The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

記事に歓喜の声!

▼記事を読み喜ぶご婦人方(鹿央物産館 やすらぎ館)
D75_1667


 年配のご婦人方が、すこぶる良い顔をして笑っているところに、久しぶりに遭遇した。写真上は、筆者が昨日書いた記事を手渡した時に、皆でキャッキャキャッキャと喜んでくれている瞬間である。こんなに喜んでいただくと、記事を書く側としても冥利に尽きる。

 最近では、近所の高齢の方からの挨拶も少なくなり、何が気に喰わないのか、常に仏頂面で素知らぬ顔で通り過ぎる人が多い。とても残念なことではあるが、向こう三軒両隣という昭和の良き時代の日本人の姿が、消滅してしまった感がある。

 高齢化社会となり、限界集落、孤独死、高額医療、終活、介護施設、誤操作による交通事故など、昭和の頃と比べ、思いの外、ネガティブ情報ばかりが飛び交い、完全下向き時代に陥っているのではなかろうか。誰かの言葉を借りれば、「下向き人生より、直向き人生だよ!」となる。

 限界集落を行政のトップに問えば、コンパクトシティ構想で切り返されるが、素直に頷けない。孤独死の人の横に痩せ細ったオウムが鳥籠に残されていたり、病院待合室が寄り合いの場となっていたり、介護施設が留置場化していたり、家を担保にする生命保険(死亡後に自宅を手放すシステム)が出てきたり、小学生の列に老人運転の車が突っ込み死者が出たりと、今の世は、ネガティブな事ばかりがメインニュースとなっている。

 大抵の人たちは、色んな事件事故を他人事として捉えており、自分には無関係であると決め込んでいる。パワハラ、セクハラ、スメハラと、これまた、息つく間もなく、過敏なリアクションばかりが目立ち、愉快なヒューマンコミュニケーションが取れない状況を自ら作り出してる人も多い。自分だけ良ければそれで良しとする身勝手な人生は、「民度」が恥ずかしいほど低い人の偏った生き方に過ぎない。

 今、どんなに自分が若いからと豪語して、高齢化社会には無関係だと勘違いして暴走する若者も多けれども、遅かれ早かれ、自分自身も高齢者になるのだから、このネガティブ要因が充満している現世で暮らすことになるのは必至。

 兎角、日本人は年齢や世代を気にするが余りに、視野狭窄な世界観で人生を終わる人が多い。海外では「あなたは、何歳?」なんて愚問が飛び交うことは一切ない。ところが、日本人は「何歳?」とすぐに他人の年齢を聞いたり、先輩後輩の序列を決めつけたがるが、側から見ていて、非常に情けなくなる。若ければ「夢がある!」と言い、高齢になると「後がない!」と言い、世代に開きがあると「接点が見出せない!」と言って去ってしまう。

 悔いのない人生は、皆の願いでもあろうが、今回の取材と通して感じたことは、「対話を楽しめる相手」の存在が重要な鍵を握っており、豊かな人生を担保してくれるのだろうと・・・。人は、年齢を気にするようになった瞬間に老けこんで行く。しかし、どんなに高齢になったとしても、素敵な笑顔を忘れず、常に己の夢実現に向けて挑戦する、素敵な人生を送りたいものである。


▼サンプル記事
article


▼昨日撮影した御三人
D75_1699


3lady


D75_1775


▼昨日のランチ(鹿央物産館 やすらぎ館)
D75_1787



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/21 02:17 am

地域格差に直面・・・

▼昨年の鹿央古代の森「蓮まつり」で撮影した蓮の花
D75_5176


 熊本地震後、頓に熊本県北へ足を運ぶようになり、その地域の取材を続けて2年。町村合併により、山鹿市も旧菊鹿町、旧鹿本町、旧鹿北町、旧鹿央町との合併で、エリアもかなり広くなっていた。

 ここで気になったのが、合併前に作られた道の駅や物産館の在り方である。現在、かなり老朽化したものが多くなり、行政にとって、その維持管理はかなりの負担増となっているに違いない。

 或る物産館においては、某アーケード街と同様に、多くの店舗(会社)が撤退し、空き店舗となっているところも多く、既にゴーストタウン化しているのは否めない。しかし、如何に狭い地域と言えども、合併後の姿をつぶさに観察していると、想定外に「地域格差」が生じている。

 それは、歴史的な背景もあり、地域住民の「民度」の違いもあり、様々である。

 今回、山鹿市方面の最後の物産館として「鹿央物産館」を訪れることにした。同館はシルバー人材の起用が積極的で、その方々の動きが、マイペースなところもあるものの、すこぶる人柄の良さが伝わって来た。

 以前、山鹿周辺の他の物産館や道の駅に取材の打診をしたところ、快くすんなり受けたところは皆無に等しく、取材する場合に「取材依頼書」に記入していただく訳だが、もたもたしている内に、取材の機を逸したところも多々あった。

 また、合併前は別々の行政の下に稼働していたものだが、合併後になり「どんぐりの背比べ」的な、仲良しこよしが先行し、差別化戦略など皆無に近い感じを受けた。或る「○○グルメフェア」みたいな、10箇所ほどの食事処が参加している内容を見ると、狭い地域の中でも、料理のレベル格差が露呈する。

 このような施設において、コンサルが入っているのか否かは定かではないが、毎年、同じパターンのチラシとポスター、それに、質の悪い写真がウェブサイトを飾っているようで、どのような客層に対する広報戦略なのかも定かではない。よって、インバウンド対策など、どこ吹く風である。

 しかし、今回の鹿央物産館は、ハード的には大変厳しいところがありながらも、シルバー人材の活気ある仕事ぶりを見ているだけで、とても心温まるものを感じたのである。特に印象的だったのは、或るパートのご婦人が、「ここに来られて間もないのに、全体の空気感を感じる記事を読ませていただきました。凄いねと、皆で話していたところです。」と。

 年の頃は70代半ばだろうか、語弊はあるが、パートのご婦人の言葉としては、的確な言葉と滑舌に驚いてしまった。更に、「ここの蓮は美しいので、是非、早朝に来てください。朝には綺麗な蓮の花が咲きますし、朝食ではお粥がすごく美味しいんですよ!」と。

 物産館で朝食とは、意表を突かれてしまった。朝7時半から9時までブレックファストで開店しており、今月23日からは「蓮まつり」が開催されるようなので、その時にでもオリジナル朝粥に挑戦できればと考える次第。


▼今年第1号の蓮の花
500_0093


▼蓮の葉
D75_1391


▼睡蓮の花
500_9674


▼紫陽花の花
D75_1348


▼ツチイナゴと紫陽花
500_9811


▼野兎
D75_0869


▼蓮園を清掃する管理者
D75_1282


▼岩原双子塚古墳「発掘カレー」(鹿央物産館 ふれあい館)
KAOU1


▼黒米うどんセット(鹿央物産館 ふれあい館)
D60_3408


▼あじさい定食のメイン(鹿央物産館 ふれあい館)
500_9616



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/18 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp