ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 加藤清正

「九曜紋」の考察から・・・

▼細川家家紋「九曜紋」をあしらった提灯

kuyoumon-001


 「九曜紋」(くようもん)とは、熊本県民にとっては、とても慣れ親しんでいる家紋である。社会人であれば、ほとんどの人たちは、それが細川家家紋であることを知らぬ人はいない。一昨日、紅葉の名所である旧細川刑部邸庭園(12月5日まで無料開放)を散策しながら、「九曜紋」の提灯や瓦などを撮影し、ふと思い出したのだった。

 一つは、現代社会における「家紋」の経済効果である。江戸時代の肥後藩主であった細川家の家紋について、Googleなどで「九曜紋」で検索すると、その経済効果が絶大なことが窺い知れる。美味しそうなお菓子の写真等がわんさと抽出され、昔の和のデザインが、今も尚、脈々と生き続けている。

 二つは、特に名だたる武将たちの家紋を見てみると、左右対称のものがほとんどだ。とてもシンプルなものから複雑なものまで、多種多様。そのデザインを最初に考案したのは誰なのか知る由もないが、長年にわたり、その一族の威風なる存在を諸国へ伝えるシンボルマークやピクトグラム、アイコンとしての役割を果たしてきたと言える。

 今の時代でも、車のエンブレムを眺めてみると、特に高級外車については、インパクトのあるアイキャッチ能力を秘めている。跳ね馬であれば、ポルシェ、フェラーリ。ステアリングイメージであればメルセデス。輪っかが4つであればアウディと、瞬間的にメーカーイメージが伝わり、それぞれのフォルムに魅了される。

 しかし、日本車のエンブレムで好印象を与えるものは、なかなか見当たらない。敢えて意表を突くものとしては、スバルの「六連星」(むつらぼし)ではないか。このイメージは、国内外で「スバリスト」と呼ばれる人たちに、この上なく愛され、親しまれていると聞いたことがあった。また、バイクであれば、ヤマハの「音叉」エンブレムが意表を突く。

 このように家紋やシンボルマーク、エンブレムなどを考察すると、その家系なり企業なりの歴史と伝統を窺い知るところが、実に面白い。読者の方々も、手隙の時にでも、ご自分の家紋の歴史を辿ってみると、何か新たな発見があるのかも知れないと考える次第。(筆者の母方の家紋「梅鉢」により新たな発見があった)

 話は前後するが、熊本銘菓に「九曜紋」を使った美味しい「五十四万石」がある。実は、藩主が加藤家から細川家に渡り、後々の石高は九十万石以上あったと記した書籍を発見。加藤清正の治水事業の賜物に違いないが、江戸幕府への申告は「五十四万石」のまま。その事実関係を調べてみても新たな発見があるかもと・・・。

 ※因みに、熊本ホテルキャッスル1階レストラン名は、「ダイニングキッチン九曜杏」である。


▼旧細川刑部邸散策
kuyoumon-002


kuyoumon-003


kuyoumon-008


kuyoumon-004


kuyoumon-005


kuyoumon-006


kuyoumon-007


▼熊本ホテルキャッスル(シンボルマークは、県木の銀杏)
castle-tower



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2021/11/28 12:00 am

修学旅行も動き出す・・・

▼写真は湧水池で知られる八景水谷公園(熊本市)

hakenomiya-sunset-002


 熊本県内の旅館やホテル情報だが、最近、お客の動きが活発化しており、会議や会食、宴会もじわじわと予約が入り出し、また、修学旅行も動き出したと言う。昨日、湧水池で有名な八景水谷公園公園に足を運んだが、某小学校の社会科学習なのか、大型バスが4台も駐車場に並んでいた。

 経済的に疲弊していた国内の経済が動き出すことは、すこぶる嬉しいことでもあり、年末年始において、日本経済が息を吹き返してくれれば、何も言うことはない。ただ、新型コロナウイルス感染防止を都合良く忘れる人も多いので、それはそれなりに、今まで以上に感染防止対策を講じなければと・・・。

 先ずは人流も同様に、幹線道路の車が急増している点が、経済が一気に動き出したと言う証となる。この2年弱の間で、こんなに車が多く存在しているのかと、驚いてしまう。また、車業界はコロナ禍にも関わらず、新型車種を一堂に発表しているところが、更に驚きである。

 特に、フルモデルチェンジを伴う車種については、エッジが立ち、前照灯が更に細めで鋭く、安全装置もあらゆるものが付属している。電気化、ハイブリッド化が中心となる中で、いよいよ、ガソリンの爆発音を聞くことができない時代に突入するのだろうと、車の進化を楽しみにしている次第。

 しかし、最近は外車も国産車も、高級車が増えている点も見逃してはならない。ガソリンスタンドでもリース契約で国産車が買えると言う時代。また、メーカーも個人リースなどを可能としたり、某メーカーは、オンラインショップを構築し、ボタン一つで車が購入できるという。大人のプラモデルを買う感覚なのだろうと・・・。

 話は、修学旅行に戻して・・・

 熊本市内の観光名所の代表格である熊本城大天守、小天守も復興したので、是々非々、県外からの修学旅行コースの「社会科学習:熊本地震からの復興」をメインに設定していただければと思うばかり。先日、知人が大天守に昇りFacebookにアップしていたが、全体が資料館のように美しくなっているとのこと。

 加藤清正公が築城した熊本城。明治時代の西南戦争にて宇土櫓を除く、ほとんどの櫓が焼失したが、茶臼山の地形をそのまま使った難攻不落の要塞としての熊本城は見所満載である。そこには、築城の天才としての清正公と、治水事業の神と言われる清正公の姿がある。旅行エージェントさんには、是非、二人の加藤清正公に目を向けて頂ければと・・・。

 最後に、旅館、ホテル、食事処、その他業種も、皆元気になるように願うばかり!!!!!


DFD_7419


hakenomiya-sunset-003


▼熊本ホテルキャッスル11階から撮影した熊本城全景
castle-zenkei-2021


▼シェフランチ:カキフライランチ(熊本ホテルキャッスル九曜杏)
CHEF-LUNCH-001


CHEF-LUNCH-002



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/30 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp