ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 躾

猿より始末に負えない生き物・・・

▼湧水池で水遊びをする子供

hakenomiya-02


 湧水池が多く点在する熊本市及びその周辺。中でも、熊本市北区にある八景水谷公園は、熊本市第一号上水道として、現在も熊本市民の生活を支えている。しかし、30年前と比較すると、水位が下がり、地震の影響で景観も悪くなった。

 擁壁工事が続けられ、特に、東側の壁面は人口的なコンクリートで覆われ、野鳥やら花々やらを撮影するにも、背景が白けたり灰色になったり、気づかぬ内に、八景水谷の小さな自然が壊されて行くばかりとなる。

 写真は、ここ数年で撮影したものだが、以前は、子供たちの水遊びも自然に溶け込み、被写体として絵になった。また、野鳥も住み慣れた湧水池で遊んでいたが、最近は、野鳥の種類も数も激減しているようだ。

 広々とした公園管理は想定外に大変なことだが、管理側に負担を強いるのではなく、利用する人たちのモラルが重要なポイント。時折、空き缶やペットボトル、弁当の空箱、ビニール袋などが捨てられている。

 ポイ捨てする大人は、躾がなされていないのか、育ちが悪いのか、デリカシーがないのか分からないが、ポイ捨ても十分環境破壊に繋がってしまう。小さな自然をボロボロにして、子供のお手本になるのだろうか!?

 コロナ禍の中、緊急事態宣言が出されても、人様のことなど考えず、また、足を踏み入れた地域の方々の生活に支障をきたすことも気にならぬ輩が多すぎる。彼らは、目の前の事象を「対岸の火事」と思い込んでいる。

 人種はたくさん居るが、脳種は人の数ほど存在する。要は、人様に迷惑を掛けねば、環境汚染も迷惑行為など、事件も事故も激減するに違いない。人間は、躾や教育を受けねば、猿より始末に負えない生き物であるようだ。


▼日本版 STAND BY ME
hakenomiya-01


▼湧水池の王様「大鷺(だいさぎ)」
hakenomiya-03


hakenomiya-04



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/7 12:00 am

「人様に迷惑を掛けない」が鉄則・・・

josui-3


 生き人形ではなかろうかと思えるような「赤子」の人形が目の前に。聞けば、「瑞観作」という。はち切れんばかしの美しい肌の質感。圧巻は、目線の先の母親の姿さえもが想像できるような、愛くるしい「眼」である。

 人は、このように乳飲児で免疫力を無くした頃から、全てに無防備でもあり、最も脆弱な存在となる。しかし、言葉を覚え、喋り出し、知恵が付いてくる頃から「人格」というものがじわじわと備わってくる。

 よって、「人格形成」にとって、この乳飲児から離乳、そして免疫力を無くした段階が一番重要なのではなかろうかと思える。しかし、大人になるにつれて、無力なる可愛い「赤子」が、それが極一部の人間だとしても、何故に、妙な「輩」に豹変するのだろうか。

 ちゃんと挨拶をしていた子供が、礼節を無視した行動をとっている。虫も殺さぬ優しい子供が、人を殺めて刑務所に収監される。読書好きな大人しい子供が、一般道を爆走している。きっちりとルールを守っていた子供が、公道で酔い潰れている。

 随分昔のことを遡って、記憶を紐解いてみた。幼稚園当時の子供の頃の話だが、既に、上に立ちたがるボス的存在も、可愛子ぶりっ子する子供も、人の話など聞かず喋りまくる子供も、嘘つきやずる賢い子供など、所謂、十人十色であった。

 「子は親の背中を見て育つ」と言われるように、既に、幼少期において、個々人の人生におけるベクトルがある程度定まっているのだろうと推察するのである。更に、環境の変化などで色んなバリエーションの「人格」が確立して行くのだろうと。

 勿論、幼少期における育った環境も家族の躾なども大きな影響があると考えられるが、人間(動物)の本能として備わっている「群れ」や「差別」、「優劣」、「虚栄と自慢」など、大人になればなるほど外に向けて放出するようになる。

 異端児を悪くは思わない。また、悪いとも言いたくはない。ただ、異端児がクールな存在だと自負したいのであれば、人間社会のルールを守り、じっくりと演技されても宜しかろうと。ルールとは、「人様に迷惑を掛けない」が大原則であることを認識すべきである。

 実にシンプルだが、「人様に迷惑を掛けない」が理解できるのであれば、誰しも法により裁かれたり、恨まれたり、面倒なことになるはずはない。しかし、それが理解できない人は、老人になっても醜態暴走が止むことはなく、情けないが、愚かなる人間のまま最期を迎えることになる。


human-baby


suzume


karas



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/4/25 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp