ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 鯉

蝉の声に、鼓膜が揺れる!

▼水辺プラザの小さな橋の工事中
DFD_8523


 水辺プラザ(熊本県山鹿市鹿本町)に立ち寄った。薄曇りだが、紫外線はやけに強い。よって、木陰を狙い、蝉の声を追ってみた。

 蝉の声に、鼓膜が揺れっぱしと思っていたら、木の幹の下方で鳴いている蝉がいた。ちょうど、人間の目線の高さくらいのところで、じわじわと上によじ登りながら、鳴いては足を動かし、よじ登っては鳴いている。

 アブラゼミを間近に見るのは、数十年ぶりだろうと。よく見ると、ルビーのような小粒の単眼が3つ、それを挟むように複眼が2つある。何とも奇妙な生き物に感じてしまった。まあ、ハエトリグモの8つの目よりも可愛いが・・・。

 上内田川沿いを歩いていると、小さな発見がある。今日は雨のために川の水が濁っていたのは残念だったが、可愛い野草にも出会うことができた。しかし、半袖のシャツを突き通す勢いで汗が出始めた。これは、危険。さっさと車に乗り込んで、エアコンを最大にして水分補給をすることにした。


▼上内田川沿いで見つけたアブラゼミ(無数に居そうだ)
DFD_8553


DFD_8588


DFD_8668


DFD_8732


DFD_8599


DFD_8768


▼取材ランチ(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)
DFD_8495


DFD_8468


▼取材風景
D60_0347



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/26 12:00 am

心安らぐ、八景水谷公園。

500_9037


 いつ立ち寄っても、八景水谷公園は筆者にとって格別なところである。野鳥がさえずり、鯉が跳ね、遊歩道では犬の散歩やウォーキングを楽しむ人たちが多く訪れる。

 実は蓮の花が気になり足を運んだのであるが、まだ咲き始めであった。しかし、葉が密集しており、水面に映り込む美しい姿を撮影するには少々無理があるようだ。

 撮影途中に電話による打ち合わせが入り、撮影が中途半端に終わってしまったことが本日の反省点だが、アシスタントはトンボ2種を追いかけ、いつの間にか筆者の3倍ほど撮影していたようだ。

 撮影はメンタル面が重要なファクターなので、どうも最近スランプに陥っているのかと、自問自答したのであった。その原因はよく分かっているものの、近頃、理不尽極まりない事に二度直面したので、その凹みもあろうかと。

 人はなぜ平穏無事の内に、物事を進めないのだろうか!?実に不可思議である。軽々な言葉で突っ走り、約束を守らない人もいる。また、某行政サイドの人間の高圧的な言葉で、老夫婦の余生が脅かされるような、事件性の高い話も耳に入ってきたのだった。

 八景水谷公園の写真をBehanceにアップすると、外国の方が「あなたの写真を見ると、その公園が如何に美しいのかがわかる!」とコメントを残してくれたが、人はこのように自然に触れることで、日頃のドロドロしい自分自身を浄化できるのではなかろうかと。常に神頼みの都合の良い人もいるが、自然に勝るものはこの世にはない。


500_9110


500_9129


500_9132


500_9133


500_9138


500_9088


▼取材風景
D60_5039



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/18 03:22 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp