ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

光を追い求めて・・・

▼色づいた葉が創り出したステンドグラス
D75_3202


 じわりじわりと色濃くなる紅葉を眺めていると、まったりと自然に囲まれているようで、すこぶる心が安らぐ。

 近頃は、五家荘やその他地域の紅葉を撮影に出掛けているが、山全体を包み込む赤や黄色、そして茶色のグラデーションも素敵だが、筆者の場合、光が差し込む林の中に居て、木洩れ陽と共に、色づいた葉が透過しているところを切り撮るのを好む。まるで色濃い宝石やステンドグラスのように、温かな光が飛び込んでくる。

 本日は、小さな林の中に足を運び入れ、光が射し込むところを探し、レンズを向けて行った。まだ紅葉が始まったばかりの小さな林だが、空気も澄み切っており、小鳥のさえずりを頭上に聞きながら、光を追い求めながらパシャパシャとシャッターを切って行ったのである。

 作品としてはまだまだ三流ではあるが、自分なりにステンドグラス的な画像を創り出せたのではないかと・・・。


▼巨木の真正面で見つけた木洩れ陽
D75_3193


▼絞りをやや開放気味に撮影したもの
D75_3307


D75_3224


D75_3246


D75_3250


D75_3276


▼落ち葉
D75_3319


▼取材風景
IMG_9596



             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/11/17 02:53 am

インスタ映えするカワセミ・・・

500_0272


 今日も、八景水谷公園の主役はカワセミであった。

 八景水谷公園の湧水池の止まり木から10メートルほどのところに、野鳥愛好家のアマチュア写真家数人がが三脚を数台並べて陣取っていた。小さな池の中ほどにある止まり木に、皆、照準を合わせていたようだ。

 運動会の場所取りのように早い者勝ちなので、筆者はのらりくらりと、会釈をして、彼らの背後を静かに通り過ぎ、全く別のポンとへと足を運んで行った。

 対岸では鴨のつがいが毛繕いしながら、そろそろお寝んねタイム。エクソシストのように目を裏返して寝に入った。すると、突然、目の前に青い宝石が飛んできた。

 タイミングよく筆者の目の前の止まり木に留まってくれた。食事も済んだのか、結構長時間そこから動かない。上空から天敵の襲来もなさそうなので、周囲をキョロキョロ眺めながら、たまに、こちらに向かってカメラ目線。

 実際にカワセミには触れたことはないけれども、今日のカワセミは羽がふかふかしていて、とても美しかった。野鳥の中では、最もインスタ映えする宝石のような被写体なのだろうと・・・。


500_0003


500_0132


500_0381


500_9955


500_0538



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/11/16 12:27 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp