The Rosetta Stone Blog

タグ » 水の都

超ワイドレンズの魅力・・・

▼Nikon D600+24mm(菊池川)
D600-24-105-f4-3


 熊本は世界でもトップクラスに入るほど、水に恵まれたところとして、杜も多く住みやすい。米所としても有名だが、それは美しい水ありき、そして適度な寒暖の差が美味しい米を作っている。・・・そんな水に恵まれた熊本県北部を撮影してみた。

 広々とした景色を切り撮るには、超ワイドレンズが必要だ。1枚の写真に大量の情報がぎっしりと詰まってくる超ワイドレンズは魅力あるものだが、なかなか使いこなすまでのレベルには達していない。

 本来ならば三脚を使用し、じっくりとスローシャッターで撮影したいもの。しかし、なかなか、そのじっくりと時間を作るのが下手なのか、気が短いのか、三脚を車に積んではいるものの、今まで積極的に使用することがなかった。

 どうしても、手持ち撮影でどんどん突き進んでゆくタイプなので、御多分に洩れず、これらの写真は全て手持ち撮影となっている。理想は、スローシャッターでの創作活動を行いたいというのが本音である。

 写真をご覧いただければ、美しい水、澄み切った空、鮮やかな緑が三位一体となり、肉眼で見るより遥かに美しい絵面となってくれている。しかし、超ワイドレンズの魅力が出ていない。よって、これからはその特性をしっかりと学び、じわじわとスキルアップに努めようかと考える次第。


▼Nikon D800+20mm(山鹿市鹿本町の田園風景)

404 File Not Found

▼Nikon D800+20mm(山鹿市鹿本町の田園風景)
Df-20mm-manuallens-2


▼Nikon D800+20mm(菊池市の竜門ダム湖)

404 File Not Found

▼Nikon Df+15mm(山鹿市鹿本町の田園風景)
D800-15-30mm-1



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/20 04:03 am

花岡山より望む熊本市街地・・・

DFD_7812


 生まれて初めて花岡山の仏舎利塔に足を運んだのは、幼稚園の卒園遠足だった。ほとんど覚えてはいないが、カトリック系の幼稚園なのに、何故に仏舎利塔なのかが分からなかった。現在は、仏舎利塔周囲の風紀はあまり良いとは言えず、本日のように空気が澄んだ昼間に、仏舎利塔近くの展望所から市街地を撮影するために立ち寄る程度に考えている。

 ・・・と言う事で、十数分間の滞在の中で、花岡山より熊本市内の南部、熊本駅周辺、東部、そして北部を撮影することにした。南部は八代方面へ続く新幹線ルートが一望できる。足元には、駅近くに建っている高層マンションが突き出している。東部の遠景は、何と阿蘇外輪山である。更に、北部は川の流れが遠くに見えるが、筆者としては、水と緑、生活環境などを考えれば、北部が好みである。

 撮影している途中に、バイクやファミリーカーが何台も駐車場にやって来た。景色を楽しむためだろうけれども、実は、ここからの熊本市街の夜景は素晴らしいと聞いたことがある。残念ながら風紀が良くないので、夜景だけを撮影するためにわざわざ足を運び入れようとは考えたことがなかった。

 1年3ヶ月前に大地震で揺れに揺れた熊本市内ではあるが、本日の景色を見れば、津々浦々で、日々復興に向けて動いている「波」を感じた次第。水の都、杜の都の熊本市。政令都市ながら、すこぶる自然豊かで住み心地のよい処なので、一度も来られてない方があれば、是非、素晴らしい環境の中で、たらふく熊本名物の料理を食していただければと・・・。


DFD_7816


DFD_7825


DFD_7836


DFD_7875


▼本日の取材ランチ
castle


▼取材風景(花岡山)
D60_9734



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/18 12:34 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp