ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 法事

比類なき、旬味百珍のお得感。

DFD_0426


 ランチタイムに、2500円(税別)。我々の普段の取材ランチと比較すると、やや高めに感じる。しかし、「四季の味 やまもとや」の月替わり数限定メニューの「旬味百珍」は、テーブルにサーブされた瞬間に、「え、こんなに沢山?安いし!」と誰しも思ってしまう。

 今回、12月も後半になり、今月の「旬味百珍」は外せないと思い、二度目の試食をさせて頂いた。すき焼きに目がない筆者だが、そこへ、刺身、天ぷらのてんこ盛り。同店人気の「松花堂」の3倍ほどのお得感がある。友人も、この写真を見て、「食べたい!」と呟いていた。

 料理は料理人の心が伝わるものでなければ、どんなに高級食材を使ったとしても、旨くはない。胡座をかいて、仏頂面にて「俺の料理はどうだ!」と言い放つ、民度の低い料理人の料理は見たくもない。「四季の味 やまもとや」の料理は、そこが違う。人柄の良さが料理全面に滲み出ている。

 今回は、白ご飯の写真がないことにお気づきだと思うが、極上の鯖を使用した「松前寿司」があったので、敢えて外したのだった。「松前寿司」については、昨日の記事にて紹介させて頂いた。諄いようだが、この10年間を振り返っても、この「松前寿司」に勝るものは無かった。

 近日中に、同店の「仕出事業部プロジェクト」の詳細記事を掲載する予定だが、これも地域の方々のみならず、遠距離対応のケータリングシステム構築を想定内に、今後、加速度を上げて動き出しそうな気配。・・・乞うご期待と言ったところである。





DFD_0441


DFD_0439


DFD_0453


▼極上の鯖を使用した「松前寿司」
saba


DFD_0394



▼チラシ提供:「四季の味 やまもとや」
matsumae



◎四季の味 やまもとや公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link
 〒861-2231 熊本県上益城郡益城町安永575-2 TEL: 096-286-2017

◎四季の味 やまもとや過去記事
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

------

◎ランチメニューダウンロード(8.4MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/lunch.jpgLink
◎ディナーメニューダウンロード(9.1MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/dinner.jpgLink
◎懐石料理・宴会プラン、土・日・祭日スペシャルランチメニューダウンロード(8.5MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/special.jpgLink
◎懐石料理・弁当申込書JPGダウンロード(3.4MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/order.jpgLink

文責:西田親生

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/19 12:00 am

恐るべし、小さな花々の力・・・

800_7971


 足繁く通う、ホテルレストラン。週替わりで、テーブルフラワーがご挨拶。その花の彩りや香りにて、サーブされてくる料理が、すこぶる引き立つ。写真上のように、リーズナブルでこってりランチでさえも、テーブルフラワーの力で、ぐっとゴージャスさが付加される。

 筆者が子供の頃は、棒を振り回し、走り回り、暴れまくりの毎日だったので、カメラに興味があろうとも、まさか、大人になって花々の写真を撮るようになるとは、想定外のことである。夏休みの自主研究の宿題では、「押し花」を作ってくるのは女子に決まっていた。

 そんなやんちゃな時代を思い出すと、テーブルフラワーや山野草にレンズを向ける瞬間に、少々恥ずかしさが脳裏を過るのは否めない。ただ、撮影を重ねて行く毎に、花々は四季の移り変わりを、私たちにそっと教えているのだろうと、最近は考えるようになった。

 話を戻して・・・テーブルフラワーが飾られている食事処は、花や花器のチョイスにより、品格が無言の中に伝わり、そのオーナーの日頃からの料理への拘りや、美的センスが伺い知れると言うことになる。よって、食事処にとっての花々は、必須アイテムの上位に位置するものとなる。

 以前、小笠原流礼法宗家の小笠原忠統氏のご自宅(東京)を訪ねた折に、座敷欄間近くに、早朝に川の塘で摘んだという野草の小さな花についてお尋ねした事があった。小さな花でも、広々とした座敷の空間を一瞬にして変えてしまう力がある。同宗家のお話を拝聴しながら、その花を見て、鳥肌が立ったことを思い出した次第。

※故 小笠原忠統(おがさわらただむね)氏
 小笠原惣領家第三十二世(伯爵)

▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏のテーブルフラワー

800_7935


850_9391


850_0270


▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏の入り口左手の大作
850_9414


▼四季の味 やまもとやのテーブルフラワー
 http://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link
500_2956


600_9962


800_5718



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/3/4 03:51 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp