ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ポジティブ人生

コンクリートで固められた足元・・・

◎記事と写真は関係ありません

newstop


 口は達者だが、頭も体も動かない人がいる。ネガティブというコンクリートで固められた足元に気づかず、変化も進化もなく、突っ立ったままである。今遣るべきことに顔を背け、ちまちまと趣味に没頭し気晴らしをするも、また、現実に戻れば、足元のコンクリートはどんどん重く固まる。

 その繰り返しを人生のお供としていると、何十年経っても、ネガティブ王国の王様になれても、ポジティブ楽園の園長さんにはなれない。足元のコンクリートは荒療治で一瞬にして叩き割るか、徐々に融解材を流し込み足を抜き出すかしかない。それも、自分で実行しなければならない。

 前者を選んで実行に移すには、相当な度胸が必要だ。大抵のネガティブ王様は、コンクリートを叩き割る前に目を瞑り、振り出しに戻る。また、後者を選ぶと、気づいた頃には、折角緩んできたコンクリートが再び固まり始め、何度も繰り返すだけで、足元はいつまでもコンクリートのままだ。

 だから、何年経っても動けるはずがない。よって、そのコンクリートにより足元から膝、腰、胸、首まで埋まってしまい、二進も三進も行かなくなる。結局、ネガティブ王国の王様のスタチューとなり、王国の鉄格子から脱することもできず、終焉を迎えることになる。何とも儚い人生であろうか。

 例えば、仕事で結果を出せないのは、その原因がよく分かっていないからである。分かろうともしていないし、原因が分かったとしても改善に尽力しないから、仕事で結果を出せずの繰り返し。所謂、負のスパイラルの典型的なものだが、ネガティブ王様はそれに気づかず、改善できないのである。

 どんなに逆立ちしても、ネガティブ王国よりはポジティブ楽園の方が遥かに面白い。多くのポジティブ人間との関わりは、「人生の音」が弾む。最終的にネガティブ王国の立像となるか、ポジティブ楽園の花や蝶になるかは勝手だが、一度しかない人生ならば、今こそ、懸命なる英断を下すべきであろうかと。


▼泰勝寺跡(細川家菩提寺)の鴨たち
20220114-01


20220114-02


20220114-03


20220114-04


----------
ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

       

  • posted by Chikao Nishida at 2022/1/14 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp