ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 上天草

スイス人との会話を思い出す・・・

DFD_5012


 先般、スイスから来熊した旅人二人と逢った。年の頃は、40歳前後。とても礼儀正しく、派手さのないドイツ系とイタリア系のカップルだった。

 先ず話題となったのは、双方の教育システムと現在の若者の在り方についての情報交換となった。ヨーロッパでも浸透している日本の高度な教育システム。その影響で、北欧の教育レベルは格段に高くなっていると言う。しかしながら、礼節を弁えない文化の流入により、フレンドリーでフラット思考なのは良いけれども、年長者や諸先輩を小馬鹿にする風潮が浸透し、スイスにおいても、その問題は小さくないと言う。

 彼らの、椅子に腰掛ける姿の線も、共に話し合っている時の所作が実に美しい。投げ遣りなところや、ラフなところなど一切見受けられなかったので、信頼できる旅人として・・・外国人として、筆者のアンテナが「YSE」に動いていたのだった。女性の方は幼い頃から柔道を習っていると言う。お二方、書にすこぶる興味があるようで、コピー用紙に数枚、筆ペンで書いてプレゼントして、大変喜んでくれた。

 男性が「龍」を、女性が「恋・愛」を願ったので、その漢字とローマ字、そして平仮名、カタカナで書き、日付と筆者のサインを書き入れ手渡したのだった。・・・外国人と会話を交わしたことが数ある中で、今までにない、良き時代の日本人よりも礼節を弁えているのが素晴らしかった。器の持ち方、飲み方をつぶさに観察して、真似をする姿も可愛さもあり、高感度1000%のカップルだった。

 別れ際に、「必ず近いうちにスイスに来て下さい。色んな処をご紹介するので、是非おいで下さい。」と言って、お二人の連絡先を書き記したコピー用紙を1枚頂いた。・・・「旅の恥はかき捨て」の多い日本人に、見せてあげたいほどの、文化の香りのする外国人だった。


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link


 
 

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2014/6/19 11:47 am

写ガールはじめた、岬亭の女将!!

▼松島観光ホテル岬亭(代表取締役社長兼女将 橋本久美子さん)
misaki


 

 松島観光ホテル岬亭(代表取締役社長兼女将 橋本久美子さん)がネット事業に着手したのは、1997年秋。・・・熊本県内のホテルや旅館では、早期着手であった。

▼松島観光ホテル岬亭公式サイト
 http://www.misakitei.co.jp/Link
▼橋本久美子さんのFacebook
 https://www.facebook.com/misakiteicojpLink

 当時のインターネットの環境は、現在と比較すれば、パソコンをモデムを介してアナログ電話回線を通して接続という、最悪の環境でもあった。それでも、SONYのデジタルカメラMAVICA(MVC-FD7)を使用し、フロッピーに保存されたデータを当社へコンテンツ素材として送り、同ホテル公式サイトの情報としてアップされて行った訳である。・・・現在も当時の情報として、「女将の知恵袋」、「お薦めの一品料理」は公式サイトに大事に保管されている。

 特に女将の知恵袋は、中央のテレビ局からも当時注目を集め、取材依頼が殺到したこともあった。

▼女将の知恵袋
 http://www.misakitei.co.jp/chiebukuro/Link
▼お薦めの一品料理
 http://www.misakitei.co.jp/ryori/Link

 今のように、BLOGもなければ、メールに写真添付してメールサーバーが詰まってトラブったりと・・・悪条件の中で、当時としては最先端の情報発信にチャレンジしていたと言う事になる。

 思い起こせば、既に17年目のネット事業と本業とのジョイントに入ったわけで、今回、「初心に戻る」との事で・・・十数年前にSONYのデジタルカメラMAVICAでホテル周辺を隈無く撮影し、その情報をアップしていた事を思い出し・・・昨日から、本格的な最新一眼レフカメラを使用し、ホテル館内、中庭、周辺観光施設、風景などを意欲的に撮影し、上天草の素晴らしさを伝えて行くと言う。

 所謂、「写ガール」としての女将が復活したという事だ。

 カメラ撮影は簡単なものではないが、一番大切な事は、その写真にその人の「」が籠もっているか否かであり、上手下手はあり得ない。一眼レフの設定を取説見ながら遣るのも良いだろうし、画角や絞りに悩みながら撮影するのも楽しいものだ。・・・とても充実した時間とも言える。

 SNSが浸透し、如何にリアルタイムの情報を流すかに偏りがちな時代だが、じっくりと腰を据えて、目の前の被写体を愛でながら、それを一つ一つ撮影し、残せる情報としてアップするのも、忘れがちだった「癒やしの心」を与えるのではないかと期待している次第。

 量販店に足を運んでも、「最近は男性よりも女性の方が一眼レフを買われるんですよ。女性の方がアクティブに旅行に行ったりグルメしたりで、写真が楽しんですよね。また、一眼レフを一度使えば、それまでのスマホで撮っていた写真と全く違うので、そこにも嵌まるんじゃないでしょうか!?」と、カメラ担当者が言っていた。

 筆者も一眼レフのファンの一人だが、ファインダーを覗く時に、ふと、全ての事を忘れてしまうほど集中している自分に気付くことがある。・・・精神衛生上も認知予防にも良いと思われるカメラ。・・・素敵な趣味の一つとして大切に育てたいと考えている。

 さてさて、「写ガール」に変身した同ホテルの女将だが、次回はどのような写真が送られてくるのか楽しみといったところだ。・・・同ホテル公式サイトがあるポータルサイト「ロゼッタストーン」は、実は1995年以来、このような情報アップのサポートをしながら、クライアントさんのスキルアップのお手伝いを続けてきているのである。

▼以下は、「写ガール」となった女将の初の一眼レフ作品集。

misaki2


misaki1


misaki3


misaki4


misaki5



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/4/20 04:13 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp