ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » PHOTO

昨日の取材・・・

S__5382149


 前日は、落雷が相次ぐ中、家の屋根や道を叩きつけるようなスコールに見舞われ、熊本市北部では冠水するところもあった。しかし、本日は打って変わって、真っ白な雲が浮かび、ジリジリと太陽光が射し込む、夏の空となった。

 高台から、その青空と白い雲々を写し、それから昼食をとり、MINI KUMAMOTOへ足を運んだ。オイル交換の時期ではないが、どうもエンジンの回り方に違和感を持ったので、早めのオイル及びフィルター交換をすることにした。

 店内に展示してあるNEW MINI。1200ccのMINI ONEがあり、何とターボ搭載で、3ナンバーと言う。10年ほど前に、ROVER MINIをBMWが買収し、新しいコンセプトで開発された現在のMINIだが、元々はレースカーでもあり、ダカールラリー4連覇を果たしている強者だ。

 名前はMINIだが、すでにMINIの大きさやパワーを超え、1200cc、1500cc、2000ccとバリエーションも豊富となり、特に、トルクが大きいディーゼルエンジン搭載のMINI CROSSOVERは魅力的な存在となっている。

 以前も35mm単焦点レンズ1本を持ち込んでの撮影を行い、MINIらしいオシャレさが漂う数台の展示車を撮影することに・・・。

 数ある車の中で、この車の小洒落さに勝る車はないと言っても過言ではない。突然変異のように進化したMINIの各車を覗き見ると、太めのステアリングを握り、急に試乗したくなったのである。・・・実は、ちょろんと1200ccのMINI ONEを敷地内で運転してみて、そのスムーズさに驚きの色を隠しきれなかった。かなり、進化している!

D60_1504


D60_1529


D60_1511


D60_1543



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/11 02:35 am

接写実験・・・

▼カルティエ グリッド世界限定 250本

DSC_0623


 昨日、Facebookの投稿を見ると、知人が素敵なワンショットをアップしていた。それは、植物と水滴。グリーン一色の世界に、周りを映し込む可愛い水滴が付着している。

 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=102791730053123&set=gm.370958656427742&type=1&theaterLink

 その美しい写真に触発されて、周囲を見回したが、自宅に居たので、時計しか頭に浮かばず、それらを接写して心を鎮めることにした。

 写真上は、腕時計の裏側の透けた部分の精巧さが美しいので、それを撮ってみた。DXフォーマットのカメラに、NIKKOR 60mm Microレンズを装着して撮ったものの、こんな感じかなで終了。

 また、写真下は、筆者が大嫌いな三脚を用いて、スローシャッターで撮影することにした。ストップウォッチの長針や秒針などの動きがブレを写す実験である。ISOを最小に設定したい。DXフォーマットのカメラは100が限度で、その100に設定。絞りはレンズの明るさを見ると、F2.8なので、そこまで明るくないので、f7程度に絞って実験。これは、通行人のメインを若干ブラして、周囲の時間を止めたような撮影に使えそうである。

 最後の写真は、単に手持ちで接写したもの。ソフィ・タカヤナギで入手した、頑丈なダイバーウォッチだが、今もしっかりと元気に生きている。


◎ソフィ・タカヤナギ公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/sophy/Link

 油断していると、腕時計というものは汚れまくってしまう。日頃から、使ったらすぐ拭く、使わないときでも、たまにはリューズを巻いて動かし、手入れすることが必要だ。以前、ある人の腕時計を見たら、真っ黒に汚れていたので、その場でクリーニング。見る見る間に、新品となってしまうのだ。・・・めでたし、めでたし。

▼ティファニー(旧タイプ)
DSC_0662


▼オリス ダイバーウォッチ
DSC_0586



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/4/26 09:13 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp