ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 肥後うまか赤鶏

牡蠣のシーズン到来・・・

▼最近のシェフランチ(カキフライ)

cheflunch-001


 急に風が強くなり、昨日の夏のような日が嘘のように、朝夕は肌寒くなってきている。寒くなれば、1番に食しなくなるのは、何と言っても鍋料理。中でも、新鮮で栄養価が高い牡蠣(かき)の鍋は身体が芯から温まり、元気が出てくる。

 本日、ご紹介するのは、ダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)のシェフランチ。丸々としたカキフライである。お味の程は、濃厚なタルタルソースと共に食せば、タルタルの酸味と甘味が合間って、最後に牡蠣の香りが鼻に抜ける。

 油物が苦手と言う人は、カキフライをポン酢などに泳がせて食しても宜しいかと。酢はとても身体に良いので、毎度の食事の時に欠かせない。祖父がやたらに酢に拘って、何でも酢漬けの毎日だったが、流石に健康長寿90代で人生を全うしている。

 同レストランに日々足を運んでいると、お客のオーダーの傾向が読み取れる。最近は、高齢女性の和食コースもよく見掛ける。また、先般紹介した「肥後うまか赤鶏ハリハリつけ蕎麦」の温かい蕎麦が、俄に注文が増えているようで、嬉しい限り。

 ランチタイムにホールを見回すと、圧倒的に女性が多い。それも、壮年から高齢者が占めている。男性は珈琲片手に話し込む人が多い。女性はきっちりランチを食し、更にデザートを頬張る。正直なところ、生命力の違いを見せ付けられた気分である。


▼肥後うまか赤鶏ハリハリつけ蕎麦
higoumaka



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/17 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp