The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

地に沈んだ「向こう三軒両隣」。

senekenjyuku


 良き時代と言われた昭和は、「向こう三軒両隣」が日頃の感覚であった。その昭和に生まれた筆者としては、現在、都市部に住んでいるとしても、近所のご老人や子供達を気遣う気持ちはないと言っては、嘘になる。

 或る時、近所のご老人(高齢女性)と立ち話をすることがあった。ご老人曰く、「最近、高齢となって、腰や足の痛みもあり、ちょっと野菜を買いに行くにも大変なんです。主人も免許証を戻そうかとも言ってますし。また、近場の共同畑で、茄子やニガウリ、キュウリなどは作ってはいるけど、段々と辛くなって・・・。」と、筆者に愚痴を交えての弱音を吐いていた。

 筆者は取材方々、地方の物産館などに立ち寄ることもあるので、「では、名刺の裏に大きく私の携帯電話を書いておくので、何か必要なものがあったら、遠慮なく連絡してください!」と言って、名刺をご主人の分を含め2枚手渡したのであった。

 それから数日後、たまたまお縁近くにそのご老人が居たので、「明日、物産館に行くので、カボチャとか人参とか買ってきましょうか!?」と言うと、豹変したように、怪訝そうな顔で「いえいえ、結構です。」と、数日前とは全く別人のように断りの言葉だけが飛んできたので、少々考え込んでしまった。要らぬ世話だったのかと・・・。

 実は、日頃のそのご老人の挙動を見ていると、すこぶる特徴的なものがある。筆者が取材から戻り、車を駐車場へ入れようとすると、必ず、お縁のカーテンが揺れ動き、チラチラとこちらを見ている。時には、わざわざ玄関から出てきて、咳払いやご主人との会話で大声を上げて、その周りをウロウロしている。認知は入っていないが、どうも気になるらしい。

 これは何度も迷惑を被った話だが、常々、そのご老人の息子たちの公道における無断駐車で、何度か苦言を呈したことがあった。それが、ご老人や息子たちの記憶に、筆者が「悪玉菌」として刻み込まれているのだろうと。しかし、原因は、向かいの筆者の駐車場の真ん前に、駐車するという違法行為をしているのだから、逆恨みがその家庭内の認識となれば、「向こう三軒両隣」どころの話ではない。

 だったら、愚痴を交え、困り果てたようは言葉をこちらへ発するものではなさそうな・・・。このように、些細なことではあるものの、良き時代の「向こう三軒両隣」の心は、根こそぎ地の底に沈められているらしい。特にそのご老人の家庭では、顕著なようだ。

 素直になれないご老人は、決して幸福な道を歩んでいない。心温まる人生を一日一日歩んでいるご老人ならば、もっと日頃から笑顔が多いはずであると、妙な歪みを感じながら、「信頼」という言葉さえ無くしてしまったご老人の行く末を案じるばかりとなった。

 つい最近、スーパーボランティアのご老人が報道を賑わせているけれども、神様仏様のような人物は、すこぶる稀有な時代となっている。対価を求めないのがボランティアの真の姿。そのご老人の執念が幼い子供の命を救ったというニュースを拝見する度に、本来の日本人精神文化について、強いメッセージを受けたのだった。・・・言葉は悪いが、目の前のご老人とは雲泥の差であると・・・。

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/20 12:00 am

殺人鬼のような運転・・・

senekenjyuku


 日々、取材のために車を運転していると、この世のものではないような・・・般若のような形相で、殺人鬼のような運転をしている人をよく見掛ける。豪雨が降る中、冠水した車道を全速力で走る車。歩道を通る人たちに泥水を掛けまくっている。己の都合ばかりで身勝手な人間が運転していると推察するが、歩行者の横を過ぎる時は、徐行が鉄則である。

 携帯電話のメール確認をしながら、電話をしながら、ゲームを遣りながら、タバコを吸いながら、余所見をしながらなど、「ながら運転」が後を絶たない。追突や接触事故が起きるのは当然である。とても見るに耐えないマナー違反、ルール違反の運転が、最近加速度を上げて増えているように思えてならない。

 正面の右折車に道を譲っても、会釈もせず無表情で通り過ぎる、仏頂面のお兄さんやお姉さん、そしてご老人。何とも幼少期からの躾が疎かな家庭の臭いがする。車は自己満足の世界であり、高級車に乗れば偉くなったつもりの稚拙な人間も多々いる。衆目を集めるように思い込んでいるようだが、周囲で見ている人は誰も居ない。もし見ている人が居るのなら、ドライバーではなく、車だけを見ているに過ぎないのである。

 「あおり運転」の危険性や事故現場の惨状を毎日のように報道されても、民度の低い人たちの心には届かない。何度も急ブレーキを踏みながら、前を走る車を威嚇する暴走車。脳内に蛆でも湧いているのか、その醜態さを自覚せずして、太々しい虚栄心を必死に車に伝えながら運転している。そのような大の大人の稚拙さは、折角の高級車をオンボロ車に変えてしまうのだ。

 本当に車好きの善人ならば、上記のような馬鹿げた運転をするはずがない。勿論、車も素敵な人たちに乗ってもらいたいと思っているに違いない。現代社会は、車無しでは生きて行けないけれども、危険極まりない方々には、初手から免許取得を不可にする必要がある。それが徹底されれば、交通死亡事故は激減するに違いない。巷では、加害者の人権、人権と豪語する人々や団体も多いけれども、先ずは、被害者を最優先に救済してなんぼのものだろうと。

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/17 03:05 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp