ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 黄金色

一粒の米・・・

▼鹿本町の水田
800_5805


 稲穂が頭(こうべ)を垂れ始めたので、再度、鹿本町付近の水田で取材をすることにした。以前は緑一色だったのが、じわじわと黄金色が際立ち、近々収穫されるのを知っているかのようだった。

 頭を垂れた稲穂の米一粒を見ていると、幼い頃に祖父や祖母より厳しく躾されたことを思い出す。ちょっとお膳にこぼした一粒の米。「御百姓さんが丹精込めて育てつくったお米を、粗末にするんじゃない!」と、何度も叱られた。お茶碗に二、三粒こびり付いても、間髪入れず指摘された。

 しかし、現在のコンビニ弁当など、賞味期限を過ぎれば、さっさと廃棄されている。花見の後の公園のゴミ箱には、食べ残したご飯が山のように積まれており、野良猫たちがご相伴に預かっている。

 そんなこんなを思い出しながら、鹿本の平地一帯を絨毯を敷き詰めたように覆う稲たちを撮影して行った。空にはモフモフした可愛い雲があちこちに浮かんでいた。鷺たちは、田んぼの稲穂の間に急降下して、餌を突いている。スネイキーに曲がりくねった小川には、クレソンが自生しており、素晴らしい自然の構図を描いていた。

 米を食べるて、いつも思うことは、「日本人でよかった!」である。深夜に小腹が空いている時に、卵と納豆を熱い白ご飯にぶっかけて食べると、この上ない満足感に浸るのである。よって、地球がひっくり返ろうが、「日本人で・・・・!」である。

 御百姓さんが一所懸命育てた一粒の米。今からも、大切にしなければならない。


▼用水路
800_5818


▼モフモフした雲
D75_4841


▼千田川上空を飛ぶ白鷺
D75_4921


▼千田川
D75_4850


▼玄米ご飯
gohan



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2016/9/27 03:57 am

実りの秋・・・

DF1_6717


 熊本県でも日本一の米をつくりだす処がある。その菊池市七城町界隈の農道に立ってみた。

 少しずつ、緑一色の地域に、黄金色が混じってきている。延々と続く稲穂の絨毯を、十分に堪能させて頂いた。車外に出ると、何とも言えない稲の香りに包まれてしまう。日本人で良かったと、何度も思う瞬間だ。

 米の美味しいレストランは、食欲が倍増するというもの。筆者がよく足を運ぶステーキハウス淀川などは、すこぶる米が旨い。季節によって、産地を変えてまで、その米にこだわるステーキレストラン。・・・だから、足繁く通いたくもなる。

 用水路を跨いで覗いて見た。菊池川の恩恵がここにある。冷たくて透き通った用水路の水。鷺たちも、この水のおかげで、美味しい餌を頂ける訳である。

 今回は鷺の姿は遠目には見えたものの、台風の影響もあり、塒にでも戻っていたのだろうか。近くで、アマサギやシラサギを撮影することはできなかった。また、稲穂が黄金色に輝く頃に立ち寄りたいと・・・。


DF1_6718


DF1_6721


DF1_6722


DF1_6725


DF1_6730


DF1_6731


DF1_6738


DF1_6741


DF1_6742


DF1_6743



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2016/9/8 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp