ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » トピックス

50年もののママチャリが一番人気!

1


 Behanceという、世界のアーティストが集うWEBサイトがある。そこには、画家、イラストレーター、ムービークリエイターや写真家など、多種多様のクリエイターが集い、日々作品をアップロードし、それぞれに評価したり質問したりで、情報交換を行っている。

▼Behance(Chikao Nishida)
 https://www.behance.net/chikaonishidaLink
▼Behance 50年もののママチャリ
 https://www.behance.net/gallery/60152891/50-years-old-bicycleLink

 筆者も同サイトを利用(写真家として利用)している一人だが、昨年末にアップロードした「50年もののママチャリ」が、筆者の作品の中で一番人気となっていることに驚いた。多分に、ヨーロッパの人たちが古いものを大切にするところにスイッチが入り、古い自転車に人気が集中したのだろうと。

 つまり、バブリーな時代に、日本人はヴィトンのバッグの新作が発表されれば、すぐに飛びついたように、流行に左右されやすい国民であるけれども、ヨーロッパでは、高価だが頑丈で実用的なヴィトンのボストンバッグなどは、おばあちゃんから孫へと受け継がれて行く。すなわち、古いものを大切にし、目上の人に敬愛の念を持つ国々が多いように思える。

 Behanceの「50年もののママチャリ」の作品の最後に、オーストラリアのデザイナーが、「Nice! I'm working on a bike project at the moment, this was inspiring! Thank you.」というメッセージを残してくれていた。どのような自転車プロジェクトか知る由もないが、「50年もののママチャリ」が何か良いヒントになったのだろうか。

 末筆ながら、この「50年もののママチャリ」は、熊本県山鹿市下町(しもまち)の豊前街道沿いにある有働サイクルにて撮影したものである。同店は創業90年と、自転車専門店として老舗中の老舗。その老舗で撮影した古い自転車が、世界の方々の目に止まったことに、嬉しさを隠しきれない。

 
2


3


5


6


7



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/5 04:21 am

Happy New Year 2018

▼在りし日の熊本城
DF1_2514


 恭賀新年 2018

 如水。水の如し・・・私にとって、すこぶる心地よい響きの言葉として、公私ともに使用しています。ちなみに、先見塾の副読本である小冊子のタイトルも「如水」、写真個展も「如水」、先見塾のキーワードも「如水」と、全て「如水」で覆われている状態です。

 余談ですが、昔々、将棋の中原名人が「如水」と書かれた色紙を頂きまして、それ以来、座右の銘の最上位に「如水」が座しています。第二の座である「Think different !」も好みですが、最近のAppleには閉口するばかり・・・。

 人間関係は甘酒のようにべたついたものではなく、水のようにさらりとが一番。また、水は器によって変幻自在。さらに、水は高いところから低いところへと流れ淀む。色んな意味合いを持つ「如水」ですが、私は「如水」を軸に、「日々変化、日々進化。」の毎日を送れればと考えている次第です。

 あっという間に、2018年となりました。皆様にとって2018年が、すこぶる味わい深く楽しい一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。また、筆不精であるが故に、数十年続けている熊本日日新聞朝刊名刺広告にて、年始のご挨拶と致します。

2018年 元旦          
ディー・アンド・エルリサーチ株式会社
代表取締役社長 西 田 親 生

http://www.dandl.co.jp/Link


DF1_2497


DF1_2472


DF1_2526



  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/1 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp