ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 塩分抜き

炭水化物や塩分を控える実験

▼夏の肥後てまり膳

800_3426


 今日は通常のレストランメニューにて、昔から存じ上げている医師のアドバイス通りに、炭水化物や塩分を極力除きながら食す実験を行ってみた。しかし、思ったように上手い具合にできなかった。

 最初は和食のランチである。まず、美味しそうなご飯の器に蓋をして食べない事に。お新香も勿論食べない。更に、刺身は最小限の醤油とワサビ多めで食す。焼き魚にはレモンだけをしっかり絞って食す。天婦羅には塩を用いず、コロモも削りながら天汁を少々つけて食す。旨そうな素麺があったが、断腸の思いで外す。吸い物も、蓴菜や胡麻豆腐をつまむ程度で、汁を一切飲まない。

 次に、午後3時頃にオヤツである。アップルパイを頼んだが、その中身のリンゴだけを食べて終わった。そして、フレッシュジュースを頼み、胃袋の中をお掃除。

 最後に夕食となり、ローストチキンを頼んだのだった。これまた塩分が強いので、できる限り、肉の中心部を食して終わる事に。皮目のカリカリの美味しいものを外すのが辛かったが、見て見ぬ振りをして、一日を、炭水化物や塩分を抑える食事の仕方の実験を終了した。

 まあ、いろいろやってはみたが、すごく無駄無理の多い、勿体無い食べ方となる。よって、徹底した健康食で日々を送るのであれば、完全別メニューで食事を作らねばならぬ事がよく分かった次第。


▼アップルパイ
800_3449


▼フレッシュジュース(リンゴ、オレンジ、レモン)
800_3432


▼ローストチキンと温野菜
800_3472



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2015/8/22 03:36 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp