ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 大災害

2016年4月の熊本地震から6年・・・

newstop


 6年前の4月14日21時26分に、ドロドロという地鳴りと共に、ガタガタと大きな揺れがあった。これまでに経験したことのないような、突然の大きな揺れだったので、心臓が止まりそうになった。しかし、30年ほど前の台風19号と違い、その時は停電がなかったので、平静を保つことはできた。

 しかし、4月16日未明、余震はあったけれども、やや油断していたところに、ドカーンとかなり長い時間の強い揺れが熊本県を襲った。二階建ての家が折れるのではないかと、死の予感が脳裏を過るほどのもので、身動きできない時間が止まっていた。身の危険を感じ、自宅を出て、八景水谷公園へ避難。

 あれから6年。次第に県内外の被害状況が伝えられるたびに、思いの外、激震であったことが実感として湧いてきたのである。特に、益城町は壊滅状態であるとの情報に、身の毛がよだった。後日、益城町の様子を伺いに行ったが、アスファルト道路は波打ち、悪魔の爪で切り裂かれたように亀裂が無数に走っていた。

 下写真は、地震直後に撮影したものであるが、難攻不落と伝えられてきた熊本城の姿が、余りにも悲しく、苦しそうに見えて仕方がなかった。多くの櫓の石垣は崩壊し、神社社務所は潰され、拝殿も落ちていた。100年に一度と言われる大地震。今も、国内あちこちで地震の通知があるが、何よりも怖い災害である。

 それから災害への向き合う気持ちが変わったように思える。これまで2週間以上も水道やガスが止まったことがなかったので、これほどまでにライフラインが遮断されると、生きた心地がしないのである。スーパーもコンビニも水は全くなく、陳列棚には食料品もガラガラの状態であり、生活に困ったことを思い出す。

 教訓としては、大災害時に如何に日頃から災害対策を講じ、災害時には困った人たちを最優先して配慮できるかが、重要なものではなかろうかと。コロナ禍で世の中のリズムが崩れ、ロシア軍のウクライナ侵略により世界平和が潰されるという大変な時期だが、人災であるウクライナ侵略だけは、今日にでもストップして貰いたいものである。


▼熊本城遠景
KUMAMOTO-C-005


▼熊本城(大天守、小天守・宇土櫓)
KUMAMOTO-C-002


KUMAMOTO-C-003


KUMAMOTO-C-004


KUMAMOTO-C-001


▼桜馬場 城彩苑より撮影した大天守
KUMAMOTO-C-006


▼戌亥櫓の石垣崩落
KUMAMOTO-C-007


KUMAMOTO-C-008


▼近くの神社社務所が崩壊
KUMAMOTO-C-009


KUMAMOTO-C-010


KUMAMOTO-C-011


KUMAMOTO-C-012


▼十八間櫓の石垣崩壊
KUMAMOTO-C-013


KUMAMOTO-C-014


KUMAMOTO-C-015


KUMAMOTO-C-016


KUMAMOTO-C-017


KUMAMOTO-C-018


KUMAMOTO-C-019


▼2015年12月8日撮影(右から戌亥櫓、宇土櫓、大天守、小天守)
KUMAMOTO-C20151208


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/11 12:00 am

「避難指示」へオブジェクション!

josui-3


 以下は、9月6日にSNSで呟いた、熊本市「避難指示」へのオブジェクション。昨日だったか、他県の或る地域では、ピンポイントにて「避難指示」を出したというニュースが流れていた。過去の経験を生かしており、やっと辿り着いた避難所が満杯で引っ返す人は居なかったと言う。これこそが、危機管理レベルの高い「避難指示」ではなかろうかと・・・。

<9月6日に呟いたオブジェクション>

 「避難指示」が人口70万人の熊本市に出されたようだけれども、それだけの収容施設が何処にあるのだろうか。今の時代、AI使って、過去の台風被害記録を分析し、山手南側斜面の家屋、高台の家屋、平地で毎年のように屋根瓦が飛んだり、家屋倒壊している被災重点地区を抽出し、それらを優先して段階的に随時「避難指示」をすべきである。
 
 ただ、ギリギリになって、漠然と「避難指示」を出されたとしても、避難所が徒歩で1キロ以上歩くのに、足腰が弱った老人が、毛布や着替え、生活用具、マスクや消毒液など、どうやって移動できるのだろうかと、首を傾げてしまう。弱者の立場を考えていないことが、よく分かる。このような行政のアバウトすぎる、他人事のような指示に、毎回毎回、愕然とするばかり。危機的状況下での、戦略性のない愚策としか言いようがない。


▼NHKで報じられた熊本市の「避難指示」
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200906/k10012604001000.htmlLink

▼熊本地震時の「旧細川刑部邸」
cat



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2020/9/9 12:01 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp