The Rosetta Stone Blog

タグ » 熊本ホテルキャッスル

伝統的なビジネスランチ・・・

▼白身魚の辛味炒め
D75_1251


 既に数十年通い続ける、熊本ホテルキャッスル 四川料理 桃花源。写真のように、見るからにマウスウォーターが出てきそうな、ピリ辛の本格的な四川料理。特にウィークデイの「ビジネスランチ」は圧巻である。

 今回ご紹介するのは、「四川麻婆豆腐」と「白身魚の辛味炒め」。そもそも同店のビジネスランチは、昔からほとんど変わらず。数種のメインディッシュから1つを選び、それに、ご飯、スープ、サラダが付いているもの。

 新聞社の頃を思い出すと、数人で足を運び、別々のメインディッシュを頼み、それをシェアリングして数種に舌鼓をしながら、御構い無しにご飯のお替りをしていた。当時は、同ホテルの傍には熊本日日新聞社、九州電力などがあり、多くのビジネスマンが足繁く通っていた時期があった。残念ながら、現在は、その頃のスーツ姿のビジネスマンは少なくなっている。

 しかし、同店のファン層は厚く、開店当時から通い詰める高齢者も健在であるところが素晴らしい。ただ、いつも思うことだが、何故に同ホテルには「レディスランチ」がないのだろうかと、首を傾げてしまうのだが、これだけの本格四川料理を提供するのだから、もっと多くの女性たちにも知ってもらいたいものである。

 軽い風邪など一発で吹き飛ぶ四川料理・・・是非、お試しあれ!


▼四川麻婆豆腐
D75_1256


D75_1246


D75_1255



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/16 10:53 am

優しい四川料理のランチを食して・・

850_1910


 久しぶりの、四川料理 桃花源(熊本ホテルキャッスル地階)。筆者のグルメ研究の中で、特に中国料理の原点となるのが、同レストランである。

 最初に足を運んだのは、37年前の春。当時のランチ八百円は、結構高かった。しかし、食欲旺盛なビジネスマンにとっては、薄給なれども、お替り自由で何杯もご飯のお替りできたのだから、すこぶる有難いランチへ感謝したものだ。

 当時の料理長は、齋藤隆士氏。現在の同ホテル代表取締役である。それから、同レストラン料理長は、善家氏、川上氏と受け継がれ、現在、四代目として早川氏が腕をふるっている。

 実は、筆者が食した四川料理は、二代目料理長の善家氏の料理が圧倒的に多く、それが、筆者の中国料理のスタンダードとなった。特に、乾燥アワビのステーキやフカヒレ姿煮などのソースは絶妙な味わい・食感で、現在でも善家氏が作る料理群が頭の中を駆け巡るくらいだ。

 よって、小生が書き綴って来た小冊子「如水 II(シェフとの出逢い)」、「如水 III(逸品一筆)」に掲載している中で、中国料理のジャンルでは、善家氏を取材した料理写真ばかりがずらりと並んでいる。

 遅ればせながら、今回食したランチは、四川料理にしては意外に優しい料理だった。早川料理長となり僅か1年足らずではあるが、37年前の桃花源のオリジナリティは、多少、喉越しや按配が異なるものの、少なからずともその精神を確実に受け継がれているように感じた次第。


850_1914


850_1918


850_1919


850_1924


850_1926


850_1928


850_1935



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/2 02:45 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp