ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

心ない発言に折れそうになる・・・

title-josui


 突然、SNSの部屋に現れた年配の女性の言葉に、全員が耳を疑った。

 「熊本って、オウム真理教やら天下一家の会やら益城町の63歳の詐欺師やら、何となく、詐欺の大物が育つ土壌の様に思えてならないんですけど、何かあるんですかね!?それと、あんなに立派な熊本城があるのに、武家屋敷跡などを整備されていないので、それもどうなのかと、理解に苦しみます!」と曰う。

 周囲で会話を楽しんでいた人たちが、一瞬にして固まり、無言となる。どんなに上記のように思っていたとしても、公然の場で、思い込み激しく、自分の言葉に対して、発言する前に、一度反芻して、表現の仕方を変えれば良いものを、自分の失言に気付かぬところが、既に遅しといったところである。

 或る人が、「あの方は、以前に大変な詐欺に逢って、それを今でも忘れられずに、恨み辛みをもって話されたのはいいけれども、非常識極まりないと思いますよ。思い込み、履き違えも甚だしく、これでは、会話に入る資格もなく、上から目線での会話には、誰も同調しないと思います。」と。

 偏見とは怖いもので、一度思い込み、決め込みが激しいと、つい、その場の空気を乱すような罵詈雑言を吐き散らす人がいる。その典型であるが、これから先も同様に、いろんな所で、顰蹙(ひんしゅく)を買うことになろうかと危惧する次第。世の中には色んな考え方があって問題ないが、礼節だけは弁えて欲しいもの。

 昨夜も、ちょろんとアイコンは見えた様に思えたが、流石にあの暴言について、後から気まずかったのだろうか、結局は再度入室されることはなかった。よって、その方がどんなに良い商品を開発しようとも、心情的に、その商品への価値観が生まれることもなく、購買意欲も削げてしまうのである。

 言葉というものは、大変恐ろしいものである。

 
▼孔子公園の花壇の花々
koshi1


koshi0


koshi2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2021/3/1 05:38 am

素敵な椿の花々に囲まれて・・・

title-josui


 椿咲く、八景水谷公園。やっと、美しい椿の花々が小鳥たちと語り合っている。メジロが椿の花々を突いていると、ヒヨドリが邪魔をする。コサギはマイペースにて小魚を突きまくり、上空では渡鴉が旋回しているという小さな食物連鎖。

 このような緑の空間に、僅か1時間ほどでも立っていると、心の霞が一気に晴れることは間違いない。取材中に後方をワンちゃんと散歩する方々が通り過ぎるたびに、ワンちゃんに目が行き、ほっこりとなってしまう。

 知人の写真愛好家が、昨日、同園を取材すると言っていたが、生憎の雨天だったので、がっかりしているのではなかろうかと。まあ、雨上がりの花は格別なので、その瞬間を狙っているのかもしれないと・・・・・・。


camellia-1-1


camellia-1-2


camellia-1-3


camellia-1-4


camellia-1-5


camellia-1-6


camellia-1-7


camellia-1-8



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/2/27 04:00 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp