ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 緊急事態宣言

クラスター発生の危険性あり!!!

◎記事と写真は関係ありません

josui-3


 新型コロナウイルス感染防止対策として、各都道府県で緩和策が講じられるようになりつつあるが、ここで問題なのは、如何にワクチンを接種した人であろうが、昨日まで陰性だった人であろうが、それは一時的なものであり、ウイルスの包囲網から完全に脱し得ているものではない。

 ワクチン接種で免疫が上がろうが下がろうが、感染して重篤化する確率が低かろうが、ウイルスと無縁の関係になる訳でもなく、無症状でも感染している可能性も高く、無防備にあちこちを飛び回るのは勝手だが、第三者に感染させる危険性は、以前と全く変わらぬことを知る必要がある。

 ところが、ワクチン接種率が高くなったので、接種者が強靭な肉体と対ウイルスへの強力な武器を備えているように勘違いしている人も少なくはない。何故なら、ワクチン接種者に限って、日頃の挙動が大胆不敵となり、周囲に配慮もなく、ノーマスクで大声で駄弁っている。

 緊急事態宣言解除又はまん延防止重点措置解除を受けて、街場の食事処や飲み屋は、以前の活気を取り戻しつつあるに違いない。勿論、感染防止対策を真面目に守ってきた店は、「感染防止対策認定店」という称号を頂いているのだから、これからも、それを継続する責務がある。

 ここで問題なのは、店側が感染防止対策に真剣に取り組んでいても、それは一方通行であり、外から入り込んでくるお客の質によっては、感染防止対策を無視する人も多い。そこで、一方通行とならぬように、感染防止対策への「徹底指導」をお客へ促すのも店としての重要な役割。

 しかし、店側の対応を見ていると、その徹底の程は様々。更に、担当者によっても認識の違いがあったり、「徹底指導」への一歩が踏み出せず、常連客に気遣い、黙認しているケースも多々あることは否めない。先日も某所で指摘をしたが、案の定、一歩が出ないスタッフばかりだった。

 そこには大きな思い込みがあることに気づかねばならない。常連客への気遣いと豪語したいのであれば、常連客の命を預かっているのも店である訳で、常連客の気の緩みを黙認して、万が一、クラスターでも生じようならば、後の祭り。常連客も含めて、周囲の全ての人々へ迷惑を掛けてしまう。(傷害事件のようなもの)

 そこが分かっていないのである。常連客へ「徹底指導」をすれば、急に怒り出すかも知れない、次から来なくなるかも知れないというネガティブさに苛まれ、結局は、黙認を選んでしまうという悪循環である。店にとってどんなにVIPであろうが、一見客であろうが同等に「徹底指導」をすべき問題。

 先般も8人ほどの熟年から高齢にかけての女性陣が屯していたが、ノーマスクで、「かんぱーい♪」とスパークリングワインなのか、昼間から呑み出した。レストラン全体が騒然となるほどの大音響である。しかし、スタッフ誰一人として動かない。残念ながら、ウィズマスクの注意喚起は皆無であった。

 結局、さっさとその場を退散したが、新型コロナウイルス感染のクラスターで、今年の夏に叔父を亡くしたので、余計に、この危険極まりない黙認を許すことはできない。「黙認=手厚い常連客の接遇」と履き違えしているスタッフ。しかし、この隙間に、ウイルスは遠慮なく忍び込んでくるのである。

 サービス業の難しいところは、このような常連客や売り上げをぐっと上げてくれる上客の接遇にある。店にとって実に有難い存在だが、世界的大災害となっている新型コロナウイルス感染は、次元が異なる。気を引き締めて、手指消毒、ウィズマスク、小声での談笑を「徹底指導」をせずして大事に至れば、店側に問題ありと看做されることになる訳だ。

 最後に苦言を申し上げておきたい。それは、純真無垢なる子供達はウィズマスクなどのルールを守り、心ない大人の多くがルールを破っているという現実。これじゃ、子供や孫たちがまともに育つはずがない。情けない話である。


▼大鷺(八景水谷の湧水池にて)
2021-10-23-001


2021-10-23-002


2021-10-23-003


▼本日の取材ランチ:カスタマイズされた激辛ビーフスープカレー(熊本ホテルキャッスル)
2021-10-23-004


2021-10-23-005



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/23 12:00 am

巣ごもりの夜食・・・

▼信州五割蕎麦 鴨肉、アワビ添え

sugomori-1


 大都市部において緊急事態宣言が為される中で、熊本県内も昨年と比較すれば、3倍、4倍の勢いにて、感染者が急増している。よって、土日、祝日は「絶対巣ごもり宣言」を自分に言い聞かせて、ストレス解消に対して夜食の充実を図ることにした。

 正月はお節の日々が続いたが、頂き物が沢山あり、先ずは、残り物の鴨肉とアワビを具材として、信州の五割蕎麦にトッピングしてみた。最後の出汁まで飲み干すと、冷え切った体が熱くなり、深夜の記事の仕事が捗った。

 次の夜食は、熊本のスーパーでは普通に売ってある棒ラーメンである。頂き物のチャーシューが無くなり、残っているのは分厚いベーコン。これを代用品として使い、半熟卵とネギにて夜食とした。棒ラーメンのスープが最高で、これまた仕事が捗った。

 三食目は、スーパーで64円程度で売ってある五木うどん。これも、熊本県民であれば誰しも知っている常温保存OKの生うどん麺である。袋にちょっとハサミを入れて、電子レンジで2分半ほど温める。それに卵とネギと付属の最高の出汁にて大満足。

 四食目は、頂き物の車海老や蓮根、椎茸などがあったので、天ぷらで揚げることに。少々天ぷら粉が硬めだったのか、かなりざくざくしたけれども、食材が良いので、天つゆにてバリバリと食べてしまった。蓮根の食感と車海老の濃厚な甘味が最高だった。

 五食目は、これまた頂き物の黒毛和牛のハンバーグ(冷凍物)に、蓮根、しめじ、ブロッコリーを茹でて、バクバクと食べてしまった。流石に、黒毛和牛のハンバーグは肉肉しく、甘みのある牛肉の濃厚な味が堪らなかった。ご飯は熊本県御船町の米を使用。

 六食目は、以前カレーライスを作るために買って残った黒毛和牛の肉を使って、牛丼を作ることにした。冷凍庫には脂身のあるものと脂身が少ないものがあったので、今回は脂身の少なめのものを使った。醤油は「港醤油」の甘露を使ってみた。抜群に美味い。

 最後の写真だが、昨年、余りに腹立つことが度重なったので、そのストレス解消の為に、趣味(最近はあまり描かない)でもある似顔絵を、下書きなしの万年筆だけで、腹立ったオッサンを描いてみた。なかなかの「おにぎりマン」。これで、スッキリ。

 話は変わり・・・

 この間、アメリカ合衆国のトランプの蛮行が報道で流れているので、CNNやその他各局のライブを見ながら、洗脳、扇動の恐ろしさをリアルタイムにて直視した次第。間違いなく、カルト集団である。これがアメリカの民主主義かと腰を抜かすほどの衝撃であった。

 わざとらしいパフォーマンスと、落ち着きのない目の動き。口を尖らして虚言を連発する現大統領の醜態は、「低民度」の一言である。義理立てして庇う人間も沢山いるようだが、地球がひっくり返ったとしても、誰しも「是」とは言えない悍ましさである。

 孤立無援となった現大統領の寂しい表情が全てを物語っている。お国の一大事に、スコットランドへ行くとか、移住するとか、常に他人事。紳士的に対応をすれば良いものを。今月20日以降、同国大統領史において一大スキャンダルが繰り広げられる気がしてならない。

 理想と現実のギャップに激昂し、選挙結果に不満タラタラと女々しいことを言い続けているが、20日まで狂犬トランプが握っているのが「核のボタン」。前頭葉が萎縮し、五歳児より聞き分けがなく、何をしでかすか分からぬ人物なので、しっかりと押さえ込まねばならない。


▼熊本ラーメン(棒ラーメン)
sugomori-2


▼五木うどん
sugomori-3


▼車海老、蓮根、椎茸の天ぷら
sugomori-4


▼黒毛和牛のハンバーグ
sugomori-5


▼熊本県御船産の美味しい新米
sugomori-6


▼黒毛和牛の牛丼
sugomori-8


▼この1年間虚言を発し続ける「おにぎりマン」似顔絵
(特定されぬよう「ぼかし」エフェクト)
sugomori-9



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/1/11 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp