ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 遡上

青鷺の魚獲り・・・

▼写真は900mm相当の超望遠レンズで撮影
500_1410


 青鷺は魚獲りの下手な鳥だと思っていた。特に八景水谷公園の青鷺は天下一品に下手である。ところが、和水町にある堰を縄張りとする青鷺は、とても野生的で、遡上する魚が飛び上がる瞬間を狙って、次から次へと魚を獲るのである。

 豪雨で水嵩が増し濁流となれば、その日は食いっぱぐれることもあろうが、日頃は、釣りで言えば「入れ食い」の状態。本日も、遡上する魚を数匹呑み込み、空腹で落ち着かぬ五位鷺を尻目に、さっさとその場を去っていった。

 写真の青鷺は、飛び上がった瞬間の小魚の尻尾を掴んでしまったようだ。ブルンブルンを振り回しながら、徐々に呑み込む準備をしている。じっと見ていると、本能とは不思議なものだと再認識する次第。魚の掴み方、咥え方、そして頭から上手く呑み込む方法を、誰からも教わることともないのだから・・・。

 撮影した場所(和水町)には、これからあまり行くことはないけれども、帰り際にパトカーが近づいてきて、「ここは何かのメッカですか?」と、非常に漠然とした分かり難い質問があった。二人の警察官は笑顔だったが、バズーカを抱え汗まみれの筆者を不審者とでも思ったのだろうか!?・・・確かに、筆者を遠目に見ると、ボーガンのような武器を持ち歩く輩がいて、フェンス越しに何かを狙っていると、勘違いされたのかも知れない。

 人相は悪い方だとは思わないが、妙に違和感だけが残る、警察官からの問い掛けだった。


500_1415


500_1431


500_1432


500_1433


500_1436


500_1442


500_1448


500_1452


▼取材風景
D60_7682



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/6/30 02:14 am

和水町の鷺たち・・・

SAGI


 鷺と言えば、最近は、熊本県和水町の肥後民家村近くを流れる菊池川の堰へ足を運ぶことが多い。

 熊本市内からは、国道3号線を北上し、植木I.C.より高速を通り、菊水I.C.から現地へ向かえば、僅か35分程度で到着する。ちなみに、普通車の高速料金は片道320円。これが時間的には、一番近道であろうかと・・・。

 今回は天候は良かったが、暑すぎるのか、堰に立つ鷺の姿は数羽程度だった。対岸近くでじっとしているハシビロコウのように、じっと動かない青鷺。堰を遡上する小魚を突きまくる小鷺や鴨が、目の前をチョロチョロしていた。

 持参したレンズが70-200mmだったので、NIKONのカメラ設定をFXからDXへ切り替えて、フルサイズ換算の300mm程度で撮影したものの、距離が遠くて、なかなか画面いっぱいの迫力のあるシーンが撮れなかった。(当然のことである)

 しかし、APS-Cサイズで250mmを装着したカメラを持ったアシスタント・フォトグラファー(AP)は余裕綽々。初のアオサギのフライトも難なく撮影に成功。最近、めきめきと力を付けてきており、フォーカスも出来るだけ手動を試みていたようだ。

 何はともあれ、日々自然に親しみながら、熊本県内各地の隠れた観光資源を露出させることが目的なので、今回の取材も納得の行くものとして、Behanceなどへも写真をアップした次第。

 最後に、取材における何よりの楽しみは、「取材ランチ」。今回は、人気レストラン「わさんたらんか」へ行き、激辛のスリランカ料理(ドライカレー)とメキシコ料理(チキンブランソース)を平らげ、大満足となった。


▼APが撮影したもの
AP


▼「わさんたらんか」で食した取材ランチ
WASANTA



▼堰でじっと獲物を待つ青鷺


◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2016/11/6 03:43 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp