ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 大災害

悪夢から、まる三年。

▼熊本地震前の熊本城大天守
1



 熊本地震を振り返れば、あっと言う間の3年であった。当時は現実を一瞬間受け入れられなかった。周囲の家々の瓦はほとんど地面に叩きつけられ、壁や石垣は、地獄からの使者が降り立ち、爪で引っ掻いたような亀裂が無数に走っていた。

 水が出ない。ガスが出ない。電気は二十数年前の台風19号(熊本市内は3日間の停電)の経験を生かしたのか、思いの外、復旧は早かった。不幸中の幸いである。しかし、24時間営業のコンビニの弁当やパン、更には飲み物はほとんど売り切れ状態。物流が止まり、ライフラインが完全に遮断されてしまったのである。

 当時、京都や天草の友人から物資(食糧や飲料水)が届いた。ネット事業を本業としている当社にとっては、電気が生きていたので命を救われた。よって、熊本地震後に1日も途切れることになく取材を敢行し、ニュースを掲載し、且つ、クライアントの無事を確認することができた。

 しかしながら、益城町や熊本市中央区の知人友人の情報を聞けば、自宅や店舗、オフィスビルが全壊したという悲しい情報が入り、胸が痛くなった。幸運にも、筆者のオフィスや自宅は何とか耐えている。後々調べてみると、岩盤が硬い位置に建っており、東からの揺れや南からの揺れは、白川や竜田山などが緩衝的役割を果たしてくれたようだ。

 阪神淡路大震災や東日本大震災と比較すれば、絶命した人の数は少ないものの、精神的なショックは想定外に大きかった。そこで、再認識したことは、「水」の大切さ、有り難さである。水は友人が数十リットル運んでくれた。また、16日の地震直後は車で八景水谷湧水池へ避難し、目の前に湧き出る水に心から感謝したのだった。取材途中、熊本ホテルキャッスルのトイレもお借りすることができた。

 熊本地震は筆者にとってもすこぶる教訓となったが、水汲み場、炊き出し場やコンビニなどにおける心無い人たちの挙動、言動・・・人間の汚い本性を垣間見ることもあり、とても悲しい気持ちに陥ったことを思い出す。

 二度と遭遇したくはない大災害。しかし、これからも自然の脅威は遠慮なく、何度も何度も繰り返し襲ってくるのだろうと・・・。


2016年4月16日の記事

 熊本県民のシンボルでもあり、観光立県の要である熊本城。14日の地震で写真のようにシャチホコや瓦が壊れ、また、戌亥櫓の石垣では二カ所が崩壊した。その他、旧細川刑部邸そばの石垣や飯田丸五階櫓などの石垣も被害を受け、次から次へとボロボロに崩れていった。

 写真下は、4月15日に桜の馬場 城彩苑より撮影したもの。無残な姿を目の当たりにして、かなり凹んでしまった。

 ちなみに、本日深夜にこの記事をアップする準備をしていた矢先、突然マグニチュード7.3という、内陸部では最大級の地震が発生し、この記事をアップすることもなく、停電、断水にも見舞われ、やっとのこと、今、記事を掲載することができるようになった。

 しかし、今回の地震は「2016熊本地震」を命名されていはいるものの、本日深夜の想定外の大きな地震で、エリアも九州全域に拡大し、犠牲者がどんどん増えているのが現状。何とも言えない気持ちで、この記事をアップしなければならない。

 叶うことなら、これ以上、地震がおとなしくなって貰いたいのだが・・・。

▼2016年4月15日に桜の馬場 城彩苑から撮影したもの
2


3


▼在りし日の熊本城戌亥櫓(黄色○部分が崩壊)
4


▼崩壊した戌亥櫓の石垣(2016年4月15日撮影)※16日に更に大きく崩壊
5


6



▼熊本地震関連の過去記事

 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=earthquakeLink
 ※ニュースで「古い順」をクリックすると、過去の古いニュースからご覧いただけます。

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/4/14 05:27 am

セキュリティレベルを超弩級に!

▼豪雨後の菊池川中流域(山鹿大橋方面)7月7日午後3時55分頃撮影
D75_4855





 今回の台風3号通過後の豪雨は、九州北部(福岡県、大分県、熊本県)を中心に、甚大な被害をもたらした。地震、台風、そして豪雨。災害大国である日本に生まれたからには、それは宿命以外何物でもない。大自然にとって人とは、小さな蟻と同然の扱いなのかと、大自然に対する恐怖心が募る一方、何とか大災害を防ぐ秘策はないものかと、苛立ってしまう。

 昔々の話・・・治水事業において、武田信玄や加藤清正は神的存在である。当時(〜約四百年前)は温暖化の影響もなく、今回のような戦慄を覚えるほどの危険な雨が降ることはなかったろうと。テレビに映し出される土砂崩れや大洪水の惨状を見て、いよいよ災害に対するセキュリティレベルを超弩級に上げ、心安らぐ地域づくりの為に、現代版信玄&清正の秘策を講じなければならない。

 今回の豪雨で川が濁流となり氾濫し、平穏な人家や田畑を押し潰して行く光景に目を逸らしてしまう。現代版の将棋頭、十六石、信玄堤、鼻ぐり井手など、どんな秘策があるのか?勿論、パッチワークやピンポイントではなく、しっかりと災害可能性の高い地域のセキュリティ対策について動かねばならない。各地ではコンパクトシティ構想を掲げる自治体も多いが、これからは最大限、安心安全な都市構想を実現する一方、周辺(田舎)も災害に強い災害予防型地域再開発に取り組んでもらいたい。


▼豪雨後の菊池川中流域 7月7日午後3時55分頃撮影
D75_4866




▼取材風景
D60_9116



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/8 12:36 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp