ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 村おこし

熱しやすく冷めやすい、日本人。

josui-3


 次世代のSNSと話題の「Clubhouse」だが、最初は三尺玉の大きな花火が打ち上がっていたが、日本上陸から2ヶ月も経った現在、一部は、線香花火のように縮んでいるところが増えているように思えてならない。

 直感的な捉え方で大変申し訳ないが、立ち上がる部屋の数が激減し、日々アクティブに動いている方々も見掛けたことがあるような名前ばかりで、飽きが来たのか、ちょこちょこと動き回っていた初心者マークや一見客の姿が見えなくなった。

 熱しやすく冷めやすい日本人らしくもあり、正直なところ、想定内の現象である。価値観は人それぞれにて、何が良い、何が悪いとは断言できないが、この新SNSを生かすか殺すかは、貴方次第。誰も教えてくれるはずもない。

 有名人に群がる人たち、それも結構な話である。酒を飲みながら遠隔にて宴会を楽しむ人たち、これも素敵な話である。心に迷いが生じ、同じような体験談をする人たち、これもまた心癒される話である。ただ、リアル世界に戻った瞬間、虚無感に苛まれることがある。

 2007年に日本上陸した仮想現実世界「SecondLife」も同様に、上陸時から2年ほどは、大手広告代理店を先頭に、大手メーカーが次々と参戦し、その周囲には一般のアバターが蟻のように群がって、お祭り騒ぎとなっていたことを思い出す。

 懐かしいかな、この「Clubhouse」よりも、遥か最先端を走る世界であった訳だ。しかし、その時も、大玉が打ち上がったと思っていた矢先、広告代理店やメーカーが退散し始め、現在、日本のユーザーなんぞ数千人もいないのではなかろうかと。

 ここで問題なのは、初めてお会いする方々を「友達」と安易に言ってしまいがちなSNS的価値観である。すこぶる「緩い関係」なのに、何故に、「友達」と言えるのか、筆者には理解し難い価値観として、今も尚、心の中で首を傾げるばかりとなる。

 特に、「SecondLife」では、自分の分身であるアバターの存在を介して、相手とコミュニケーションを取るのだが、相手のリアル世界の実態など知る由もない。その点、「Clubhouse」の方が、肉声のみであるものの、他のSNSを介して実態を把握することが可能となる。

 それでも、一部の人たちは、虚偽のプロフィールをしたためて、常に仮面の中からこちらを覗き込んでいる。声も「他所行き言葉」でトーンが高く、可愛い声やらアナウンサーのような声やらが飛び交うのである。しかし、それが実態なのか?否か?・・・非常に悩むところとなる。

 ただ、この「Clubhouse」に至っては、非常にシンプルな仕組みの中で、従来味わったことのない感覚に陥り、まったりする方も多いのではなかろうか。筆者も「SecondLife」時代と比較すれば、肉声と声帯の響きを感じれば、不思議なことに、その人なりの姿がくっきりと目に浮かんでくる。

 畢竟、このようなSNSにおいては、「仮面の告白」なんぞ聞く価値はない。よって、胸筋開いて、実寸大の人間像を曝け出す方々との接点が重要ではなかろうかと。しかしながら、パブリックな場で、それも大勢の中で、プライベートなことをクドクド話すのは耳栓もので、オススメするものではない。


▼既に散りさった今年の椿たち(八景水谷公園)
tsibalo-p-1


tsibalo-p-2


tsibalo-p-3


tsibalo-p-4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/3/29 12:00 am

Clubhouseの利用法・・・

dandllogo


 話題のSNS「Clubhouse」に招待されて、アプリをダウンロードし、先ず始めるのは、自分自身の名前やプロフィールの書き込みである。氏名については書き換えは一度しかできないので、そこは、アルファベットで記入するのであれば、ファーストネームとラストネームを。日本語表示にするのならば、ファーストネームのところに氏名を書き込み、ラストネームのところに会社名などを書けば良い。

 問題は、プロフィールのところである。第三者が相手のアイコンをクリックすると、プロフィールの「3行」だけが現れる。よって、プロフィールの最初の「3行」が重要な書き出しとなるので、その点をしっかりと理解して、自分の職種や趣味などを「3行」にまとめておくことをオススメする。更に、仕事関係や履歴詳細を時系列に書いたり、又は、新事業や店舗紹介などを、わかりやすく記述すれば良い。

 或る部屋に飛び込み、プロフィール写真が無かったり、猫やワンちゃんの写真やイラストにしていると、どうしても軽視される可能性が高い。更に、プロフィールが全く無ければ、「怪しい人物」ではなかろうかと、第一印象が悪くなるので、そこは、しっかりと書かれることが重要である。ただ、単なる遊び感覚、ゲーム感覚の方であれば、それは適当にされても構わないが、誰にも相手にされないことになる。

 「Clubhouse」では、他のSNSとして「Twitter」と「Instagram」との連動設定が可能であるけれども、それでもビジネスライクとなれば、会社や個人の特定なり信憑性なりが低いので、「Facebook」や「Linkedin」などに登録していない限り、仕事面での契約に至ることは、大変困難ではなかろうかと考える次第。勿論、日頃からの「Clubhouse」上での挙動が不振であれば、ブロックされるのがオチとなる。

 「Clubhouse」は思いの外規約が厳しく、「メモ禁止、録音禁止、本人の許諾なくして他のメディアへの情報転載の禁止」などが定められている。日頃から「他人の受け売り」ばかりで怪しげな商売をされている人、新興宗教の勧誘を目的とする人も少なからず、筆者自身が作った「クラブ・D&L地域揺り起こし」では、「出逢い系や新興宗教系、スピリチュアル系、似非コンサル系の方はご遠慮下さい。」と明記している。

 現在、当社としては、この「Clubhouse」上で良好なリレーションシップを持つ方々の取材を行い、詳細を他のSNS上で情報交換を行い、記事として連載している。今まで奥秩父、香港、京都、東京などのメンバーを記事にすることで、より双方の信頼関係を大きなものにしている。このようなベクトルで動くクラブ(部屋)は少なく、同参加メンバーは互いにガラス張りにて、日々心地よいコミュニケーションを交わしている。

 よって、本日、「D&L地域揺り起こし」のクラブの進化形として、「Facebook」のクローズドグループとして「Clubhouse.J」を新設し、つい先ほど、一部メンバーと、「Facebook」(クローズドグループ)上でもルームを設けて、ビデオ会議(キャラクタに変身可能)やチャット機能を試してみたところである。SNSはいつ仕様が変わるのか分からないが、最新機能を駆使すれば、コロナ禍の中でも仕事ができる環境をいくらでも作れる。

 ただ、どのようなSNSを使うのかは自由であるが、接点を持つ前に、必ず、相手を確認した上で、次のステップへ進まれることをオススメする。常に脇は固く、共通した目的を持って、安心安全な環境を保ちながら、素晴らしいヒューマン・コミュニケーションを維持されてはと。要は、民度の低い方々との接点は完璧に遮断し、無駄な時間を費やしたり、価値ある情報を無償にて垂れ流しされぬよう願えればと考える次第。


▼プロフィール写真の設定
clubhouse-c-3


▼プロフィール内容で重要なのは最初の「3行」
clubhouse-c-1


▼「3行」が表示されている状態
clubhouse-c-2


▼部屋を立ち上げたところの画面
clubhouse-c-4


▼独自クラブメンバーリスト画面
clubhouse-c-6



▼西田親生のプロフィール
(Clubhouse用)サンプル
※以下の文章量が限界。

D&L Research Inc. CEO💻IT企業戦略から🗾地域揺り起こし🍺商品開発🍩ブランディング⤴️販路拡大🍙食文化®️ロゴデザインなど、総合コンサルタント事業を展開。皆さんの「悩み解消❗️」を、IT歴26年、クロスメディアの👤職人・西田親生が✋サポート致します。

🍎新聞社を若くして去った理由
恋焦がれていたApple社製のMacintosh(1984年)に遭遇したことがきっかけで、マルチメディアに没頭し、起業することを決意致しました。タイポグラフィーを実現したMac(スティーブ・ジョブズの志)を、オフィス全体に配置し、Apple Talkで全Macを接続した当時のオフィス風景(1990年)は、壮観でした。

👁新たなメディアへの挑戦
・本格的CG動画供給(since 1991)
・Internet事業展開(since 1994)
・Podcasts番組制作配信(30番組以上)
・仮想現実世界SecondLife(since 2007)
・Facebook、Twitter(since 2009)
・Ustreamライブ番組制作配信(5番組)
・Behance作品集(since 2014)
・Instagram、Clubhouseクラブ運営など
※全てのメディアに精通。

🌇コンサル実績
・大手老舗ホテル総合経営顧問
・老舗旅館のイメージ戦略
・老舗美容専門学校相談役
・街場の老舗食事処商品開発
・自治体職員研修とシステム開発

🔥全国地域揺り起こし実績
・長崎県旧奈良尾町
 「トライアスロン in 奈良尾」
・熊本県旧久木野村ネット事業推進
・熊本城(大天守、小天守、宇土櫓)CG化
・チブサン装飾古墳CG化(山鹿市へ寄贈)
・芝居小屋 八千代座CG化
・鞠智城CG化
・愛媛県FAZシミュレーションCG化
・全国から凄腕人物紹介(現在進行形)

📚書籍発刊(私塾副読本/非売品)
・如水(1)起業編
・如水(2)グルメ開眼道
・如水(3)逸品一筆
・如水(4)吉村悌二の世界
・如水(5)写真個展開催記念

📷取材歴
・ザ・リッツ・カールトン東京
・帝国ホテル東京
・神楽坂くろす
・ホテルオークラグループ
・グランドハイアットグループ
・ホテルグランヴィア京都
・シェラトングランデ
・HILTONシーホーク福岡
・ホテル日航グループ
・熊本ホテルキャッスル
・イタリア縦断取材
・ホテルハスラー(ローマ)
・山鹿市(歴史遺産と食文化)ほか多数

📺テレビ出演&報道🗞新聞雑誌
・NHK熊本放送局
・RKK熊本放送
・TKUテレビ熊本
・KKT熊本県民テレビ
・英字新聞Evening News正月版
・日経産業新聞
・読売新聞
・西日本新聞
・熊本日日新聞
・電波新聞OAビジネスパソコン
・キヤノン関連雑誌 ほか多数

🍱国内最後の「満漢全席」主催者

🌳ベクター(Clubhouseの部屋)
思考深度を掘り下げ、フォーカス鋭く、イメージをリアライズ。ブレーンストミングで、新たなベクトルを見出す部屋です。下手な鉄砲数撃っても当たるはずもありません。

遣る気のある方のみが結集するこの部屋で、皆さんの夢を開花させては如何ですか。但し、出逢い系や新興宗教系、占い及びスピリチュアル系、似非コンサル系の方はご遠慮下さい。

拘りは、「嫌われるコンサルタント」。「御用コンサルタント」では、改革も改善も見られず、湯水の如く、コンサル料が嵩むばかり。所謂、「似非コンサル」の見分け方等もお教えします。

👤講演・委嘱
熊本県マルチメディア第三セクタ設立委員、熊本電工団地設立委員、(財)日本鉄板焼協会特別顧問を歴任。ほか、東京(銀座・虎ノ門)、大阪、滋賀、長崎、佐賀、熊本(熊本ホテルキャッスル・ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ)、熊本県商工会連合会、熊本大学全学部教授会、RKK新年基調講演会、NTT熊本部長級講演会、熊本青年会議所IT講演会など、数多くの講演会で講師を務める 。

📖履歴詳細
1990年10月1日、新聞社を経て、ディー・アンド・エルリサーチ株式会社を創立。九州でも逸早く本格的なマルチメディア事業を展開。NHK、NHK衛星放送、関西テレビ、九州朝日放送、その他全国のテレビ局レギュラー番組や特別番組のタイトルCG製作を手掛ける。 

愛媛県FAZ建造物、秩父滝沢ダム、九州新幹線誘致、九州国際ハブ空港、大分県瓜生島沈没、チブサン装飾古墳、9万年前の阿蘇カルデラCGシミュレーションや、企業・自治体のテレビコマーシャル動画制作など、数多くの実績を持つ。 

1994年インターネット黎明期に、ネット事業に着手。1995年8月22日に、熊本県第1号のポータルサイト「ロゼッタストーン」を開設。1996年1月に、朝日新聞EveningNews(英字新聞)元旦号にて、小松左京氏、孫正義氏、田島陽子氏らと共に紹介される。

現在、先見塾(特別講座、ヒューマンウェア、ホテリエの各研究会)を主宰し、常に最先端技術を駆使したメディア融合を推進。ユビキタス時代における、企業IT戦略のサポートを積極的に行い、更に、商品開発やロゴデザイン制作、ホテル・レストラン「BtoC」戦略など、総合コンサルタント事業を展開している。 

🎸趣味
全国地域揺り起こし、グルメ、旅行、一眼レフカメラ、書、車、ギター、英会話ほか。 

🌏ディー・アンド・エルリサーチ株式会社 
D&L Research Inc.(since1990) 
CEO & President 西田親生
(Chikao Nishida)
熊本県山鹿市出身 
https://www.dandl.co.jp/Link

✒️公式WEBサイトの構築(再構築)、公式WEBサイトとSNSとの連動、SEO対策を完全サポート。マルチメディア黎明期からクロスメディア時代、現在のSNS時代まで培ったノウハウを惜しみなく提供致します。🖋 🖋

文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2021/3/28 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp