」の一つである。

 ここで、1984年まで遡り、初めてMacintoshを手にした時の事を振り返ってみることにする。当時、Macintoshは、徹底したヒューマンインターエフィスを格納し、世界のパソコンに多大なる影響を与えた。当時のお洒落で解りやすいマニュアルブックやフォントなど、比類なき規格外の「芸術品」であった。

 しかし、最高の物づくりへと突き進むジョブズの拘りは際限なく、逆に分厚いマニュアルブックを不要とした「芸術品」を作り出した。それが、iMacであり、iPhoneの前身となるiPodである。特に、iPodは、音楽をカセットテープで購入し、ウォークマンで楽しんでいた時代を、完全にひっくり返すことになる。

 音楽のメディアも、レコードからカセットテープ、そしてCD、MDへと移行したが、ジョブズの本物への拘りとイノベーションの速度に追いつけず、結局は、iTunesの登場にて、音楽業界もメディアも一変したのである。・・・不沈戦艦SONYの戦略が、にわかに弱体化していった。(ジョブズはSONYと組みたがっていたのだが・・・)

 Macintoshの影響を受けて、WINDOWSのOSも模倣に走る。ボタンだらけのガラケイもiPhoneのようなスマホに変身し、iPadを模倣した他社タブレットがわんさとパソコンショップに陳列されるようになった。しかし、どれを見ても、悲しいかな、ジョブズの模倣にしか過ぎない。

 「Think different」をキャッチフレーズに動き出したApple Inc.は、瞬く間に世界の巨大企業となり、姫林檎を齧ったロゴマークが、世界ブランドとして、エンドユーザーの心を轟々と音を立てて引っ張っていく。常にシンプルでコンシューマー満足度を見据えて開発に臨んだジョブズの大偉業である。

 筆者も、プロとしての仕事に就いてはいるものの、「最高のものへの拘り」が微塵でもあるか否かを自問自答してみると、情けないやら、答えは「ノー」となる。それなりに「最高のものへの拘り」を持ってはいるが、まだまだ完成度が高いとは言えない。

 しかしながら、ジョブズの偉業を何度も何度も思い浮かべるだけでも、体全体が熱くなってくる。ボルテージがどんどんと上がってくる。妥協を許さぬ商品開発から、卓越したプレゼン能力、更に、ファションブランド商品を販売するようなアップルショップと・・・ジョブズの「完全主義」に圧倒されながらも、体の芯から勇気付けられる。

 末筆ながら、筆者がApple信仰者となったのは1984年だが、起業して心を強く揺さぶられたのは、1991年に出逢った恩田英樹氏(フォーカルポイント株式会社創始者)の存在である。それから既に28年が経った。3年半前の熊本地震の時に、同氏から逸早く「心配メール」が飛び込んできた。本当に有り難く、安堵したのだった。


▼写真はイメージ(拘りの料理:細川/熊本ホテルキャッスル)
DFD_8627


▼写真はイメージ(拘りの料理:細川/熊本ホテルキャッスル)
D75_6746



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/9/16 03:24 am

機械ものは壊れる・・・

IMG_6563


 1週間ほど前のこと、電話中に左耳が急に熱くなったので、電話終了後にiPhoneを見たのだった。何と、表面液晶部分の上部が捲れ上がってきて、内部が覗き込めるほどに開いていたのだった。これは2年2ヶ月前に購入したiPhone5S(docomo)である。4年は壊れないと思い込み安心していたが、こんなに早くバッテリーが膨れ上がり、液晶部分が捲れるとは予期もしていなかった。

 もう1台のiPhone(SoftBank)も3年以上経っているので、同じような現象が起こると業務に支障があると思い、SoftBankのショップへ行ってiPhone 6Sに、更に、ドコモショップへ行ってiPhone SEに交換することにした。正直言って、携帯ショップに行くのは、時間の無駄でもあり大嫌いなのだが、仕方なく2日ほど無駄な労力と経費、時間を費やすことになった。

 現在のスマホは、10万円前後。それが2年程度で壊れては、ちょっと考え込んでしまう。毎月の契約料も含めて、10万円のスマホを2年縛りで購入すると、1年間に20万円ほどが吹っ飛んで行く。仕事柄、2台を保有しているので、40万円もの通信費を負担せざるを得ない。これでは、国内の通信キャリア数社が儲かるばかりで、消費者への負担は一方的なものとして、通信費の見直しなど、国からの指導をより強力にすべきではないかと思った次第。

 パソコンでも、今は10万円〜20万円ほどで購入出来る。大切に使っていると5年ほどは十分に動くのだが、それを考えるだけでも、携帯電話の商売が一番儲かる仕組みとなっていることに対して、国の指導が弱いのは如何なものかと・・・カルテルでも?と疑ってしまうのである。

 そうしている内に、テーブルに置いていた3台の一眼レフの1台NIKON D600(フルサイズ機)が、テーブルから落っこちてしまった。勿論、原因は筆者にある。テーブルに足を置いて、ちょっと居眠りをしていた時、足が1台のカメラストラップに掛かり、その勢いで、重い1眼レフカメラが軽々と放物線を描いて、すっ飛んで行った。ガツンと何か嫌なことがした。思った通り、ミラー部分が半開きの状態となって、撮影不能となってしまったのだ。

 以前、同じようにNIKON D800を落としたことが2度あるけれども、流石に頑丈に作ってあるのか、それは今も元気いっぱいに活躍してくれている。砂塵にも強く、防滴なので、砂漠でも水辺でも温泉でも問題なく撮影できる強者である。しかし、D600は元々曰く因縁の商品のようで、発表まもなくリコールがあり、すぐにD610が出たので、なるほどと頷いてしまった。

 機械ものは、特に精密機器は、よほど慎重に取り扱わなければ、簡単に壊れてしまう。だから、壊れるのを覚悟で、サブ機を数台もつ必要があるのだが、精密機械であるからこそ、カメラの取り扱いは用心すべきだったと反省している。よって、近場のカメラ専門店にD600を預け、修理をすることにしたのだった。下手すると数週間は戻って来なさそうな・・・。

 機械ものの良さは、壊れても修理ができたり、古くなり動かなくなっても、それに見合う新しいものを購入することができる。しかしながら、デジタル時代となり、デジタルデータを壊したり紛失してしまうのが、一番ショックが大きい。それは、復元不能となった場合、どんなに札束を積んだとしても、データは蘇ることがない。よって、バックアップを常に行う癖をつけなければならないと言うことだ。

 今回、次から次に起こった機械ものの故障や不具合。・・・かなりショックも大きく、無駄な労力に疲れもあった。ただ、常にサブ機を保有し、仕事に支障がないようにしていたので、それはそれとして、普段の慎重さが功を奏したような気がしてならない。


IMG_6565


IMG_6570


DFD_6652



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/8/28 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp