The Rosetta Stone Blog

タグ » 山鹿市

威風堂々の不動岩・・・

850_4139


 本日の取材ランチは、山鹿市鹿央町の鹿央物産館のカツ丼にした。食事を済ませ取材に向かおうとすると、県外から電話が1本入り、1時間を超える長電話となってしまった。腕時計を見ると、午後4時近くになっている。

 山鹿市から熊本市へ戻る時間を逆算すると、取材時間が十分に取れない。台風の影響なのか、上空は済んだ空気のようで、久しぶりに不動岩を左手より右手に通過しながら数枚写真を撮ることにした。最近、PM2.5や黄砂で濁った空が続いていたが、本日の空気は抜けが良く、雲の形状もいい具合に流れている。

 因みに、この不動岩は、5億年以上も前のさざれ石が海底に堆積して層をなし、気が遠くなるような長い歳月を経て、強い圧力を掛けられることで岩盤となり、更に、周囲が侵食され、この形状になったとされる。まさしく、国歌「君が代」の歌詞「さざれ石の巌となりて」となる。また、手前の岩は、高さ80メートル、根周り100メートルもある巨岩である。


850_4159


850_4154


850_4166


850_4169


850_4135


▼全天球写真
 https://theta360.com/s/bCmggyBU4b9XT0GBVU6oOTIOKLink

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/14 01:09 am

1300年前の古城「鞠智城」

850_3424_00037


 台風一過。炎天下の鞠智城跡へ足を運んだ。じりじりと照りつける太陽。駐車場に数台の車があった。二人連れの、外国人観光客の姿もあり、考古学に興味があるのか、建造物などを撮りまくっていた。

 同城は、「続日本紀」にも登場する山城。大和朝廷が7世紀後半に太宰府を守る為に築いた軍事拠点と考えられている。広大な遺構からは木簡、軒丸瓦など貴重な資料が出土し、現在までに、鼓楼、米倉、兵舎、板倉などが復元されている。

 http://www.dandl.co.jp/gold/kikuchijo/Link

850_3394_00025


850_3406_00029


850_3434_00040



▼歴史公園鞠智城・温故創生館
 〒861-0425 熊本県山鹿市菊鹿町米原443-1

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2018/7/5 01:05 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp