ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 配慮のない人

「大人のムシケ」は、薄幸駅への片道切符。

▼記事内容と写真は関係ありません。

PURE-PIGEON


 コンビニでレジ前に立つ客を見ていると、すこぶる滑稽だ、立ったまま片足貧乏揺りをして、待つ時間への苛立ちをボディーランゲージにて訴える。買い物カゴを放り投げるようにレジカウンターに置く仕草など、民度の低さを堂々と周囲の不特定多数の人たちの面前で演じるのである。

 駐車場先の公道への狭い出入り口に、出て行く車があるにも関わらず、強引に突っ込んで、駐車場へ入り込もうとする人がいる。必要以上に大きな音を立てて、車のドアの開け閉めをする人がいる。買ってきた缶コーヒーを飲み干し、駐車場から出る間際にポイ捨て。猿が人間の着ぐるみを着ているようだ。

 レストランで、敢えて周囲に聞こえるような大声で、ワイワイガヤガヤ。そして、下品な笑い声がこだまする。去った後のテーブルは、食い散らかしのゴミだらけ。猪が畑を荒らしたように、そのテーブルだけが美観を損ねる。時には、自ら持ち込んだゴミをテーブルに置き去りにする。

 「ハーーークション!」と大音響のクシャミをして、その後、「あ〜♪」と満足げな顔をする人もいる。手洗いで、鏡や壁に水飛沫を飛ばしまくりの人がいる。ペイパータオルを何枚も引き出し、そのまま丸めて捨てている。また、手も洗わぬ人もいる。劣悪な生活臭が漂う瞬間である。

 これらの人たちは、見えざるものへ、何を訴えたいのだろうか。物に当たり、人に当たり、そして、自分自身の「今」に当たっている。アンガーマネジメントでもしっかりと学び、己の愚かさ、恥ずかしさ、情けなさを十分知る必要がある訳だが、そんな学習能力があるはずもない。

 それを、「大人のムシケ」と名付けることにした。身勝手さが罷り通れば、それに味しめて、強がったり、難癖つけたり、周囲への迷惑行為を続けるようになる。周囲は、誰も貴方を見ていないし、誰もその低民度に興味もない。しかし、目立ちたいのだろうか、お構いなしに蛮行が続く。

 以前、あちこちのホテルの担当者から聞いた話だが、部屋のドライヤーやトイレットペーパー、更には、手指消毒液のボトルなどを、チェックアウトの時に持ち帰る人もいると言う。窃盗である。もしかしたら、偽名を使って宿泊していたのかも知れないが、実にさもしい人間である。

 さもしいと言えば、某ベーカリーのレジにて、年配女性がパンを購入。購入後にカード裏側にスタンプを押してもらうのだが、一度現金で買った6個のパンの内、3個を返品しその分の返金を受ける。そして、何食わぬ顔して立ち去った。結局、3個のパンで、6個分のスタンプを貰ったことになる。

 まあ、「大人のムシケ」を日常としている人は「勝手にどうぞ!」だが、それは、薄幸駅への片道切符であることを思い知るが良かろうと。しかし、日本国の教育システムは大丈夫なのだろうか!?余りにも、人間の着ぐるみを着た猿が多すぎて、絶句するばかりとなる。・・・本当に、さもしすぎる!


PURE-ROSE


PURE-01



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/29 12:00 am

配慮の「箱」がない人・・・

josui-3


 今回は、配慮の「箱」が頭にない人について検証することにした。

 配慮の「箱」がないというのは、平たく言えば、人様のことはお構いなしの人で、自分大好き主義にて超マイペースな人間に辿り着く。当然の如く、デリカシーのない人が多く、その醜態に気づかないのは本人ばかり。気付いてくれればと遠回しに暗示しても、無反応にて聴く耳も持たず。

 配慮の「箱」のない人に共通しているのは、男女関係なく、場違い発言が多く、空気を読めないところである。更に、会議などの話し合いとなると、テーマを無視して、最終的に、自分サイドのたわいもない話に専念し、テーマを壊してしまい、何の結論も得られることはない。

 尋ねもしないのに、次から次へとバルカン砲のようにマウントしながら話し込むタイプの人を見掛ける事があると思われるが、どちらかと言えば、年配の女性に多い様に思えてならない。よって、Q&Aが成り立たず、自慢話の繰り返しにて、何の進展もない。

 例えば、Clubhouse(俗称:クラハ)においても、「地域揺り起こし」とテーマが決まっているにも関わらず、自分の娘や孫の話を持ち出して、延々と自慢話を続ける始末。実際にお会いしておらず、近しい関係ではないのに、そのような個人情報など犬も喰わない。

 特に、深夜に酒を呑みながら、睡魔と戦い喋っている人は論外となる。アルコール依存の人間に、人様に対する配慮の「箱」の話が通じるはずがない。無礼講にて、マウントする人たちは、近所の公園にて、買い物かごでもぶら下げて、井戸端会議にご参加願えればと。

 SNSで遭遇する人たちは、ある程度接していると、いくつかのパターンに分かれてくる。(1)紳士淑女で礼節を弁えている方、(2)普通の他人の距離を好む方、(3)現実と駆け離れた方、(4)宗教やスピリチュアルに陶酔する方、(5)詐欺的臭いがする方など。

 されど、2007年に日本上陸した仮想現実世界「SecondLife」の方々とは、今も尚、素敵なヒューマン・コミュニケーションが継続している。その理由は・・・皆が本音を語り明かし、また、オフ会を通してリアルに良好なる人間関係構築ができたことが要因と言える。

 畢竟、SNSでの接点において、日頃からストレスが溜まらぬようにするには、先ずは、その接点を持つ前に、厳格なフィルタリングが必要不可欠である訳だ。万が一、そのフィルタリングに甘さがあると、後々、想像を絶する様なしっぺ返しが待っているに違いない。


▼写真は、小野泉水(小野小町を祀る小町堂/熊本市北区植木町)
※記事と写真は関係ありません。
ono-no-sensui-1


ono-no-sensui-2


ono-no-sensui-3


ono-no-sensui-4


ono-no-sensui-5



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

         


  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/23 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp