The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 先見塾・まなミドル

先見塾は、「まなミドル」。

▼人生まだ半分、そして、凸凹。
HALF


 2011年にスタートした、先見塾。「常に先を見据えて、次の時代を牽引する人づくり!」が、先見塾の狙いである。塾生は、30代から50代が多い。

 現在、熊本市、山鹿市、天草市(ネット接続の通信教育)の三箇所で個別指導をしている。人間学、Mac(Apple Inc.)のアプリ三種の神器、英会話、商品開発、企画ノウハウ、ブランディング、ネット事業と本業とのジョイント法など、塾生のニーズに合わせて、「日々変化、日々進化。」を実践している。

 使用するパソコンをMacにしている理由は、一つは、筆者が1984年(Apple Inc.のMacintoshが日本上陸)以来のMacユーザーでもあり、そのインターフェイスの凄さを体感することにより、発想の転換を図り、より戦略性を持つ企業戦士として育つように指導している。また、本塾が推奨しているその他アプリをフルに連動させ、時にはブレーンストーミングを一瞬にしてまとめる手法なども伝授している。

 ※Windowsのようにセッティングなどに費やす時間が勿体ないことと、OSアップグレード難民になるのを防ぐため。

 その他、趣味の領域でも、英会話や写真撮影法などの手解きも行い、更には、文化の香りのする人間づくりのために、人間学、ホテル文化と食文化、IT総論各論、所作、接遇、インターネットの黎明期からSNS時代など、多岐にわたり指導を行なっている。

 筆者も凡人ではあるが、塾生は、今までの人生を「消化不良」、「不完全燃焼」と感じてる人の方が圧倒的に多いようだ。学生時代に学んだことだけでは、社会人となり全てが通用するものではない。社会人としていろんな体験を通じて、徐々に懸命な大人として育って行くべきなのだが、最近の企業において、完璧に社員教育を行なっているところは皆無に等しいようだ。

 よって、最近の流行語のように「まなミドル」という言葉が飛び交っているのだろうと・・・。世代間の垣根などナンセンスである。また、異業種間の垣根も同様に無意味なものとなる。畢竟、幼少期から現在までの自分自身の不甲斐なさで凹んでいる人こそ、「まなミドル」に、勇気を持って足を踏み込むべき時である。

 先見塾という名称は、とても古臭そうに感じられるかも知れないが、全てにおいて「基本の基本」から学ぶことから始まる。学ぶ姿勢が生き生きと素晴らしい塾生は、見る見る間にレベルアップして行く。逆に、邪気の多い塾生は、義経の八艘飛びのように軽やかに飛躍はできない。

 幹部社員のレベルによって、その企業力が決まると言っても過言ではない。長年、垢が溜まりに溜まった企業は、いつの間にか妙な社内スタンダードや悪い慣習が蔓延り、企業イメージを引き下げる社員が日々増殖していることに気づかない。すこぶる危険極まりないことであるが、それが、現在の国内中小企業の実態ではなかろうか。また、バトンタッチの時期を逸し、相続問題などで企業が潰れることもある。

 企業は人なり。やはり、今のタイミングで再スタートする勇気を持つ人は数少ないが、過去の実績もスキルも一度リセットすることで、丸腰の自分を見つめ直す時期が、ミドル世代なのだろうと考える次第。社会人として知識や知恵は人並みに進化したかも知れないが、そこで洞察力と判断力を持ち合わせた人間は極僅かなものである。

 昨日、某企業の幹部社員に苦言を呈するために文書を手渡したのだった。彼は真摯に受け止め、何十回も筆者の文書を読み、夜になって、しみじみと自らの反省と今後の生き方について話してくれたのだった。彼は本塾の塾生ではないが、そのミドル世代の人間曰く「今まで上司から注意を受けたこともないような大切な言葉を沢山頂きました。これからは肝に命じて仕事に邁進します!」と言ってくれた。・・・この「気づき」が、彼の人生をこれから好循環にするのだろうと、確信したのである。・・・めでたし、めでたしと言ったところである。

 人生、死ぬまで学ぶことを忘れぬことが、最高のアンチエージングとなり、必ずや、充実した人生となるに違いない。

 
▼筆者の頭の中にあるホテル文化と食文化の綾取り図
MANAMIDDLE


▼先見塾の副読本「如水」(西田親生著)※1巻〜5巻
JOSUI


▼時に塾生を悩ませる試験問題
TEST



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
◎ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2017/12/15 02:22 am

「気づきの時期」を大切に!!

500_6366


 ある程度歳を重ねてくると、どんなに無頓着な人、無欲な人、横着な人でも、嫌が上にも自分の背中が見えてくる時期がある。

 それは「気づきの時期」とも言えるのだが、第三者から指摘を受けたりすると、ハッと気付かされ改善に向けて動き出す人(勇気を持って玉手箱を開ける人)もいれば、グダグダと屁理屈を捏ねつつ自分自身を変えれない人(不開玉手箱を持つ人)もいる。残念ながら、圧倒的に多いのは後者の方である。

 自分を変えることは、容易なものではない。心を許し信頼のおける人からの指摘であれば、1秒でも早く改善しようと思うのが人たる人だ。ただ、過去の自分の一部否定が入り口となるところが、容易でない要因にもなっている。

 大抵の場合、何年経っても負の過去を背負って生きている人は、自己一部否定、自己改善、自己進化という道筋から逃げて、現状維持で十分かと胡座をかいているに違いない。または、日頃から自分の背中を客観視することもない「育ち」にあり、自分さえ良ければという我儘さの方が圧倒的に強く、「要らぬ世話!」と言い切り、さもしい人生を送る人もいる。

 何か自分に問題があったと気が付かされても、頭の中では堂々巡りの渦に巻き込まれ、結局は元の振り出しへ戻る。そういう内気循環型の人は、外から新鮮な空気を取り入れること自体が面倒なのだ。よって、死ぬまで変わることはない低空飛行の人生で終わってしまう。自分自身が変わって、周囲の人たちを幸せにしたいという気持ちなど微塵もない。

 蛇足だが、人は千差万別、十人十色・・・色んな鳥がいるように・・・。何はともあれ、人生における大きなチャンスは30年に一度、小さなチャンスは10年に一度といわれるが、「気づきの時期」を見過ごすことなく、もっと大切にして欲しいものである。

 ・・・先見塾より


500_6421


500_6232


500_6290



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/10/15 12:25 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp