ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » お散歩カメラ

泰勝寺の紅葉(3)・・・

DFD_7877



 今回で「泰勝寺の紅葉」の連載は最終回となる。

 写真のように、一眼レフを抱えたカメラマンが、同寺古池を囲む紅葉を狙い、いろんな角度から撮っている。勿論、親しい知り合いだが、撮影中は邪魔になるので、気付かれぬよう、静かに背後から盗撮することにした。

 どうもマクロの単焦点レンズと望遠レンズの両刀使いのようだ。生憎、紅葉は初期段階なので、燃えるような真っ赤な紅葉を捉えることはできないが、美しい緑に包まれた泰勝寺は、その静寂さに歴史の深さを感じてしまう。

 このようにファインダーを覗き、被写体に向かってシャッターを切る音が、静寂な同寺の中に響き渡る。彼も筆者と同様に、シャッターは機械音が強いものを好み、シャッターを切る快感が体全体を痺れさせてくれる。

 写真を趣味とする方々の共通点は、筆者も含めて、自分の作品を第三者に評価してもらうことが何よりの楽しみ。同じ被写体を写したとしても、カメラの設定もフォーカスポイントも人それぞれ。無限に近い組み合わせが、実に面白い。

 カメラが自分の趣味だからと言って自慢するものではないが、カメラは死ぬまで楽しめる趣味の代表格であると考える次第。しかし、カメラやレンズの性能が良くなりすぎると、設定に悩むことも無く、面白味に欠けてしまうのが辛い。

 f値をどの程度にしようとか、露出補正を+、ーを何段変えるか、ホワイトバランス等々、被写体を前にして一瞬間悩むところが心地良い。最終決断した設定にてパシャリとシャッターを切り、笑うか泣くかとなる訳だ。

DFD_7658


DFD_7668


DFD_7675


DFD_7676


DFD_7679


DFD_7883



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/11/14 12:00 am

泰勝寺の紅葉(2)・・・

DFD_7658


 今回は、仲間との撮影会を泰勝寺にて開催した。

 気合の入ったカメラマンは、2台の一眼レフを肩に掛けている。よって、今回はカメラマンを写すことに専念し、紅葉の撮影を最小限に留めた。

 本日の泰勝寺も静かなものである。我々以外、誰も人の姿はなかった。ただ、竹林の奥から草刈りなどの作業をする機械音が聞こえたような・・・・。

 写真上のカメラマンが、数日前にこの寺にて青い鳥を見たという。多分、数年前に出会したルリビタキではなかろうかと・・・静かに待っていた。

 掌に入りそうな、小さくモフモフとした青い鳥。幸運をもたらすルリビタキとの再会はあるのかと、紅葉の話をしながら、心は小鳥にあった。

 しかし、1時間半ほどの撮影時間だったが、そのルリビタキの姿を見ることはなかった。以前は古池の右手に、今回聞いた場所は左手に居るはずだが。

 次回、同寺に足を運ぶ時は、欲張らず、ルリビタキをターゲットにカメラ1台とレンズ1本だけを持ち込もうかと・・・。


DFD_7769


DFD_7789


DFD_7793


DFD_7812


DFD_7835



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/11/11 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp