ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 新型コロナウイルス

当事者意識の欠如がもたらすコロナ愚策・・・

josui-3


 新型コロナウイルス感染対策への危機感が緩み、日常の報道への慣れが、更に危険な緩みに繋がっている。人の生死に関わる緊急事態を察知できる人と、全く無頓着な人がいる。年末年始の恒例行事ばかりに拘り、世界的な感染症パンデミックを軽視、無視するのは、危険極まりない。

 また、感染症対策もアクセルとブレーキの組み合わせと、漠然とした、あやふやで生温い対策では何の解決にも至らず、この「コロナ生き地獄」が長引くばかりとなってしまう。勿論、人権を最重視しなければならないが、例のアプリは、何の役にも立たない。よって、白か黒かの「罰則」ありきで統制を図る必要がありはしないか。

 偏った業種支援策など、湯水の如く無駄に税金が流れ出るばかり。政治家の「当事者意識」が如何に欠如しているかは、これまでの数々の愚策(アベノマスクなど)で明明白白。更に、ボッタクリ悪徳商法店の高額家賃まで、何故に税金を投入するのか理解に苦しむ。情けないことに、生死の境界線で命を掛けて医療に従事している方々を、感染予防や治療の単なるツールや駒として見ている、非礼なる政治家もいるほどだ。

 何事も他人事。人として恥ずかしくはないのかと、声を大にして物申したい。菅新政権に期待していたものの、浮き足立った現状に直面し、愕然とするばかり。その政策には重みも切れ味も皆無に等しい。全てに身勝手でアバウトだから、国民へ、特に若い人たちへのメッセージは届かない。致死率が高い高齢者を救うか否かは、全ての日本人の「民度」に関わっていると言っても過言ではないが、これも等閑(なおざり)になっていないか。

 世界各国の新型コロナウイルス感染対策は千差万別。こればかりは納得行かないのが、スウェーデンなどの政策を見ていると、極論ではあるが、人口政策の一環として、映画ソイレントグリーンのように、高齢者を葬るための卑劣な裏技なのかと、腑が煮え返るばかりとなる。

 最後に、アベノマスクの無駄遣いを顧みれば、50ルーム程度のホテルが何棟も建ってしまうほど。また、地球全体が危機に瀕しているにも関わらず、姑息にも、ワクチン開発にて巨万の富を得ようとしている国々は、人命よりも商売優先なのかと、開いた口が塞がらない。


cow



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/1/3 12:00 am

GoToキャンペーンは、お客のモラル次第・・・

goto


 各GoToキャンペーン(トラベル、イートなど)が継続中である現在、日々、新型コロナウイルス感染者が加速度を増して急増しているのは間違いのない事実。これは、コロナ感染対策に対する店舗や宿の認識と、空気を読めないお客の認識との格差によるものだ。

 政府と専門家の対応策も歯車が噛み合わず、政府と各自治体との責任の擦り合い。経済を優先するのか、コロナ殲滅を優先するのか、アクセルとブレーキと言えども、初手から当事者意識に欠ける政府高官の愚策の連続でしかない。

 全てに税金が遣われる訳だが、その使途に偏りがあり、経済を優先する対象が余りにも範囲が狭く、多種多様な企業や店舗に対して公平さに欠ける。先ずは、数百億円を投じた「アベノマスク」の失態からスタートしたのも記憶に新しいが、失笑するばかりとなる。

 熊本県も御多分に洩れず、あちらこちらでクラスターが生じている。国内を見ていると、人口密度が高いところや有名観光地で感染者が急増しているが、観光立県として中途半端な熊本県では、感染対策を怠る深夜の飲み屋(熊本市)や大勢の宴会(山鹿市)でクラスターが発生しており、愕然とするばかり。

 気の緩みと言えばそれまでだが、世界中が大パニックになっているにも関わらず、対岸の火事として、他人事として、モラルなき行動を採るから、当然の如く、クラスターが発生する訳だ。子供でも分かるような理屈をも理解できない民度の低さは、恥ずかしさの境界線を逸脱している。

 写真群は、新型コロナウイルス感染対策をしっかりとしている熊本ホテルキャッスル(熊本市)、松島観光ホテル岬亭(上天草市)の各施設や料理の写真ほか。手指消毒用のアルコールから最新式の検温機、更には、レストランなどに高性能の空気清浄機などが、既に設置されており万全だ。

 トイレなども入る前にも出た後のにも手指消毒ができるようになっており、各スタッフも、コロナ禍によるニュー・ノーマルに即応できる体勢となっている。しかし、これほど受け皿側がコロナ対策をしているにも関わらず、危機感のないお客の方が多いように思えてならない。

 各GoToキャンペーンが経済後押しの起爆剤となり、成功裏に動くには、お客側がモラルをもって、外食するなり旅行なりを楽しむ必要がある。ここで、税金遣って旅行に行く人や外食を楽しむ人たちよりも、この危機的状況下で、どこにも行かぬ賢明な人たちの方が、圧倒的に多いことを知るべきだ。

 税金の払い戻しのようなキャンペーンだから、遊びまくって感染したり、旅行先でスーパー・スプレッダーになってもらっては洒落にもならない。医療従事者たちが、旅行や外食も家庭の事も歯を食いしばり耐えている。感染リスクの恐怖に直面し、命懸けて仕事をしている方々へ、感謝の意を忘れてはならない。

 経済最優先を豪語するのは、医療従事者を愚弄するばかりか、接待を必要とする店舗の売り上げアップに繋がるばかりで、理不尽極まりないと言っても過言ではない。報道ニュースを見る度に、「やはり、日本人は本当におめでたく、平和ボケだ!」と言いたくもなる。

 夜の帳に遊びに行けず、酒を飲めないからと言って死ぬことはない。旅行慣れして余裕のある方々は、別にGoToトラベルを利用してツアーに参加することなど皆無。全額自腹を切って、周囲に迷惑が掛からぬような旅を楽しむのである。流石に、税金を無駄遣いすることもない。

 結果的に、日頃から旅慣れぬ人たちがどっとGoToトラベルを利用する率が高く、「旅の心得」や「ホテルの利用法とエチケット」などの認識は高いとは言えない。「金を払って来てやってるんだ!」的な、横柄な態度をとる人もよく見かける。理解に苦しむほどの「勘違い」となる。

 「レストランにて食事中は静かに、食後の会話はウィズ・マスクで!」が当然のルール。更に、必要以上に長居をせぬことだ。高級ホテルや宿の利用に慣れぬ人、高級レストランに慣れぬ人は、自宅感覚で「金払っているのに、何が悪い!」と逆ギレするのだろうと。昔、三波春夫が「お客様は神様です。」と言っていたが、その拡大解釈でしかない。

 本末転倒な話ではあるが、この世界的なパンデミックの恐ろしさを認識して、日頃からの自分の行動をしっかりと律することが肝要かと考える。PCR検査も無視して、地方のホテルや宿にウイルスを撒き散らしてもらっては、皆が迷惑するばかりではないのか。

 最後に、日々のコロナ感染者数の急増に対して、皆、慣れっこになっている。それが、一番怖いことである。


▼熊本県の名門ホテル「熊本ホテルキャッスル」(熊本市)
castle-buil-1


▼同ホテル1階 ダイニングキッチン九曜杏の料理(ランチ)
cuisine-1


kuyoan


800_7636


▼同ホテル地階 四川料理 桃花源のランチ
cuisine-2


▼海のリゾート「松島観光ホテル岬亭」(上天草市)
misaki-view


misaki-buil-1


misaki-buil-3


misaki-ryouri


misaki-ryouri2


▼桜の馬場 城彩苑 夢あかり
yumeakari-1


yumeakari-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/14 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp