ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

逃げほど、恥ずかしいものはない。逃げは負けを意味し、必ず、疎遠、絶縁に繋がる。

newstop


 逃げは、負けを意味する。経営者が改善を試みず、安直に逃げを選ぶとなれば、それは、経営者としての資質が問われる。互いのコラボ戦略どころか、一方的な保身に走る姑息さだけが見え隠れするだけだ。『逃げるが勝ち』とは、些か意味合いが異なる。

 また、逃げは、必ず疎遠や絶縁に繋がってしまう。長年培ってきた信頼関係を捨てることになるので、経営者であれば威風堂々と対処するが定石。ピンポイントにおける些細なことで逃げてしまい、縁を絶つのはあり得ない。先々の仕事で何らかの関わりが出てくる可能性もあり、絶縁という選択肢は自分の首を絞めることになってしまう。

 迷走していた或る料理人が、電話で興奮して放った言葉である。「お客さんはコロコロ変わるし、個人的な付き合いもコロコロ変わりますから。付き合いって、そんなもんですよ!」と軽々に言う。すこぶる浅はかな考えだが、何年も通う常連客が聞けば耳を疑うに違いない。極端な話、『今の客が客であって、足繁く通った過去の客は客ではない』となる。本末顛倒としか言いようがない。

 「金の切れ目が縁の切れ目」と世に言うように、殆ど縁遠くなった人たちは、金で切れている。或る経営者が「契約は残念ながら今回で終了しますが、個人的には是非お付き合いを続けさせて下さい。」と言った。リップサービスとは分かりつつも、こちらからは二度ほど電話したが、予想通り、それから何の連絡もない。

 付き合いは、企業間の付き合い(オフィシャル)と個人的な付き合い(プライベート)に大きく分かれる。企業間の付き合いがなくなると、個人的な関わりも殆どが疎遠となる。筆者はそう思いたくもなく、そうしたくもないが、一般的にはそれが主流のようである。

 四半世紀前のクライアントで、現在も個人的にコミュニケーションが取れているところは、極僅か。色んな経営者がいる中で、仕事上の付き合いを優先する人もいれば、仕事よりも個人的な信頼関係を大切にする人もいる。どちらが正解、賢明とは言い難いが、後者が良縁であれば、損得なしに末長く付き合いを続けたいものだ。

 また、逃げを選ぶ人で、豪快な人は皆無であった。これは筆者の勘違いかも知れないが、逃げた人は殆どケチな人ばかり。『安物買いの銭失い』のような人が多かった。そこには周囲への感謝の念、敬愛の念などは見られず、残念ながら『恩を仇で返す』を付録とする、履き違え人間もいた。

 面白い事に、何度もご馳走になったことなど、完全に忘れているケチな人たち。単なる愚痴になってしまうが、その方々からお返しを受けたことなど一切ない。ただ呑み、ただ酒大好き人間は、元々付き合いをする範疇に入れてはいけなかった人たちである。

 筆者は、自ら進んで接待を受けることはない。特に、オフィシャルな付き合いというものは、常に『ダッチペイ』がスマートだと考えている人間だ。もし、接待を受ける機会があるとなれば、早々にお返しをする。それが、人として、経営者としての礼儀作法でありはしないかと・・・。


▼威風堂々とした加藤清正像(熊本市)
KATOKIYOMASA2022


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/18 12:00 am

自信過剰なる人が、自らの無力に気づいた時に、すこぶる凹む。されど、その壁を粉砕できれば、何かが動き、何かが変わる。

newstop


<凹み>

 世の中は広くて深く、有能な人たちが無数に存在する。長期に亘り、自分なりの行動パターンでスタンダードが固まってしまうと、それが、世の中に十分通用すると勘違いする人が多いように思えてならない。

 有能な人たちは、学歴が高いとか年季が入っているから有能なのではない。自分自身を常に客観視し、何度も分厚い壁にぶち当たり、それを粉砕してきたからこそ、芯の強い軸ができ、プロフェッショナルへの階段を登り詰め、人として大きく育っているに違いない。

 視野狭窄なる人は、太平洋に浮かぶ木の葉一枚の範疇にて、自己過大評価に酔いしれ、狭い分野や狭い地域で胡座をかき、自信過剰のレールの上をひた走っている。従って、皆目見当がつかない事象に遭遇すると、自分自身が胡麻粒のように小さく見え、すこぶる凹んでしまうことになる。

<開眼>

 「かわいい子には旅をさせよ」という言葉には、かわいい子には敢えて厳しい経験を積ませて、辛い思いを体験させることで、人間的に大きく育って欲しいという気持ちが込められている。よって、県外に出て育った人間は郷里がよく見え、海外に足を踏み出した人は日本国内がより一層よく見えるようになる。その貴重な経験や体験によって、視野狭窄の壁を破り、開眼したからである。

<燕雀、蛙>

 「燕雀知らず天地の高さ」という言葉もある。これは、幼い頃から聞かされてきた「井の中の蛙大海を知らず」と同義である。地方の胡散臭い独特なスタンダードは、燕雀の如く、蛙の如く、広く奥深い世の中に対して無知なるが故に備わったものである。よって、無能なのに自信過剰であったり、無力なのに戦国武将のように最強と思い込んでいる人も少なくはない。

 個人主義を利己主義と勘違いしたり、相手の立場や実績を理解せずして軽視したり、或る人の秘策を安直に愚策と強烈に批判したり、自分自身が赤恥をかいていることさえ気づいていない。

<愚問>

 或るイギリス人の女性がFacebook動画で発信している。日本人の変なところを面白おかしく揶揄するもの。扁平な顔に劣等感を持つ日本人。そこで突っ込みを入れる彼女。「何故、鼻が高いと言うの?何故、色白いねと言うの?何故、そんなことばかり質問するの?」と首を傾げるのである。

 単一民族の日本国であるが故に、珍しいものへの素朴な質問かも知れないが、多様性の観点から捉えれば、この類の質問は外国人にとっては愚問となる。

<おもてなし>

 外国人に優しすぎる日本人。そこには、海外を知らないからこそ、お人好しな対応をして、媚を売ることが美徳であるかのように思い込む。

 同じ人間なのだから、海外から訪れる観光客に過剰なる「おもてなし」をする必要はない。何故なら、我々日本人が海外へ行ったとしても、ほとんど特別な施しなど受けることはない。海外では、欲しい物は自分のお金で買う。不要なものには、目を向けない。トラブルがあれば、己の正当性を強烈に主張する。

<平和ボケ>

 今回、元首相暗殺事件に対して、警護の不備問題が取り沙汰されているが、アメリカの元セキュリティ・サービスの人がズバリと切り捨てる。「プロの警護者は自分の命を張って、警護対象の壁となる。大変危険を伴うものだが、それがプロとしての警護者の仕事であり、責務である!」と。

 平和ボケした日本人の多くは、「この程度で十分」だと、勝手に決めつけ、空気も読めず安堵するという悪癖があるようだ。何を根拠に「この程度で十分」なのだろうか。今回の警察の大失態は、絶対に許せない。

<剣道>

 日本の剣道と韓国の剣道の違いは、勝つための殺気が違う。日本の剣道が正統派であり美しいけれども、一本取るまで執拗なる連続技で突進する韓国の剣道は、勝負の「勝」しか考えていない。どのような手段を講じてでも、ズルをしてでも勝ちたい気持ちで、試合に臨んでいる。

 勿論、ルール厳守で試合をしなければならないが、海外の人たちの多くは、ちょっとしたルール違反(グレーゾーン)でもお構いなしに、「勝」に拘る。特に、独裁国家の勝者へのご褒美は異常なほど大きいので、その欲も後押しをしているに違いない。

<侵略>

 ウクライナ危機についても、平和ボケした日本人には、ロシアの残虐行為に戦慄が走り、無造作に荒々しく扱う遺体について絶句となる。

 しかし、それがロシア人の当たり前の戦争への認識であり、人道的に許されぬとか、汚い遣り方だと強烈に批判しようが、その言葉は彼らの耳には一切入らない。歴史を歪曲してでも、残虐なことを当然の行為として戦争に挑み、他国を占領して行くのだから、自分最優先の強かさが充満しているだけの話となる。それが、狂った帝国ロシアイズムである。

<無知集団>

 話はすっかり飛んでしまったが、海外は我々の予想を遥かに超えるレベルにて、いろんな面においてナイアガラの滝の如く落差が生じる。よって、この狭い島国の日本国内において「燕雀知らず天地の高さ」と言われるのは、これこそ、無知なる人が多く存在していることを暗示している。

 筆者は、レクチャー会で「自分スタンダードは、グローバルスタンダードに通用しない!」と口を酸っぱくして語り、Facebook非公開グループにおいても、いろんな角度からサジェストすることがある。しかし、心に響く人は極僅かである。

 結局、「自分スタンダード」を曲げずに生きるのが、楽なのだ。「かわいい子には旅をさせよ」ではなく、「かわいい子には楽をさせよ」にすり替えている。だから、視野狭窄のまま、人生の終焉を迎える人の方が多く、社会のアッパークラスの人間は、我々を「庶民」と称し、「無知集団」として見下しているに過ぎないのである。


jisinkajo


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/17 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp