The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » おすすめ観光情報

カワセミにフォーカス!

500_7352



 今日は取材には少々寒い日である。白鷺、青鷺、鴨も鳰も、皆、向こう岸の木陰に隠れている。寒すぎて、魚たちの動きも鈍く、彼らの魚獲りのボルテージも下がりっ放しなのだろうと。

 熟年カメラマンも今日は普段より少ない。更に同公園の左奥へと進んで行けば、大きな松の枝や芭蕉の葉に、小さな宝石・カワセミが座っているはずだが、「いたいた!」。

 撮影している間に、松の木に止まるカワセミはトイレを済まし、さっと隣の小さな池の方へと飛び去った。更に左奥へと足を運べば、カワセミのメスが一人ぼっちで体を休めていた。

 ちなみに、カワセミのオス・メスの見分け方は、くちばしの下の色にある。オスはくちばしは、上下とも黒一色だが、メスはくちばし下が赤色となっているので、すぐ分かる。

 本日は、同公園にて三羽のカワセミを確認できた。特に、メスのカワセミを撮るのは、随分久しぶりのことであったが、その仕草は、何とも愛らしい。しかし、なかなかこちらを向いてくれなかった。

 先般、熊本市水の科学館へ56枚の写真(八景水谷の野鳥たち)を寄贈した訳だが、本日、同館より感謝のメッセージを頂いた。まだまだ野鳥の種類は多いはずの八景水谷。今年も、時間があれば、八景水谷公園内を歩き回り、珍しい野鳥たちを記録して行こうと・・・。


500_7357


500_7404


500_7414


500_7471


500_7539


500_7548



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/24 12:20 am

浮島周辺水辺公園の野鳥たち(2)

▼浮島周辺水辺公園のカイツブリ
500_6750


 今日の主役は、カイツブリである。

 甲高く、遠くから聞こえてくる、カイツブリの独特な鳴き声。「ピョロロロロロロロロ・・・・・♪」。体格は小さくても、横綱のように威風堂々としている。ゴーイングマイウェイと言うよりも、強引にマイウェイである。自分より大きな相手でも御構い無しに、縄張りに入った鳥や天敵を後ろから威嚇したり、突いたりして攻撃することもある。

 少しもじっとしていることはなく、潜水術はプロ中のプロ。一度潜れば、ペンギンも驚くほど、水中では実に俊敏である。或る日のこと、魚を獲ったカイツブリが目の前に現れた。欲深いのか、自分の口に入らなぬ大きな魚をずっと咥えたまま、数分間、水上で魚と格闘していた。結局は、隙を突いた魚に逃げられが、その様子はすこぶる滑稽であった。

 カイツブリは、ワンちゃんであればティーカッププードル。超望遠レンズを装着しても、その機敏さになかなか追いつかない。筆者なりに、カイツブリはとても可愛い鳥として撮影しているのだが、SNS上でアップしても、思いの外人気がない。目つきが怖いのも、その一つの理由だろうけれども、時には、カイツブリの挙動をご覧いただければと・・・。

 
▼浮島周辺水辺公園のカイツブリ
500_6896


500_6900


500_6936


500_6945


500_6950


500_6957


▼大きな魚をゲットしたカイツブリ(八景水谷公園)
500_1695


▼可愛いカイツブリ(江津湖)
kaitsuburi1


▼取材風景
IMG_6115



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/21 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp