ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » Clubhouse

久しぶりの「Clubhouse」で大爆笑!

dandllogo


 本当に久しぶりに「Clubhouse」の「D&L地域揺り起こし」の部屋(会員のみ参加可)を立ち上げた。

 立ち上げた瞬間に入ってきたKさん。3ヶ月ぶりだろうか、近況の情報交換から始まり、笑いが止まらぬ状態が続いた。Kさんは、巨大企業の幹部であり、これまで、米国、ヨーロッパ、そしてアジアとグローバルに動いてきた遣り手である。

 昔々の家電商品を思い出しながら・・・黒電話のダイヤル回しの話から、白黒テレビのダイヤル、そして洗濯機などに話が進み、物作り日本の絶好調の時代を思い浮かべながら、今後の日本を占うことに。今の日本の危機管理能力のなさと教育レベルの低さという結論に至った。

 戦後復興から、勤勉なる日本人が築いた経済大国・日本。ある時は、「エコノミック・アニマル」とまで揶揄されるほど、他国にとっては、一目置かざるを得ない経済復興を成し遂げたのであった。ところが、今やアジア諸国からも置き去りにされそうな気配となっている。

 当時の民主党の「何故2番ではダメなんですか!?」発言から、国内の経済は鈍化し、国際競争では負け戦ばかりになってしまった日本。それでも尚、今の日本は強大な国力を持っていると勘違いしているのが、平和ボケした、低民度の人たちである。

 現在、筆者としては著作権侵害の被害(国際的な犯罪)に遭い、気持ちとしては落ち込んでいるものの、Kさんとの会話で、面白おかしな話として笑い話と化したのである。民度が低ければ、その常識の尺度は狂ってしまう。よって、著作権侵害事件が多発するのだろうと。

 Kさんとの会話は2時間を超えてしまった。互いに実際に会っていないけれども、胸筋を開いた会話により、真実が分かったり、見解の相違が上手い具合に縫合されたり、とても貴重なる会話ができて、心はすっきり爽やか。

 筆者のスタンスは、「常にガラス張り」。虚栄なんぞ不要であり、大風呂敷も要らぬ世話である。年齢差や世代なんぞ全く意味もなく、敬愛の念を大前提として、人として膝を突き合わせて話し合う。それが、一番価値のあるヒューマンコミュニケーションであると考える次第。

 「やってる感」を一所懸命アピールする人も多いが、それは遣っていない事実を語るよりも癖が悪い自己アピールとなる。物事の核心に触れる以前に前座が長ければ、フォーカスが暈けてしまい、何事も人の心に伝わることはない。だから、単刀直入にさらっと話せばよいだけのこと。

 胸筋を開くというのは、警戒心がある人や自分に自信がない人はなかなかできるものではない。胸筋を開く場面で、あれこれと言い訳をしながら、屁理屈をこねると、無駄な時間ばかりが経ってしまう。そんな不自然なコミュニケーションでは、今夜のような楽しい話が飛び出すはずもないのである。

 何はともあれ、今夜の「Clubhouse」は、部屋をスタートして5ヶ月が経つ中で、最高に充実した時間であった。(Kさんに感謝である)


clubhouse-02


clubhouse-01



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/7/3 12:00 am

工藤エレナ・・・地域揺り起こしの申し子

▼左から、工藤宏樹さん、エレナさんと子供

hiroki-elena


 次世代のSNSとして1月23日に日本上陸した「Clubhouse」。その中で、筆者が設置した「D&L地域揺り起こし」の部屋に入り込んできた工藤エレナさん。以前の記事でも取り上げたが、初対面の印象は、戦闘ヘリ・アパッチに搭載しているバルカン砲のように破壊力抜群の美女であった。

 ロシア生まれで、4歳の時に会津に舞い降り、それから28年間会津弁を語るロシア人として、ちょくちょくマスコミに取り上げられ、今や、全国区で「地域揺り起こし」の申し子の如く、奥秩父で蜂蜜酒(ミード)の蔵づくりに情熱を注いでいる

 パートナーは、工藤宏樹さん。二人の子供に恵まれ、現在、彼女の我儘!?に耳を傾け、蔵づくりへまっしぐら。奥秩父における「地域揺り起こし」大玉の花火師の如く、緻密な計画の上に、蜂蜜酒の酒蔵お披露目まで、秒読みの段階に入った模様。

 いつもの事ながら、前置きが長くなったが・・・

 実は、昨日夕刻にテレビのスイッチをONにすると、彼女のドアップの顔が飛び出してきた。会津訛りの標準語で、やや恥ずかしげなトークが続いている。現在進めているビッグプロジェクトである蔵づくりの「蔵」のドアが開き、酒蔵内部へと・・・。

 内装もほとんど完成しているようで、後は事務手続きだけが残っているのだろうと。観入っていると、人気ニュースキャスターのホラン千秋さんと、高校時代の同級生として彼女が紹介されたようだ。彼女はマスコミによく取り上げられるが、なかなかの軍師。

 3年前も、老舗番組「○○さんいらっしゃい」に夫婦で出演している。先般、YouTubeの公式サイトで何度も拝見して、二人の馴れ初めやらが面白く、じっくりと楽しませていただいた。それから僅か3年、彼女の眼差しは、夢実現に向けて、突き刺さるほど白く光る。

 話は前後するが、筆者「Clubhouse」の部屋、特に、「D&L地域揺り起こし」の部屋は、実際、国内外からメンバーを厳選させて頂いている。その中でも、脳内回転が高エネルギー加速器のように反応する彼女だったので、今回の実像動画に、なるほどと頷いたのだった。

 番組が終了し、彼女へホラン千秋さんへのメッセージが素晴らしかった事を伝えると、「ダイエットが間に合わん!」とFacebookグループ「Clubhouse.J」(非公開の筆者のグループ)に書き込みがあった。この切り返しが彼女らしく、すこぶる笑えるのである。

 
elena-01


▼ミードの原料となる蜂蜜
elena-02


elena-03


elena-04


elena-05



◎ネクタル公式サイト
 http://nektar.jp/Link
◎Twitter
 https://twitter.com/nektarjpLink
◎Facebookページ
 https://www.facebook.com/japanesemead.nektarLink
◎楽天
 https://www.rakuten.co.jp/elena-sake/Link

▼工藤夫妻が目指す蜂蜜酒(過去記事)PDFファイルダウンロード
https://www.dandl.co.jp/club/nektar.pdfLink
kudohusai



--------------------

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/24 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp