The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

弁当・太巻き・稲荷寿司・・・

▼えのきぞの 弁当「地の巻」3000円(税別)

3000



 日本人で良かったといつも思うのは、写真のような弁当、太巻き、稲荷寿司を食す時である。弁当は日本の歴史と伝統が目一杯詰められたものであり、先人たちの知恵と工夫に驚かされる。

 ランチボックスと言うとやや軽く感じてしまうようだが、弁当という言葉の響きが何ともたまらない。ちなみに、弁当の名の由来は、元々中国南宋時代の俗語らしく、「弁えて(そなえて)用に当てる」ことから、弁当の字が当てられた。

 最近のフランスででは日本弁当ブームとなっており、理に叶った組み合わせ、盛り付け、そしてバランスと彩の良い食材など、世界最高のランチボックスと言える。時には芝生の上に座り、このような手作り弁当を頬張りたくもなる。写真はこの1年間で食した弁当だが、特に「えのきぞの」の弁当は比類なきものとして、オススメしたい逸品となる。

▼えのきぞの 弁当「水の巻」2000円(税別)
2000


▼えのきぞの 弁当「風の巻」1500円(税別)
1500


▼熊本ホテルキャッスル 九曜杏の稲荷寿司弁当 1200円(税別)※吸い物と小鉢は別
castle-1200


▼四季の味 やまもとや 弁当 2000円(税別)※急遽作ってもらったもの
yamamotoya-2000


▼鹿央物産館 弁当 500円(税込)
kao-town


▼四季の味 やまもとや 太巻きと稲荷寿司
yamamotoya-futo


▼鹿央物産館 太巻き
kao-town-futo



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生


                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/5/18 05:02 am

静岡ご当地土産に包まれて・・・

850_0535



 静岡在住の親友より、誕生日のプレゼントが届いた。静岡ご当地の沢山のお土産である。段ボール箱にびっしりと梱包されたお土産群。見ているだけで楽しくなってくる。

 流石に、静岡。先ずは、ブランデー入りの高級「うなぎパイ」に手を伸ばす。これは誰でも知っている、有名な菓子である。冷蔵庫を覗くと豆乳と牛乳があったので、今回は豆乳で「うなぎパイ」を食し、流し込むことにした。

 次に手を伸ばしたのは、レトルトのカレーである。「家康くんのカレー」、「いわしカレー」、「伊豆牛カレー」の三種が入っている。間髪を容れず、夜食を「伊豆カレー」に決めた。細かい野菜に牛肉が散らばっている。家庭的な味付けで、さらっと完食。

 壁掛け時計を見ると、午前2時半を過ぎていた。記事を書きながら、小腹が空いてきた。段ボール箱を再び開き、目に入ったのがゴルゴ13とオイルサーディーンとのコラボ缶詰「ゴルゴ・サーディーン」である。調理するのが面倒臭かったので、マヨネーズと一味胡椒で完食した。

 陽が昇りはじめた頃に、「からあげ」の缶詰と「やきとり」の缶詰に手が伸びた。どちらも、あっさりめの仕上げで、油臭くない。気づけば、とんでもない量を夜食、早朝食として食したことになる。よって、翌日のランチは「豆腐サラダ」に決定。

 いやはや、この日は、子供のように静岡のお土産に魅せられた1日となった訳だが、幾つになっても嬉しいものである。寝がけにパソコンを開きFacebookを覗くと、国内外から百数十通のコメントが寄せられていた。午前4時半には仮眠を取ろうと思っていたが、返事を書き上げ時計を見れば、午前6時を過ぎていた。

 夜中に自宅で繰り広げられた「静岡ご当地物産市」は、ようやく静かに幕を閉じたのだった。

▼翌日のランチで食した熊本ホテルキャッスルの「豆腐サラダ」
800_9932



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生


                   

  • posted by Chikao Nishida at 2019/5/12 01:51 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp