ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 鹿央物産館

突然、ひまわり畑に遭遇。蓮の花を忘れて、ひまわりの花に夢中!

himawari2022-001


 この季節は、鹿央町(熊本県山鹿市)の鹿央物産館にある古代蓮園の蓮の花。蓮の花は午前中が見頃だが、いつも同館に行くのは午後4時頃なので、いい感じの花が撮れない。

 ところが、今回、古代蓮園の道向かいに、ひまわり畑が出現。今まで見たことはないと記憶するが、背丈が揃ったひまわりの花々が咲き乱れている。そして、異様にミツバチが群を成していたので、少々鳥肌気味にて撮影をする。

 通常ならばミツバチを追うけれども、余りの多さにレンズを向けることなく、ひまわりの花のみに集中。逆光気味だったり、花がちょっとあっち向いているので、畑に足をそっと踏み入れて、体をよじらしての撮影。

 先日、菊鹿町の番所でも可愛いカエルを見掛けなかったように、炎天下、古代蓮縁のカエルたちも何処かに隠れて、静まり返っている。車に戻り、エンジンを掛ける。外気温が40度と表示されている。車のどの辺の温度を測っているのか良く分からないが、熱中症になるのは当然に思える。


himawari2022-002


himawari2022-003


himawari2022-004


himawari2022-005


▼Obscura Photo Club(Facebookグループ)
https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link
----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/10 12:00 am

梅雨入り、そして、見頃の紫陽花・・・

ajisai2022-001


 数ヶ月ぶりに足を運び入れた鹿央物産館。数ヶ月前の大雨で、山手の道が土砂崩れのために通行止め。迂回して行かねばならない。

 山鹿市鹿央町(熊本県北部)は、スイカやメロンなどの特産物があり、同物産館には、年中、四季折々の野菜やフルーツ、米、そして地元の菓子などが販売されている。

 古代蓮や水蓮のファンも多く、蓮の花のシーズンには早朝より写真愛好家が多く訪れ、撮影後に、同物産館のレストランにて、お婆ちゃん手作りの健康的でリーズナブルな朝食を楽しめる。

 先般梅雨入りした熊本県内だが、紫陽花の花々の見頃となっている。紫陽花は、雨が止んだ後に撮影すると、とても色気のある花であるが、本日は晴天のため、木陰に隠れるように咲く紫陽花を探しながら撮影に臨んだ。

 数年前に遭遇した、野うさぎ。ピョンピョン跳び回りながら、落ち着きなく、周囲を見回す野うさぎ。確か、木製の階段を上り、100メートルほど先に現れたと記憶する。しかし、今日はその姿はなかった。

 撮影機材の組み合わせは、Nikon一眼レフ本体とSigma 50mm f1.4である。ボケがとても美しい明るいレンズなので、どうしても日向では撮りたくはない。30分ほどの撮影を終え、熊本県装飾古墳館手前で左にUターンして、駐車場に戻った。

 ポッケに1000円札が一枚入っていたので、新鮮野菜でもと思い、ミニトマト2袋、大玉の玉ねぎ5個、にんじん3本をゲット。生産農家直売のものが多く、とてもお安い値段設定である。

 自宅からもっと近ければ、毎週買いに来ても良いのだが、帰りの国道三号線の渋滞は想像を絶するほど慢性化している。今回も、往きは35分、帰りは1時間弱掛かってしまった。とても、国道三号線とは言えない状態だ。


ajisai2022-002


ajisai2022-004


ajisai2022-003


ajisai2022-005


ajisai2022-006


ajisai2022-007


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2022/6/18 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp