ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 温泉プラザ山鹿

商売気のない、さかえラーメン。

ramen


 さかえラーメン。熊本県山鹿市の温泉プラザ山鹿1階にある老舗ラーメン店である。最近、取材前のランチタイムに足を向けることが多くなった。同店は、古典的な山鹿ラーメン(熊本県山鹿市)と言える。グルメに関しては人それぞれに好みがあり、「これこそが!」とは断言はできないが、同店の良さは、商売気が全くないことである。

 例えば、筆者が「ラーメン、餃子、ホルモンの煮込み、そしてオニギリ!」と言えば、「それは多すぎるから、ラーメンと餃子程度にしませんか?」と、女将の言葉が飛んでくる。本日も、いつものラーメン、餃子、ホルモン煮込みの三品を注文するつもりだったが、結局、女将のススメで、ラーメンと餃子の二品で我慢した。

 ラーメンの麺と具を食べ、美味しいスープをゴクゴク飲み始めると、また女将が「太るので、スープは三分の一程度の方がいいですよ!」と。兎角、ラーメン店と言えば、威勢が良く、仏頂面の職人が湯切りを行なっているところを連想してしまう。しかし、そこまで格好つけたパフォーマンスなど意味がない。客としては、ちょうど良いスープの温度にて、コシのある麺の喉越しを楽しみ、柔らかチャーシュー、濃厚な豚骨スープまでを完食すると、至福の極みとなる訳だ。

 蛇足だが、同じ山鹿市内にある他のラーメン店など、注文を取る以外に会話が全くない店もある。瞬間的に二度と行かぬ店リストに入れてしまった。観光地であれば、それなりに客との楽しいコミュニケーションは必須なのだが、時代錯誤なのか、バブル時代と変わらず、胡座をかいた、サービスの悪い店が残っているのも否めない。

 折角、外食をするのであれば、笑顔が絶えない店の方が、料理も数段美味しくなるのではと・・・・・。


sakae1


sakae2


sakae3


sakae4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2018/3/21 04:16 am

遊び心あるフランス製の眼鏡

DFD_8251


 久しぶりに、温泉プラザ山鹿3階にある「眼鏡のOCHIAI」へ足を運んだ。用件は、先般修理をしてもらった眼鏡の微調整であるが、店主が珍しいネオンのような眼鏡を掛けていたので、そちらに眼が行き、つい撮影をすることに・・・。

 写真上は、フランス製のJ.F.REYというブランドの眼鏡だが、フレームの内側がブルーに透過しており、ネオンのような光を放っている。正面から見ると、ほとんど黒っぽいブルーに見え、とても遊び心ある眼鏡だった。例えば、ベルギーのブランドで、左右非対称で有名なtheo(テオ)にも劣らぬものだろうと・・・。

DFD_8257



 また、以下の写真は米仏が融合したような、フランスのブランドTRACTIONの面白い眼鏡を紹介してもらった。一つはオクタゴン、他方はオーバルである。すこぶるアーティスティックなデザインで、カジュアルでオシャレな逸品である。

 視力が良いのが一番であるが、近視だったり遠視だったり、乱視だったりと・・・人それぞれに悩みが尽きない。しかし、眼は人間の五感のなかでも重要なものであり、軽視すると、事故にあったり、ミスをたくさんやったりと、侮れないものなのだ。

 日頃からお世話になっている、眼鏡のOCHIAI。次回はどんな眼鏡を見せてくれるか楽しみだが、預けた眼鏡は美しくピカピカになって戻って来た。

 最後に・・・眼鏡も身だしなみの一つとして、筆者は日頃から洗浄する癖をつけている。洗浄用スプレーもあるけれども、一番良いのは中性洗剤で優しく洗い流し、柔らかな布やレンズ専用ペーパーにて拭き取っている。レンズが曇ったり、フレームやつるの部分に汚れが付いていると、土が付着した革靴を履いているようなもの。・・・気をつけたいものである。


DFD_8281



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)・・・熊本県第1号WEBサイト
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/22 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp