The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » トピックス

西田親生写真展「如水」情報

koten


 連日、多くの知人友人との再会に、「郷里で個展をやって良かった!」と安堵している自分が居る。それも、郷里のみならず、遠方からわざわざ山鹿市民交流センターに足を運んでくれる知人友人に対して、感謝の言葉も見つからぬほど、最高クラスの「幸せ一杯感」に包まれている。

 本日、突然現れた知人は、こんなメッセージを残してくれた。「スマフォで見るのと、実際の物とでは迫力が違いました。本日は突然の訪問でしたが、一枚一枚、丁寧に解説していただき、誠にありがとうございました。また、数々の嬉しいお言葉もかけていただき、頑張った甲斐がありました。」と。

 また、一昨日来てくれた知人は、「スマホでは毎日のように画像を見てますが、写真はホント違うなと感じました。誰か行くなら一緒に行こう\(^^)/」と、同様に、大きなサイズに出力された写真に関心を持ってくれたようだ。

 ちなみに、写真の出力と額装は、明治5年創業のカメラの坂梨さんに依頼したので、プロ仕様の緻密で深みのある美しい写真に仕上がっている。お時間ある方は、スマフォの小さな画面で見る写真より、小さな水しぶきの飛び散る瞬間を、額装されたビッグサイズの写真でご覧いただければと・・・。

 今回の個展は、特別にテーマを設けていない。しかし、我が故郷への想い、熊本城復興への願い、そして生きている人々の力強さなどが、少しでも伝わればと考える次第。一つ一つの作品をじっくりとご覧いただく人の眼は、実は、筆者の心の中を覗いていることになる。よって、手抜き、誤魔化しの撮影など以ての外。・・・これからの取材活動は、今まで以上に情熱を傾け、磨きを掛けなければならない。

 尚、「西田親生写真展 如水」は、2月27日(月)まで。・・・これからは、もっと人間臭く、泥臭く、生々しい究極のリアリズムを追求できればと考えているが、なかなか思うように撮れていないのが現状だ。・・・だから、写真は止められないのかも知れない。


▼一昨日来てくれた知人
1


▼昨日突然のサプライズを与えてくれた知人
2


▼優しい笑顔に見える頂き物の美しい花
4


▼芳名帳にご記入頂く方へのプレゼント(如水 第5巻/2017年2月10日発刊)
D75_4819



◎西田親生のBehance
 https://www.behance.net/chikaonishidaLink

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/16 12:00 am

多くの個展来場者に、感謝!

koten


 いよいよ、山鹿市民交流センター1階ギャラリーにて、筆者の個展が始まった。

 当日セッティングで十分と思い、12時半から開始したのは良いが、額を吊り下げるワイヤーがない。周囲を見回すと、パーテーションの横に、脚立が大小2台、テーブル2台、椅子が2脚、イーゼル1台、そしてワイヤーが数十本あった。

 メインの半円筒状の壁面にワイヤーを取りつけ始めたのは良いが、16本のワイヤーはその箇所で使えるものの、残ったワイヤはサブ通路壁面以外に使えない。よって、2本のワイヤーで1枚の額を吊れば、メインの壁面には8枚しか掛けられないのが分かった。

 事前に下調べをしておいたつもりだが、当日となり、少々勝手が違う。結局、メインの壁面に8作品、サブ通路壁面に12作品を展示することにした。昼から1時間半ほどでセッティング完了できると高を括っていたが、この調子だと、午後3時スタートは難しいかもしれないと不安になった。

 ところが正午過ぎに顔を出してくれたYさん。背広姿で個展を見にきてくれたらしい。手土産を持って、トコトコと近寄ってくる。いつもながらの笑顔で、「手伝いますよ!」と言って、額の後ろ紐の取り付け、更に、絡まったワイヤを外しながら、サブ通路壁面に天井に届くような脚立を使って、24本のワイヤを吊り下げてくれた。

 お陰で、約2時間ほどでセティングが完了。着替えを持ってくれば良かったと、吹き出す汗を拭いながら、午後3時の開場を待つことにした。それまで、同センターに来ていた人たちが、メイン壁面の作品を次から次へと見てくれる。ある男性は「これは販売しないのですか?・・・あ、個展なんですね。後ほど、立ち寄ります。」と言って去って行った。

 午後3時が過ぎた。手土産をぶら下げた客人が大勢来てくれた。次から次へとご挨拶。不肖私めの個展に、わざわざ熊本市内からも駆けつけてくれた。山鹿市内の人も、山鹿市役所の職員も、更には市会議員も筆者の作品を見てくれた。

 今回のテーマは別にないのだが、強いて言えば、「わが故郷への恩返し」ということになる。熊本地震の時も随分助けてくれた山鹿市。また、熊本県北部取材のベースキャンプとしての役割を果たしてくれたのである。

 本来ならば、50点ほどの作品を展示したかったが、何せ、1月上旬に予約を入れ、併行して小冊子「如水」の発刊もありと、僅か1ヶ月の準備期間しかなかったので、展示点数を20点に絞らざるを得なくなった。

 最近、良いことばかりの連続であり、個展初日も素敵な来場者ばかりで、ウキウキしてしまう自分がいた。数年の垢落としが完璧に終わったという証だろうと・・・。


▼午後2時半にセッティング完了(芳名帳に記入されると、小冊子「如水」を謹呈)
D60_6991


▼メイン壁面に8作品を展示
D60_6988


▼八景水谷の白鷺の写真を指差し、「これは、欲しい!」と言う来場者。
D60_7040


▼サブ通路壁面に12作品を展示
D60_7075


▼熊本市から駆けつけて頂いた会社経営者(写真中央)
D60_7083


▼家族連れで来られた山鹿市の方々
D60_7092


▼自分の顔が「如水」に載っていると驚く有働サイクル(山鹿市)の息子さん
D60_7104



◎山鹿市民交流センター公式サイト
 http://yamaga.site/?page_id=2466Link

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/14 01:05 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp