ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 天体観測

常に変わることのない白月・・・

moon1


 今年は、コロナに始まりコロナに終わるという、嵐のような1年間だった。夜空を仰ぐと、満月前日の月が輝いている。うっすらと霞が掛かっているので、明日は雨が降るかと思い、十五夜前日の姿を撮すことにした。

 生まれてこの方、数十年の長きにわたり白月を見てきた訳だが、月の姿は全く変わることもなく、地面に朧げなる影を落としてくれる。地震があろうが、台風が来ようが、川が氾濫しようが、我関せずのお月様である。

 天体に興味を持ったのは、確か小学校4年生の頃だったと記憶する。倍率が150倍程度のアストロ望遠鏡を手にして、サングラスを装着しては太陽の黒点を、ムーングラスを装着しては月のクレーターを観察していた。

 時には、ベランダで毛布に包まり、土星や木星を捉え、寒空を舐めるように眺めていた時期。当時、高額なフィルムカメラ時代なので、子供にとっては入手不可であり、望遠鏡で捉えた天体映像を写真に収めることはできなかった。

 このように天体に魅せられ夜空を見ていると、この地球上で日々報道されている、事件や事故などが如何に小さなものなのかと思うばかりとなる。中でも、人災の典型的な犯罪については、すこぶる不毛であり馬鹿らしくなる。

 特に、パワハラ、セクハラ、ストーカーなどの卑劣な悪行や、虚言による名誉毀損、債務不履行、機密情報漏洩、隠蔽工作、難癖による加害者の正当化等、後を絶たない。どれもこれも、虚言で逃亡を図る輩ばかり。

 そんな愚行、蛮行を、お月さんはどのように見ているのだろうかと、たまに考えることがある。恋は盲目というように、純愛を一生貫く人たちがいる。そんな純粋な心を持った人たちを見て、お月さんは微笑んでくれるのだろうと。

 組織内で闇世界を作り、コソコソと自分の足元ばかりを気にする輩がいる。虚言を発し、経営陣の動きにより、右へ左へと傾いている。正しく、無能なる弥次郎兵衛さんである。天文学的に見ると、ゴミ屑みたいな存在である。

 これが人間の本性であり大人の世界だと語る人も多い。それは民度の低さが起因しているものであり、皆が皆、卑劣なる人間ではない。私見であるけれども、常日頃から、立派な人たちの方が圧倒的に多いと考えている次第。

 如何せん、厚顔無恥なる人たちは、己の正当化のために、手段を選ばず、明らかに矛盾したものを、あたかも整合性があるかのような論調にて豪語する。それは、日々赤恥をかき、己が「低民度」と言っている様なものとなる。

 人生において花を愛でたり、夜空を眺めたり、滝の水飛沫を顔に浴びたり、自然に優しく包まれるような人間であれば、不毛なる犯罪に手を染めることもなく、悔いなき人生を立派に全うできるのではなかろうか。

 畢竟、日頃から、己の「民度」のチェックが肝要となる訳だ。


moon2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/29 12:00 am

月の想い出・・・

500_1263


 初めて、月というものを拡大して肉眼で見たのは、小学校4年生の時だった。

 筆者が生まれた山鹿市には、当時、天文台(大型屈折望遠鏡)が存在していた。今は跡形もないが、その天文台を教えてくれたのは、2年先輩の幼友達だった。

 手元には高額な天体望遠鏡など無かったので、天体の本を手にして、太陽や太陽系の惑星についての知識を増やし、さらに星座にある環状星雲や暗黒星雲などの記事を読むたびに、子供なりに興奮していたものだ。

 それから1年半ほどが過ぎ、アストロ望遠鏡だったろうか、念願の屈折望遠鏡が手に入った。調べて行くうちに、ダイヤゴナルドプリズムや、サングラス、ムーングラスが必要であることが分かり、微々たる小遣いを貯めて、少しずつ揃えて行った。

 画用紙に大きく太陽や月を写し出しても構わないが、やはり、肉眼でしっかりと見たかったのである。

 写真上は、先日のスーパームーンの時に撮影したものを、敢えてコントラストなどの調整を行い、月のクレーターなどが鮮明に見えるように加工している。当時の望遠鏡は、このように大きく見えるはずもなかったが、初めて肉眼で捉えた月面は、今でも鮮明に覚えているほど、衝撃的な姿であった。

 それから、天文についての興味は加速度を増し、寒空の下で、土星のリングやガリレオ衛星の位置などを確認しては、諸手を挙げて騒ぎまくっていたことを想い出す。

 技術は光進音歩の勢いで、どんどん身の回りのものが進化して行く。今では一眼レフデジカメに超望遠レンズを装着すれば、当時の天体望遠鏡より遥かに大きく月を写せるようになっている。

 世界の技術革新をリードして来た日本。・・・現在、残念ながらパイオニア的な大企業が他国の企業に喰われる時代となったが、私利私欲ばかりで金ボケ、平和ボケしている悪玉菌(心無い経営者)は退職金無しでさっさと現役を去り、技術大国日本の再生に向けて、再起動する時が来た。

 イデオロギーや政党再編成、相撲界の暴力事件なんぞ、どうでも良い話である。・・・当時、子供達が情熱を傾注できた時代のように、子供達に夢と希望、そして多大なる可能性を与え、彼らが世界を再びリードできる土壌づくりに加速度を上げるのが先決ではなかろうか。

・・・先見塾より

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/12/9 10:53 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp